旅行・地域

2014年3月 9日 (日)

ハムの壁

Dscn33032_2 またサンパウロに来ています。

こちらは夏。Tシャツ1枚で快適。走ると汗だく。

今回、ロンドン-マドリッド経由で、マドリッド1泊。走りました。

あさ7時でも暗くて、泊った場所がGran Viaという繁華街。

 酔っぱらった朝帰りの若い人がわんさかいて、まだ、飲んでるしちょっと怖いけどこちらも逃げ足はあるのでとっとこ町はずれに。

市街地は小さい、と聞いていたがそんなことはなく。

古い町が続いています。

王宮の横から北にいって凱旋門みたいなので折り返してぐるっと回り1時間。

Dscn33222 お店をのぞくとびっしりとイベリコ豚の生ハム。

 見るだけでおなかいっぱいになりそうな量。

こちらのお店、店頭で試食してます。

Dscn33362

切るとこの通り生ハム。

脂が乗って、しっとりとした生ハムで、日本のお店で食べるのと味が違う。

日本だとイタリアンのお店でよくたべるから、スペインと作り方が違うのかも。

2013年9月29日 (日)

パリ

Imgp30082
1週間で東京ーニューヨークーサンパウローパリー東京としんどい旅から帰還しました。

親善試合で南米からサッカーチームが日本に来ますが、こんな旅行してきたら絶対にコンデション悪いと思います。

サンパウロでは暇もなく、治安も悪いというのでジムで走るだけ。

帰りがけにパリで一泊して走りました。

それにしてもパリはひどく夜明けが遅くて、彼岸時期だというのに朝7時になっても夜が明けず。

6時過ぎにホテルを出るときは真っ暗。

いくら 走っても東の空は黒々していて、セーヌ川を行き来してエッフェル塔も良く見えず。

仕方なく明るくなるまでエッフェル塔の前を往復してました。

←これで7時20分。

街中には全くランナーがおらず、さすがにここはそこそこいます。

日本と違って、これはNYのセントラルパークもそうだったけど若い人、それも女性のランナーが多い。

みんな結構速い。

 ジョギングというよりランナーという感じ。

Imgp30112

Invaldes橋からみたセーヌ川の朝焼け。

すでに町は渋滞が始まってます。

結局2時間近く走ってました。

2013年9月22日 (日)

ニューヨーク

Imgp29352_2
仕事でニューヨークに来てます。

ホテルは57thのLexingtom Av.で街の中です。

ニューヨークに泊るのは初めて。

仕事が早めに済んだので、セントラルパークに走りに行きました。

Imgp29372とにかくでかい公園です。

休日で好天とあって山のような人出。

それでも広いから走るのには苦にならず。

見た感じ歴史のありそうな公園。 Imgp2938_2
イベントやパフォーマンスが各所で開かれていて、池も何箇所か。

観光用馬車なんかも走っていて。

ゆっくり1周して1時間。10キロくらいあるようです。

でも、冬は寒いだろうな。。

1周して池を回って戻り。道に迷ったけどここはわかりやすいから番地を見て帰れます。

とにかくものすごい人ごみ。いろんな人種の人がおしゃれしているのは見てて楽しいもの。

Imgp2941
夜は仕事相手のNY人紹介のWonfgangsというステーキハウスに。

お勧めのSteak for twoというのを同行者と注文。

28日熟成肉で赤身なのに柔らかくておいしい。

大量だけど完食。2/3くらい食べて他の人に驚かれてます。ポテトもお代わりしたし。まだ雁坂の回復期かもしれません。

これからブラジルに行って肉続き。この調子ならどんどん行けそう

Imgp29462

下のは別の人が頼んだRib eye steak。骨まで入れたら1キロはありそう。この人はギブアップ。

ビール、カリフォルニアワインを1本飲んで1人US$85。こんなものでしょう。

18時30分に入った時はがらがら。帰るころは満席。それも日本人が多くて、ガイドブックに紹介されているのでしょう。

Imgp29462_2女性ばかりのグループもあり、女性だと3人で一人前で十分でしょう。

2013年8月 2日 (金)

