« 津軽200K① | トップページ | 津軽200K③ »

2017年7月21日 (金)

津軽200K②

Dsc_0273靴が合わないせいか最近まめができる。雨のせいですでに右足薬指にでき始めた。

ひたすら前をみて走り下りおえると白神方面左折し、予想通り結構な上り坂だ。 

のろのろ歩かず進み、曲がってかれこれ30分ほどでCP2くろもり館40キロ。10時前。

う足裏が痛い。

 うどんをたべて2キロの苦手な雨のトレイルに足裏痛もたたって30分ちかくかかった。  

雨でも日中気温は25度くらいあり、全行程半袖+短パンだったが寒いと思ったのは真夜中にパルナスを出たときくらいだった。雨のウルトラは足元以外は好物。カンカン照りより数倍いいと思う。

この後日本の田園地帯をひたすら下る。北から南まで日本の農村はどうしてこんなに似てるのだろう。

Dsc_0274ずっと下って鰺ヶ沢集落の入り口、踏切を渡ったところでなんとなくバイパスの方へ行き今回唯一のコースアウト。

気が付いて戻り後ろについてきた2人に謝って海沿いの町中を通ってCP3海の駅わんど着。1240分。

大きな施設の前のあずまやみたいなところに計測機器があり、エイドが提供されている。

屋根が小さいから大雨だとたいへんそうだ。

 食べ物をいただいて水を補充し出発。雨は上がって今度は暑くなってきた。 

Dsc_0275 

このあたりから途中人は入れ替わるが女子トップの選手と前後するようになる。

ここから20キロは平坦な田圃主体。わんどを出てすぐに「わさお」のいるお店があるのと、北向きに左折するところにコンビニがあるくらいであとは単調。ただ、コンビニに向かう途中そこそこの上り坂があった。

自分はこういうのが嫌いでないみたいで、たとえば萩往還の黄波戸から仙崎とか、雁坂越えの最後飯能から川越とか、小江戸大江戸の高島平ー羽根倉橋ー川越バイパスとか、みなさん単調で心が折れるというけど止まらずに淡々と進める。もちろん調子がいい時の話だけど。

今回の調子は、昨年末の左足故障が治って、奥武蔵も日光100kも悪い痛みがでなかったからまあまあ。

心配は超ロングで時々出るからだが傾く癖。これさえなければ。

あとは内臓がついてくるか。内臓は走ってみないとわからないがまだまだ食欲があり。

Dsc_0009リタイヤした/する寸前のような表情の亀ヶ岡。

 

80kCP4亀ヶ岡は全く目印が無く延々と走ってやっと到着。1530分。関門は19時。ここに19(80キロで14時間)は歩きが多いと厳しい設定だ。

 足裏最悪。まめを安全ピンでつぶす。

 このあたり、コース途中にずっと途中バス停がある。我々が向かう小泊方面と逆の五所川原駅方面にバスがある。亀ヶ岡バス停の時間を走り終わってから調べてみたら、小泊方面はCP5中の島公園行最終199分。五所川原駅方面最終1758分。

 

これを逃すと自力でCPかなにかににたどり着いて朝までバスを待つしかなさそう。時々屋根つきのバス停があるけどコンビニはないし。

 

ヤバイヨヤバイヨ

 

このあとも休むところがないエリアばかりで、CP6の小泊小学校発五所川原行バス最終は1715(これが亀ヶ岡1758分?)。

小泊から12号線で250キロコースと合流する道に出るまでの10キロほどはコンビニが最初の方のローソンだけで、ローソンあたりのバス停の最終は1750分くらい。

 

また出るときがあったら不調な時の退却戦略を考えておいたほうがよさそうだ。

 

亀ヶ岡は小雨の中、女性が一人でエイド。大変。当然関門時間になったすぐに撤収して帰ってください。

パンを放り込んで10分休んで出発。本当はしたくない。もう少し休みたい。けど。

Dsc_0279  

次のCPまで22キロ。雨があがってまだ明るいので景色が見える。のんびりした田畑と集落で人がいない。

歩道がないから時々すれ違う車がよけていく。自販機は少ないながらもあり。

 左側に海、右に十三湖。かなり進んだ気がするが地図をみるとまだまだ

 とにかくさぼらないように足をだすがすでに両足のまめ。夕方なのに汗が噴き出る。追い風だけが救い。

いつになったら着くんだ、とやっと橋まできたら前のランナーが悠然と写真撮影中。うらやましい余裕。

橋からまだまだ遠いCP5101キロ中の島1830分ごろ到着。

Dsc_0280
 中の島は合宿や社員研修を行うようなログハウス風施設で、シートが敷いてあって横たわれる。

 リンゴカレー(絶品!)、シジミラーメンが売り。Dsc_0281


カレー食べてジュース飲んで安全ピンでまめをつぶしてスマホみて。
30分ほど休んだらそこそこ気分が治まって出発。

 いつものことながら100キロ超の大会はそうそうないので200キロという距離ががふっくらとした実感になるこの辺から。 

 普通このあたりまでは100キロマラソンの延長で来て、ここから先は巡航速度をペースダウンしてとにかく

止まらないことを第一に進むモード。 

残り99キロ。目標の1712時まであと17時間。まあなんとかなりそうだ。止まらなければ。寝なければ。

 

« 津軽200K① | トップページ | 津軽200K③ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽200K②:

« 津軽200K① | トップページ | 津軽200K③ »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31