« 萩往還2016① | トップページ | 萩往還2016③ »

2016年5月22日 (日)

萩往還2016②

今年はこれまでウルトラは宮古島100キロ、小江戸大江戸200キロ、彩湖くらい。毎回毎回長いのに出るときは不安がいっぱいだけど、今まで大体このペースでやってきたんで足は大丈夫だろう。とあまり考えずに進む。

豊田湖を出て追い風が強くて走りやすい。

Imgp0090
俵山温泉に2時30分着。いつも通り飲み物をもらってすぐに出る。

ちょっと疲れてきた。砂利ヶ峠への上りで歩きを少し入れて気分転換。

下りの追い風で自分ではすごいスピードのつもりだけど実際はどうなんだろう。

そういえば前も後ろも人がいない。追い抜く人もいない。

これだけ風が強いのに無茶苦茶汗が出る。湿度が高い。

Imgp0091


新大坊に4時10分着。

お腹が空いた。とうふと酒饅頭。フランスパンにバナナ。

テントが吹き飛ばされそうな風。

右に曲がって油谷港の方に。橋の上の風が強い。

晴れていれば明るくなる時間だがどんより。

上って下って油谷中学着。5時10分。天気予報だと気温が上がるから荷物を減らして上はカッパだけ。失敗。このあと大雨になって寒かった。

Imgp0093
海湧食堂のおかゆ。

出て坂を上り始めると海岸で突風。帽子を飛ばされる人。

萩往還のレジェンドTさんとしばらく走る。コンスタントに40時間を切る方。聞くと、ほとんど食べないそうだ。たべなくとももつ。

自分と似ている人に初めて会った。

俵島に向かう頃には大雨になってきた。当然走りにくいが、これだけ冷えると足にアイシングになって疲れにくくなる。多分完踏率はわるくないだろうな、なんとか今日の日中を乗り切れば、と思い始める。

俵島CPが7時ごろ。相変わらず下りが速い人にどんどん抜かされてがっかりしながら浜に出てありがたい私設エイドのお世話になる。

やっぱりしんどいな。まだ100キロなのに。川尻岬に行く途中も結構歩く。

歩くと雨風で寒い。また走る。

Imgp0094CP4川尻岬着。8時40分。カレーをほぼ3分で食べて大量に水を飲む。

暴風雨が音を立てていて店からでたくないな。

仕方なく出発。

暴風はここからさらに凶悪化して15時ごろまで緩むことなく続いた。

おかげで写真を撮っていないし時間も不確か。

海岸の川尻漁港とか立石観音は海が煙って、それでも意外と波が小さくてもうすぐ止むかな、と期待したがまったくそんな気配はなく。

歩いて千畳敷。11時ごろ。去年は雨でも観光客が居たが、今年は車も停まっていない。トイレに大勢避難していた。

最悪の天候だけどペースは遅いながらも進んでいる。半分まで来たし。完踏しないと。とにかく早く平地にまで下りたい。が、下りが向かい風で全然進まない。並走した初参加のランナーさんと次のエイドまでなんとかたどり着こう、と励ましあい。

日置到着12時。おにぎりとカップめん。雨は全然止みそうにないがみんな短時間の滞在で出てゆく。元気だなー。


« 萩往還2016① | トップページ | 萩往還2016③ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還2016②:

« 萩往還2016① | トップページ | 萩往還2016③ »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31