« 津軽200K② | トップページ

2017年7月21日 (金)

津軽200K③

 夜の大雨とスマホの電池切れでこの後写真なし。  

19時出て10キロ進んで微妙なアップダウンに辟易させられながらCP6小泊津軽の家2030分ごろ。 

折り返してくる先行ランナー10人ほど。途中また雨が降ってきた。

 

CP手前のファミマにランナーがたくさんいる。CPでコーラを飲んでファミマでウイダーを買って、どうにも足裏が痛いのでここでロキソニン投入。

 

雨が強まる中折り返し。左折するところが遠くて通り過ぎたか、と思うほど。 

山道に入り、スタートからずっと一人旅だったがこのあたりから前後に誰もいなくなる。

 

ローソンで一休み。誰も来ない。このローソンから次のコンビニ(CP7横ローソン)まで15キロくらいある。ここは必須。

 

気が付くとローソンから道の駅十三湖までずっとだらだら上り坂で、雨が激しいので止まると冷えるから必死で走り続け。 

 

自販機で一休みしても誰も追い越してこない。250キロ合流の12号線に出ても誰もいない。

 

つぶしたまめのその下(上?)にまたまめができて死ぬほど痛い。 

 

まっくらで記憶に残っていないがとにかく痛くて疲れる長い時間の後CP7パルナス140キロ着。240分。おにぎりをいただいて15分休憩。6-7人寝ている。みなさん250キロの人たちのようだ。 

ぼつぼつランナーがくる。 

津軽海峡冬景色的にいうと「到着するランナーの群れは誰も無口でいきなり椅子に座るだけ」。

 

15分ほどして出ると寒い。雨が上がったが風が出てきた。防寒具が無いからポリ袋を手と首に巻いてしのぐ。

 

まだ暗く疲労と眠気で頭が動かずに次のエイドまでのことをまったく覚えていない。と、前方にランナーが。女子トップさんが金木への曲がり角が不安だというので地図を見て同行。

 

240分ごろ148KCP8金木到着。コーラ飲んであまり休まず出発。女子トップさんはこのあとずっと抜いたり抜かれたり、微妙な道で地図を確認しあったり。結果的に引っ張りあって走る形になった。 

 

 4時ごろ夜が明けてきた。突如として猛烈な睡魔。100m走って立ち止まり立ったまま夢を見る。これが続いて全然はかどらない。

 

次のCPで少し寝ないとだめそうだ、と歩く。 

 

 が、なんとかCP9道の駅つるたに6時ごろついたころには眠気が和らいできた。足のあちこちが痛くて眠さが吹っ飛んだ感じ。で、またロキソニン服用。あまりきかない。 

 地元走友会の方のもてなしでおにぎりたべて生リンゴジュース飲んで歩き出す。

 

 足裏の前の方が痛くてかかと着地になってしまい、前屈みぎみに歩くので全然進まない。時々走る。女子トップさんも苦戦していて追いついたり。左右はひたすら平坦なリンゴ畑。夜が明けて猛暑の予感。涼しい朝のうちにすすまないと。 

 

 途中藤崎にエイドがあり、冷たいリンゴジュースサーバーがありがたかった。 

 

 あと20キロ。先が見えてきた。ところが黒石方面へまがると狭い道にダンプやトラックがゴウゴウ行きかっている。

 

怖くてすれ違う時立ち止まるほど。跨線橋は途中左側に歩道が出るが、右を走っていると気が付かないかもしれない。このルートは再考できないものだろうか。

 

 ほとんど歩き。ローソンでがりがり君。

 

 黒石市内は難しそうなので女子トップさんと地図を確認して一緒に突入して930分ごろCP10。こちらは小休止を決め込んだが、トップさんは元気いっぱいでさっと飛び出てしまった。後で見たら30時間切ってた。

 

 ここから10キロに2時間かけて歩いて亀のようにゴール。途中地図を落とすし、むちゃくちゃ暑くなるし、立ち止まってばかり。

 

道行く中学生にさくらの百貨店入口を教えてもらいなんとか目標の1712時前にゴールできた。 

 

 達成感よりもやれやれが本音。

 

 大会運営の方々、ランナーの皆様、お世話になりました。

このコース、アップダウン的難易度は低いが完走率もタイムもそうよくない。やはり真夏、暑いことが原因だろう。今回2/3くらい雨だったが、雨だと雨具を来て蒸して汗が出る。

 暑さ対策が課題。

« 津軽200K② | トップページ

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津軽200K③:

« 津軽200K② | トップページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31