サッカーボール

Imgp2864_2
仕事でブラジルに来てます。

奥武蔵走って打ち上げして、家に帰って荷物取り、夜の1時30分のフライト。

体よりも、オクムの大会中のエイドごとの水分補給と、レース後飲んだビール、空港のビール他、が重なって胃がやられてフライト中大変でした。

ドバイまで10時間、ドバイから15時間。。。。

幸いオクムを走った後なんで運動不足とかならず。

じっと飛行機で座っていたら、だんだん足が固まってくる。

 年をとるとマラソンは当日よりも翌日がつらくなるのを実感した次第で。

で、こちらはサンパウロの新聞スタンドで、ここでサッカーボールを売っているのはブラジルらしい。

ブラジル人は中国人に比べると本当に穏やかで静かです。

2013年2月24日 (日)

カンピーナス

Dscn02312ブラジルは夏。プールで泳ぐ人たち。

いいなあ。

昨晩帰国。

帰路は、サンパウローマイアミーワシントン(泊)-ニューヨークー成田。

1週間で世界一周しました。

時差ボケ、とはよくいったもので、苦しいとかそういうのでなくて、普通の生活がしにくい感じ。

睡眠だけでなく、胃腸もリズムが崩れて。

普通の旅行だと帰ったらとにかく走りたくなるんだけど、今回は全く気力がありません。

 今朝は寝て回復してきたんで15キロ走ってみて、足はまあまあだけどお腹が苦しい。
Dscn02582

町の様子です。

ブラジルの人は落書きが好きで、しかも寛容みたいでいたるところに書いてあります。

こんな、工事の塀があると大体何か書いてあり。

凝ったのも多く。

Dscn02382




ビルにも書いてあり、5階、8階という高いところ、屋上から吊り降りないと書けないようなところに頻繁にありました。

訪問した、サンパウロ、マナウス、カンピーナス、どこも同じ。

Dscn02392

日系人あんまりみかけません。

唯一目についた日本語の看板。

一見衣料店みたいだけど、銀行でした。

Dscn02452

ホテルのごみ箱。

リサイクルがわかりやすいように5つに分かれてます。

ガラス、プラスチック、金属、生ごみ、普通ごみ。

原色で一目瞭然。

日本でも流行りそう。

Dscn02992
最後の滞在地カンピーナス。

 旅立って初めてちゃんとホテルで寝れて、翌朝ゆっくりジョギング。

出勤、登校の人もさほどいなくて、何よりも明るい太陽の下で短パンで走れるのが気持ちよく。

公園に入ったらラジオ体操みたいなのをしてますが、音楽がラテンで、日本だとダンスミュージック。

Dscn03022_3
公園のヤシの木。

こんなに高くなるの?隣のビルと同じくらい。

2013年2月22日 (金)

アマゾンの劇場

Dscn0286_2
マナウスに立派なオペラハウスがありました。1896年にゴムで大儲けしたフランス人が建てたそうです。

設計だけでなく、石など建材は全部フランスから運んだもの。

この一帯は協会はじめ古い建物が立ち並んでいます。

Dscn02762_2


料金払って入ると楽団が練習中。中も凝ってます。

建物のわりに客席は少なく、500人くらいしか入れない。

2-4階まで席があり。

コーヒー店やら土産物売り場もあり。

Dscn0289

お昼からシュラスコ。

肉を持ってきて席で切るスタイルは日本でも見かけますが、種類がやたらに多く、もう要らない、というまで次から次へとやってくる。

牛、豚、羊がメインで、砂肝、パイナップル。

どれも柔らかいし変な臭みがなく。

このほかにサラダバーがありまずこちらを食べますが、ここがまた普通のバイキング店くらい豊富な料理が並んでます。

Dscn02902

テーブルにこのカードが置いてあり、まだ食べるときは右側の緑を上に向けて置き。

満腹、終了、となったらひっくり返して左の赤に。

出てくると思わず食べてしまい、肉なんで腹に持ちます。

マナウスからサンパウロに行く飛行機から下をみたらどこまでも水とジャングル。全く開発されていない土地がずっと続いています。

2013年1月15日 (火)

