« 萩往還250キロ:中断 | トップページ | チャレンジ皇居 »

2013年5月12日 (日)

もろやまトレイルラン

Imgp25992Imgp260425月11日もろやまトレイルランを走ってきました。

奥武蔵と同じ毛呂山総合公園スタート、ゴール。20.5キロ。

スタート10時なので7時に家を出ても悠々準備できる。

開会式に後援の毛呂山町、町長さんがスピーチ。

マラソンの町毛呂山町、とはここ数年奥武蔵のスピーチでよく聞くフレーズで、今や年間スポーツエイドの大会が4回あります。

自分はこういう小さい大会が好きで、ホノルルマラソンとか出ないの?などどきかれることあるけど、走り始めてからまったく興味がなく。

人それぞれです。

萩往還から1週間。

足はまだまだ回復してませんが20キロだし、トレイルだし。

トレイルは制限時間が長くて、急坂を歩く人が多いから疲れているときも気軽の参加できて、そういえば、去年の萩の1週間後もトレイルでした。

コースは、厳しい山登りは少なく、人がいなくて、元気だったらほとんど走れそうな道。

だから、みなさん走る気マンマンなのに、トレイルの性で、山道が渋滞して走れず。

Imgp26052隙あらば抜かそう、という人が後ろからくるんで気を付けながら。

2.5キロおきに標識があり。多分。

トレイルの20キロといえばばてる前にゴールが近づいてちょうどいいくらい。

朝から雨模様で、木立の中はいいけれど、ところどころぬかるんでいて、思いがけないところで滑る。

なんでもない緩い下りや、カーブでずるっと滑って転んでいる人が結構いました。

 ゆっくり行こうと思ったが、真ん中くらいでスタートし、前後みなさんが走っているんで邪魔にならないについていくだけ。

Imgp26082エイドは5か所。

雨でさほど喉は渇かず。

こちら、有名なユガテです。

足は、最初のうち上り坂がきつかったけどだんだん慣れてきた。

 シーズン初めでトレイルの走り方忘れていて、試行錯誤しながら合わせていく感じ。

ロードのウルトラは疲れないようになるべく膝や足を上げずにすり足気味に進む。

逆にトレイルは突起物に躓かないようにつま先を上げ気味に一歩一歩差して抜くように走る、とずいぶん違い。

Imgp26102変わったアジサイ?の花。

途中里に下りたところ。

特につまずいたり、痛いところも出ず終盤へ。

Imgp26132

後半はエイドに飲み物以外食べ物も増えてきます。

定番のトマト、きゅうり、おにぎり、バナナにレモン。

幸い雨脚はまだ弱く、なんとか本降りの前にゴールしたいんで先を急ぎます。

 ぬかるみが出てきて、靴がどろどろになってきたし。

おなじみの北向地蔵とか、奥武蔵の道なんかを横断したりして鎌北湖の方へ。

見覚えのある場所に出ることもあるが、全体としてどこを走っているのか?よくわからない。

Imgp26142あと3キロ。ここからはほとんど下り。鎌北湖の看板があり。

埼玉ゴルフクラブの脇。更に山に入って宿谷の滝をすぎたらもうゴール間近。

ちょうど3時間でゴール。

したんですが、完走証もらいにいったら、ゴール通過してませんよ、と。

で、もう一度ゴール。

さほど厳しくなくちょうどいいコースです。

« 萩往還250キロ:中断 | トップページ | チャレンジ皇居 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もろやまトレイルラン:

« 萩往還250キロ:中断 | トップページ | チャレンジ皇居 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31