« サロマ湖100キロ② | トップページ | サロマ湖100キロ④ »

2013年7月 9日 (火)

サロマ湖100キロ③

Imgp2724250キロ近辺にこのコースには数少ない坂があり。標高40mくらいで、普通のウルトラだとどうってことないが平地慣れていていて妙にきつく感じる。 

他のランナーもそういってました。

 54キロのところに中間エイドがあり、スタートで預けた荷物を渡してくれます。

 タオルとかTシャツとか念のため預けたけれど特に何も必要ないですぐに返して、小さなおにぎりを一つつまみ。

 

Imgp27252半分か。10時間切り難しそうだなあ。

 10時間30分まではかかりたくない。となると休憩は少なく。

 もうずいぶん暑いんで水だけふんだんに飲んで出発。

 今のところ痛い場所もなく、そんなに足も疲れていない。

 ただ、最近途中でへばって失速してばかりだったんでなんとか不安は不安。

 Imgp27272
出てしばらく行くと湖畔沿いの国道。歩道が無くて、車はそれなりにいる。

 湖面は穏やかだが時々風が来ていい気分。

 今回会場で前日買ったTシャツで走り、これが濡れるとひんやりとして気分がいい。夏にぴったり。

 素材はどんどん進化してます。

  

Imgp27282

60キロ通過。ネットで1時間7分。

この日はどうも調子が良かったようで、この一番苦しい当たりでも先のこととかラップとか気にならず、ひたすら少し前を見て同じペースで進んでます。

苦しいときは標識が待ち遠しくて。

50キロから1キロごとに標識があり、まだかまだか、と標識を気にするのが調子の悪いとき。

 風の谷がそうでした。

Imgp27292サロマのエイドはどちらかというとシンプル。

ガチンコランナーが多いし、制限時間きついんでエイドでゆっくり食べていく人が少ない。

景色は北海道的単調さ。

80キロからワッカ原生地に入るのでそれまで我慢。

Imgp27322_3


暑いな。65キロ手前で木立に入り、このまま日陰で走れるのかな、と期待。

なるもあっけなく2キロもせずにまた国道に。

汗だく。

Imgp27332

こちらは有名なお店だそうです。エイドがあり。

子供さんが濡れたタオルをくれます。

Imgp27342
しばし休憩、と行きたいところだけど慌ただしく素通り。

 

前半待機作戦だったんでこの辺からどんどんランナーを抜かすようになってきた。

 

明らかにみんな疲れている表情。

 抜かれるとガクッと来るけど、抜く方は力が湧いてきて、元気になる

 70キロ。7時間10分くらい。

 霞ヶ浦から失敗レースばかりだったのが、この日はとても気分よく走れていてうれしくなってきた。

 自然にペースが上がったみたいで、最後の30キロはしり上がりでした。

 Imgp273624年前ネイチャーで一緒にゴールしたSさんに会った。

 Sさんもその後中国に駐在していて、聞いたら去年戻ったそうだ。

 少し話してお先に。

 そうめんのエイド。

 食べるつもりはなかったけれど、見たらおいしそう。

 一口いただきすぐにでる。

« サロマ湖100キロ② | トップページ | サロマ湖100キロ④ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サロマ湖100キロ③:

« サロマ湖100キロ② | トップページ | サロマ湖100キロ④ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31