路上ライブ

Imgp23212
半年ぶりに上海に行きました。

自分が初めて上海を訪れたのが1990年。

住んだのが1996年。

ベイビーが成長して成人になり、大人になって行った姿をつぶさに見てきました。

当初小学生みたいに出たとこ勝負だった人たちが今のところ30歳くらいのイメージです。

もう大きな動揺はフツーの人にはないですね。むしろ守りに入る時期のムードが出てきてます。

写真は南京路の久光の前。

路上ライブしてます。2年前はなかった光景。

寒いのに結構観客いて、歌もうまかったですよ。

2012年9月10日 (月)

今週も甲府

Dscn00802

甲府に行ってきました。

来週も雁坂峠で甲府。今週は食べ物ツアー。

今日も暑い甲府地方。途中塩山駅から来週走る雁坂道を遠く眺めます。

ただ食べるだけではなんなんで、昇仙峡に。登山口までバスで30分。

←降りたらバス停そばでさっそくほうとうを食す。 

上げ底の逆で鍋が薄くて深いから食べても食べてもほうとうが減らない。

  かぼちゃとかじゃがいもも入っていてなかなかお腹が膨れる食べ物。

Dscn00822_2

暑いから水をがぶがぶ。

ヤカンに氷水が入っていて、丸い胴体に大汗をかいている。

部屋の中でこの暑さ。

普段は夏でも涼しいだろうに、今年はすごい。

暑いの大好きだから歓迎。

Dscn00832

 

 

 

でっかい馬。

ペルシュロンというやつでしょうか。1トン近くありそうな馬が、1トン近い馬車を曳いて登る。

曲がり角からいきなりこれが出てくると驚き。

そこそこ人がいるな、と思って上ると、滝のところに大勢見物人がいる。 

ここは涼しいですね。 

登ってバスを見ると、1時間に1本。

 気長に待ちます。

 来たバスが小さくて、途中満員で座れない人も大勢。これはきつい。

 Dscn00902
甲府に戻り、駅近くのワイナリーに。こんな駅のそばにあるとは。北口から徒歩5分です。

さすがに山梨。

一昨年骨にひびが入ってみてもらった病院の前。

日曜とありレストランで結婚式してました。。 

「サドヤ醸造」で、ワインの販売、レストラン、カフェ、蔵の見学ができる。 

見学の人、10人くらいいて、なかなか盛り上がっているのは試飲したのかも。

 こちらは見学よりものどが渇いた。

 乾杯。

 白ワインは夏向きの超ドライ。

 カフェは人気がないのか他にお客さんおらず。静かにジャズが流れるお店。

 駅北口に帰る。 

来週はここからスタートなんだ。

 この後駅前の居酒屋で鳥もつ鍋食べて甲府旅行終了。

2012年9月 6日 (木)

折尾

Dscn00782北九州市折尾に行きました。

マラソンではなくて仕事です。

鹿児島本線と筑豊本線の交差するところ。

日本で最初の立体交差ホームとか。古い木造駅舎。もうすぐ築100年とか。建て替えか保存か、お金に絡む話だけにいろんな意見があるそうだ。

そういえば九州でほとんどマラソン走ったことない。大村湾1周と国東半島100キロくらいだ。上海から近かったのに不思議。

2012年7月 8日 (日)

久々にフライト大幅遅れ

Rimg03092
仕事で西安に行きました。なんだかずいぶん言葉が標準語に近くなった気がする。町の人と話してものすごく聞き取りやすい。 

あと車が激増している。それでも昔ながらに大通りを歩行者がよぎるから危なくてしょうがない。 

1泊で、朝軽く散策したら朱雀門の中にコンビニがあって朝から営業してる。

 お、セブンイレブン、と思ったら違った。こういうのもコピーがあるんだ。 

念のため隣のSUBWAYは多分本物。

 昼間車で町を通ったら、これと同じデザインのコンビニで違う店名のがあり。

 いい加減さは底なしですね。相変わらず。

金曜夜上海から帰国。最終便のNH960が航路混雑や整備不良や天候やで3時間30分出発遅れ。 

成田行きが羽田になり、羽田に着いたのがもう0時過ぎ。

 ANAのバスで新宿に。交通費に、と5000円くれた。自分は5000円でタクシー乗れるけどみんな困ってた。出張の人は会社にタクシー代請求するんだろうけど旅行者は新宿で夜明かしかも。新宿着1時30分だったんで。

 帰って寝て2時30分。疲れた。でも、土曜は所沢3種目。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31