« 木曽グレートトラバース100キロ② | トップページ | 雁坂峠越え153キロ① »

2015年9月 6日 (日)

木曽グレートトラバース100キロ③

Imgp00952
1回目だし、これっきりになるかもしれないので詳しく書いてます。

関門を出て鉄道をくぐって街中に出て70キロ。応援がますます多く、でも人が多いわけでなく、家があるとどこも応援してくれている感じ。

このあたりからへばってきたせいでなかなかエイドが出てこない感じがする。

気のせいなんだろうが、距離表示も少しおかしい。

木曽川?沿いに進む。

Imgp00972
70キロー75キロに39分もかかっている。
でも気にしないこと。

立派な相撲場が出てきた。

ここは相撲が盛んな土地だそうだ。

それにしても、ここまで大規模な相撲場を他で見たことがない。

冬は寒そう。

Imgp00992
70キロから全然進まない感じ。久々の平坦路なのに。

Imgp01002

左に曲がって原野駅の前にエイドがあり、そこを過ぎたら未舗装の田んぼのあぜ道に進入。500mもないけど雨で下が荒れて走りにくい。

みんな声に出さないが、なんだこれは、と背中で語っている

Imgp01012

あぜ道を過ぎた先に75キロ。

車も来ず走りやすいが、さすがに疲れてきた。

一刻も早く終わりたいが、この先最後の400mの上りが待っている。

Imgp01042Imgp01052





折り返しまで行ってエイドステーションここで暖かいおやきが出た。

野沢菜をもらう。

これはおいしい。

これがエイドで一番良かったとみんな言っていた。

こちらがおやきエイド。

80キロが遠い。

Imgp0106275キロー80キロ40分。なかなかつかないわけだ。

まだここまで上りも歩かず走っている。

歩くのが遅いし。

平坦な市街地と言いながら細かく坂があり、この80キロ標識のところも上り坂。

それでも、80キロでまだ15時前。

Imgp01072制限時間までまだ5時間ある。

残り20キロ全部歩いても完走できるとこまで来たからとにかくゆっくり進む。

ちょっと平らです。ほんのちょっとです。平らが珍しいのがこのコース。

水切れになってきてエイドが無いなと思ったところで、女の子が暖かい麦茶を配ってくれていた。

これは助かる。ありがとう。

Imgp01092

緩く上ってゆき、少し下り、こちら、85キロのエイドから本格的な急坂。

この前から歩きだして。

でも最後の上りと85キロからまた走り。

でも歩きが早いランナーとほとんどおなじくらい。

85-90キロの5キロに50分!

それほど最後に来てこの坂はこたえた。ものすごいコース設計。

Imgp01112

それでも終わりの無い旅は無い。90キロ標識が見えて、エイドを誘導する人がいて上りきった。

あと10キロ。まだ16時30分だ。後はずっと下りだからダメージの足でも1時間30分はかからないだろう。

とすると予定通り18時前、12時間台で入れる。とひと安心。

ここまで下りをセーブしてきたから結構軽快に走れる。

足裏はロキソニンが効いたようで痛くない。

Imgp01122
こちらが90キロのエイド。上り続きで脱水になり、この後もう一つエイドがあり。

最後の10キロの距離はどう見ても変。

90-95キロに37分。これは下りとはいえここまでのダメージで遅いということにしても、95-ゴールの5キロがなんと17分30秒。そんなはずないでしょう。

5キロ走で20分切れない自分が。

Imgp01162
最後は確かに頑張って、残り3キロから得意の狂ったようなスパートをしたんで瞬間キロ5分切るくらいにはなっていたけどここまでは速くない。

レース後知り合いと話したら、最後3キロもないんでは、と言っていた。

おかげで意外にも12時間30分切るタイムでゴール。

関係者の方、応援の方、走った方、それぞれお疲れ様です。来年もぜひ開催してください。また来ます。

« 木曽グレートトラバース100キロ② | トップページ | 雁坂峠越え153キロ① »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木曽グレートトラバース100キロ③:

« 木曽グレートトラバース100キロ② | トップページ | 雁坂峠越え153キロ① »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31