« 木曽グレートトラバース100キロ③ | トップページ | 雁坂峠越え153キロ② »

2015年10月 4日 (日)

雁坂峠越え153キロ①

Imgp01222今年も萩往還走ってきました。9回目。

9月19日前日受付&説明会。

今回会場が変わり岡島百貨店8階のホール。過去会場はこれで4つ目かな。

年々人数が増えるんで確保が大変でしょう。

知っている人少ない感じ。

17:00-18:15説明会。

今年はコースが変わり、11キロ増えて山も難しくなったとのこと。その経緯はHPで読んでいた通り。

帰って居酒屋でビール飲んで定食食べてホテルに帰りすぐ就寝。

Imgp01302
明けて9月20日5:00スタート。

天気予報は好天で気温も上がりそう。この大会は雨が降らない年は暑さに苦しめられる。

服装はTシャツにロングタイツ、トレイルシューズ。帽子、ボトルの入るウエストポーチ、小さなリュック。荷物はTシャツ、タオル、手袋、カメラ、お金、鎮痛剤、胃薬。食べ物、飲み物はスタート時持たず。

スタートして広瀬湖まで35キロは上りのロードを淡々と進む。

「安田屋」まで50キロ。秩父でしょう。後で調べたら御花畑駅そばの有名な肉屋兼食堂らしい。それにしてもここに看板を出すとは。

Imgp01312調子は普通。

思ったよりも涼しくて水を飲まなくてもすむ。

20キロあたりの自販機で水を買ってポーチに差す。

最近長い距離だと体が傾く癖があり、どうリュックが揺れるのが原因のよう。なので今回リュックを軽くして水もポーチに入れることとした。

三富の集落からの上りをなんとかゆっくり走り行く。

今年は水量が豊富な広瀬湖。

例年はここがエイドだったのが今年は道の駅みとみに変更。

Imgp01322いつもながらこのあたりですでに疲れてきて歩きたくなる。

他の人がみんな元気にみえてくる。

CP1の道の駅。35キロ地点に最初のエイドが出てくる大会はそう無い。

シルバーウイークで、聞くところによると雁坂トンネルが無料になっているのでとってもお客さんが多い。

家族でハイキングという親子4人のお父さんがゼッケンを見て、「峠越え15.3キロだって」とお母さんと話していた。15.3キロくらいが常識的な距離でしょう。

Imgp01332Imgp01342
9時12分着でスタートして4時間経ってお腹が空いてきた。

お蕎麦一口とパンを食べて水を足して出発。

過去いろいろな大会で一緒になったYさん、SMさんに挨拶。

天気は予報通り崩れる気配なし。暑さもいつもほどではない。

道の駅を出て140号線のうち初めて通るトンネル方向へ。

多少上っているけど走りやすい。

皆さん休んで元気。Imgp01362

雁坂トンネル避難道入口。

普段は閉鎖してる道を特別にあけてもらったので中は少しかび臭いような。

とにかく素っ気ないコンクリートの管の中を淡々と進む。

直線で走りやすい道なのでみんなかなり飛ばしている。

途中で、これは最初に足を使わせる罠かもしれない、と思って減速。

早い人は4分半/キロくらいで走っていたように見えた。

ここを抜けると走ってはいけない短いトンネルがあり、ライト、点滅灯、反射板が必須で点検を受けて入る。

Imgp01382すぐに抜けると私設エイドさんがあり一口いただく。

この先長い山道で補給はありがたい。

Imgp01392

この林道は1キロもいかないうちに終わり本格的な山登り開始。

いきなりものすごい上り。休む間がなく延々と続いている。

多分1キロ強しかないんだろうがものすごく長く感じた。

普通上りでも止まらずに歩き続けるんだけどここは何度も休憩を入れてジリジリと。

他のランナーもみんなうんざりしているのが背中からよくわかる。

長い時間をかけたけどあんまり覚えていない道。

最初の尾根を上りきったら勾配が和らいだが、Imgp01402ひたすら1000mほど上がるので
段々気分がめげてくる。

年を取るに従いどんどんトレイルが苦手になってゆく

最後の方に丸木橋が連続したりして、去年までのルートに比べると時間がかかる。

まあ、歩くのは嫌いでないし、時間もあるからあせらずに。

困るのは、少し勾配が緩くなると追い越そうとする人がいること。

ここで数分頑張っても関係ないと思うんだけど。

Imgp01422_2
なんとか53キロのCP2雁坂小屋到着。トイレの方から道が続いていた。

12時58分。道の駅35キロCP1からの18キロに2時間36分かかった。

大量に水を飲んで、おにぎりを少し食べて下り。

上の方は例年より寒い気がした、半袖一枚だから当たり前か。

雨は降りそうにないもののガスで景色が見えない。

5分休んで下り。

11キロの下りに今度は2時間25分かかった。上りと比べても不思議なくらいののろさ。

今まで一番かかったかもしれない。天気も悪くなかったし。

多分30人以上の人に抜かれた。

Imgp01452
CP3扇屋山荘着が15時23分。

個人的にはここで半分終わった気がする。

まだ62.7キロ地点で、あと90キロあるんだけど、いつもここまで来たらあとは舗装路、と心機一転。

カレーを大盛でもらって10分休憩。

いつものようにすぐ先のトイレで身づくろいを治して、足にワセリンを塗って出発。

« 木曽グレートトラバース100キロ③ | トップページ | 雁坂峠越え153キロ② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え153キロ①:

« 木曽グレートトラバース100キロ③ | トップページ | 雁坂峠越え153キロ② »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31