« 雁坂峠越え153キロ① | トップページ | 萩往還2016① »

2015年10月 4日 (日)

雁坂峠越え153キロ②

この後は道が単調で、すぐに夜になるし、あまり記憶に残ることが少ない。

残るとするとアクシデント、けが、体調不良というマイナスなことばかり。

山をゆっくり上り降りしたのでダメージが小さく、栃本の集落からはずっと走り続け。

気になったといえば、車が例年より多いこと。5連休だからか、トンネル無料のせいか。いままで大滝に出るまでそんなに車はいなかった。今年は旧道の140号にどんどん地方ナンバーの車が入り込んでいた。

Imgp01462140号の本線と大滝で合流してしばらく行くと入浴できる道の駅。ここで75キロ、距離で半分来た。

通り過ぎて走っていたら、すぐ後ろにランナーがついてきた。真後ろに人がいると気になるし、このあたりは歩道が無くて一番危険なエリア。

特に危ないカーブのところで先にいってもらおうと内に入ったら、ガードレールの端にぶつかって転倒してしまった。

後ろの人はなんでもない顔で抜かしていった。

アクシデントが主に記憶に残る。

CP4の78.5キロ、17時30分。おにぎり、スイカ、バナナをいただいて水を補給して4分でスタート。

椅子に座りたいと思わないからそんなに調子が悪くないのかもしれない。でも先は長い。歩道が無くて路側帯も狭い道がしばらく続くし、このあたりで暗くなってきてライト点灯。

年を取るといいことの一つは気が長く、鈍感になること。あとどれくらい、とか今のペースとか、足が痛いとか、そいうのをなるべく気にせず走る。53キロでロキソニンを1錠飲んだせいか、足首の痛みも思ったよりも軽い。

ただ、この区間は長い。みんな最後の飯能から川越が長いというけど、ここも相当しんどい。

Imgp01472最後はぼろぼろで歩きもしかたないけど、この辺であるいていたら絶対に完走できない。ましてや今年は11キロ延長されたんでタイム的にはきついはず。

96キロCP5秩父に19時47分着。ペース的には完走できそうだ。この後も走れれば、だが。

7分ほど休んで出る。エイドの手前の初参加の人に、「この後どれくらい歩いてもいいかな」と聞かれて、「正丸までの上りを全部歩くとあとがきつくなりますよ」などと答える。

この時間だと歩いても大丈夫だけど、最近終盤に体が傾くなどアクシデントがよく起きるので貯金が欲しい。

歩くならばなるべくエイド滞在時間を短くするとか、それもしんどいしなー。

いつもながらこの299号の正丸までの上り坂は疲れる。真っ暗なのもめげる。たった11キロなんだけどなかなかつかない。

それでも、なんとか我慢して水を飲むとき以外歩かずのろのろ進む。

正丸トンネルからはいつものように歩き。歩くと足のいたるところが痛んでいるのがよくわかる。まめも3つくらいで来ている。

22時1分CP6正丸峠着。結構混んでる。秩父で食べたし、次のロックガーデンまで近いし、カップヌードル食べずに5分で出発。

心配した体の傾きは今のところ兆候がない。できるだけ先を急いで時間を稼ぎたいという気分。

このあたりまったく写真を撮らず。

峠までゆっくり走り、峠からゆっくり降り。ここも長い。気分的に単調で、ここの下りはまたまた足にダメージが大きい。全く良く考えたコースだ。

峠を下りても吾野までずっと下り。なんだけどいつもながらスピードでず。

CP7ロックガーデンカフェ121キロ23時32分。下りの11キロに1時間30分かかった。

ここもランナー多し。お茶漬けとヨーグルト。2錠目のロキソニン。しばらく前からまたずれが痛くて、2階の休憩所を借りて下着を脱ぐこととした。そんなこんなで15分休憩。

休むと寒い。最初足が動かない。ところが走り始めるとまさに滝のような汗でひどく消耗する。吾野駅の方へ。私設エイドさんが2か所あり、ドリンクを少しいただいてリフレッシュ。

新しいトンネルに入らず旧道を抜けて、このあたり、あと25キロくらいでものすごくしんどい。でも歩くほどしんどいわけでなく、走るのでストレスがたまる。真っ暗な山の中で何も目印がない。吾野駅と東吾野駅の間が遠いこと。東吾野駅と武蔵横手駅も遠いけど、走りづめの足には横手からCP8がなかなか着かない。

Imgp01502CP8勝蔵寺135キロに1時43分着。

制限時間まであと4時間以上あって17.5キロ。完走が見えてきた。

名物いくら丼を大盛で。ささっと食べて水飲んで出発。

街灯の影でフォームを見ると体の傾きはなさそうだ。順調なら過去はここから2時間半くらいでゴールできてる。

とりあえず30分走って給水休憩作戦にする。

ここはねー。とにかく歩道がひどい。凸凹。車道に出ると危ないが深夜で車が少ないからはみ出すランナーもいる。

足首が痛い。信号で止まるとずきずきする。走っている間は麻痺している。

3時過ぎに関越道に出た。ここから9キロくらいだったか。

もう歩いてもいけるけど、風呂にゆっくり入って始発のバスに間に合いたいとだんだん贅沢なことを考え始めて走り続け。

Imgp01512


最後、大橋のあと2キロ当たり3人猛スピードでラストスパートしていた。こちらはお風呂と始発はいけそうなんで無理せずほとんど歩きそうなペースでゴール。23時間ちょっとで終わり。25時間制限なんで余裕はあるけど、今年はとにかくコンデションがよかったから、猛暑だったりどこか故障したりするとぎりぎりだなーと思う。

11キロ延びてますます厳しい大会となった。

« 雁坂峠越え153キロ① | トップページ | 萩往還2016① »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え153キロ②:

« 雁坂峠越え153キロ① | トップページ | 萩往還2016① »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31