« 2014年萩往還250キロ④ | トップページ | 萩往還250キロ① »

2014年5月20日 (火)

2014年萩往還250キロ⑤

萩のアップが終わらないうちに日曜は赤城山トレイル30キロ。年をとるとロードよりもトレイルが走れなくなる。トレイルは跳躍力がいるから若い人向け。

Dscn34462ものすごいスローペースで自然道を歩き脱出。トイレで一休み。

バス停で一休み。

コンビニで一休み。

休んでばかりで215キロ金照苑までの8キロに1時間半もかかって到着。2時30分。

でも別にこれで十分。いつものように足首は痛いがこれはしょうがない。無理せず耐えるしかない。

胃の調子は悪くない。なにより眠気が少し遠のいているので気持ちがしっかりしている感じ。

でも次の陶芸の村で最後のチェックをしたら終わった気になりパイプ椅子で休息。車でスタッフの方が来て少し世間話。コースアウトする人けっこういますよね。みたいな。

寒い橋を渡ってまだ開いていない村田蒲鉾店の前を通り。ここがエイドになってから一度も開いていたことがないような気がします。

さて、往還道。もう走れない。早歩きプラスのスピードで、休まず進むのみ。

Dscn34472なんとか明木着が4時45分くらい。 

まだあまりランナーがいません。時々140キロの人がいるくらい。 

一升谷も歩くと決めているからただ前に行くだけ。 

でも途中で足を止めたくなる長い坂。

あと20キロなのにものすごく遠い気がする。

なのでとにかく先のことを考えず、前後に人がいないと歌でも歌ったりして上の方へ。

途中私設エイドさんがあり、お茶をいただき、その後下りで少し息を吹き返す感じ。

 ここから佐々並の山道が多くてなかなか終わらない。ひどいコース。

 明るくなってから完全に眠気が飛んでとりあえずまっすく歩けます。

 Dscn34482去年はこの辺まで来るとよろけていてスタッフに止められたほど。
235キロ佐々並7時30分。

だいたいここから2時間半かからないからゴールは10時前後。

豆腐があったので一ついただいてさっと出ます。

 去年はここで制限時間まで7時間余してリタイヤ。今思うと何で、だけどその最中は大変。 

しばらく快調に走るけど当然失速。とにかく70キロ、35キロランナーが山のようにいて応援して手を振ってくれる。 

なんで元気を装い走る真似だけして歩を進めて。ようやく板堂峠。今年もここから長い。石畳が特に厳しい。 

時間があるからいいようなもの。ぎりぎりだと焦るでしょう。

 やっと道路に出て走ると後ろからどんどん抜かれます。調子がいい時はぬいたものだけど。

 140531
40時間を少し切ってゴール。あまり人がおらず静かに終了。

 

休日ボランティアのTKさんと2ショット。

« 2014年萩往還250キロ④ | トップページ | 萩往還250キロ① »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年萩往還250キロ⑤:

« 2014年萩往還250キロ④ | トップページ | 萩往還250キロ① »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31