« 萩往還250キロ:リタイヤ | トップページ | 萩往還250キロ:千畳敷 »

2013年5月 6日 (月)

萩往還250キロ:山口ー油谷

Imgp25442
 いつものように新山口駅前前泊。

5月2日10時過ぎのバスで県庁前下車。電車よりも歩く距離が短いんで最近いつもバスを利用。ランナーらしき人は誰もおらず。

 5月2日昼前に受付して荷物をいつもの木町の集会所に置いて、荷物を選り分けて、ゼッケンつけて準備終了。山口市内で食事。

見かけたラーメン屋さんに入ってみます。「江戸金」だけど本格豚骨ラーメン。有名な店なのか出るとき待っている人もいます。 

お味は小倉や博多のと似てます。おにぎりがあるのもそれらしく。

Imgp25462あと、マイカップを忘れたんで井筒屋の100円ショップで購入。

そのほかは特にやることない。説明会までの時間は、最近説明会場となりの県立図書館暇つぶしてます。
 

15時から説明会。大坊ダムのところがコース変更。往還道の道の駅が使えない、以外は大きな変更ない。

 見知った人が何人かいます。250キロエントリー470人は過去最多。 

Imgp2552217時頃荷物を預けて、みんな早々と並んでいるんで倣って前に方に。

 こう見ると色とりどり、最近のランニング装束は男性も女性もカラフルですねえ。

 好天。涼しいくらい。無風の最高のコンデション。

 18時6分、第3ウェーブで出発。

 予想通りみんな最初から無茶苦茶飛ばしてます。

 速い人は速いのは当然として、全体にオーバーペース。

 自分は、案じた通り、彩湖と霞ヶ浦の足の疲れが抜けておらず、自重気味に進みます。 

それでも、大体いつもと同じ1時間20分で13.2キロの上郷駅前。

 そういえば、スタートしてすぐ、山口駅前に香港時代一緒だったTKさんが引退して住んでいて、応援しれくれました。

 Imgp25602上郷からライトを取り出して上り。毎回この辺は何も考えずさらっと走るんだが、今回はここといわず、ずっと無心になれずに走って、いろいろ記憶に残ってます。

 湯の口のエイド。小さなおにぎり。お水。

 腹の調子はよさそう。足はやっぱり重たい。

 みなさん依然休憩ほとんどとらずに走り続け。

 今年は例年と違ってまったくカエルが鳴いていない。みるとまだ田んぼに水が無い。寒いせいだろうか。

  そうそう。去年までよりも周りを見ていいろいろ考えたり印象に残った理由の一つは、150ルーメン明るいライトを持っているから。ずっと使っていたのを紛失して変えてみた。こういう製品はどんどん進化して安くて明るくなっている。 

Imgp25642_2
今回、タイムを気にしすぎたかもしれない。

4日夜に実家に行くことにして、遅くとも4日の12時までにはゴールしたい。

去年も10時前に入っているから大丈夫だろうと思うが、調子良くないし、と。

こういうのはよくない。

下郷駐輪場3時間、美祢高校3時間30分。まあまあ。

ただ、どうも気分が乗らず落ち着かず。 

真夜中は冷え込む。途中の道路標示は7度というのがあった。

 今回全体的に寒くて汗をかかないけれど終盤休憩すると寒くて難儀でした。

 西寺エイド44キロちょうど5時間。いつもと変わらずのペースで進んでます。

 ここから先最初の山で歩き。走っている人もおりますが、走ってもスピードが出ないんでいつも歩いて疲れをいやすことにしてます。

 Imgp25662ゴルフ場を過ぎて下りになり、ここいら辺は小さな集落がある寂しいエリアで何も目印がなく。暗闇を走るだけ。

 ただ、今年はずっと前後に大勢人がいる。

 競り合ってちゃってます。

 結局最初頑張りすぎて後半つぶれた人が多かったみたい。

 自分も結果的にそうなった組でしょう。

 豊田湖59キロ。ちょうど7時間で到着。すごい人数。40人くらい食事してます。Imgp25652

食事はいつものうどんと塩むすび。うどんはもう少し塩が強いほうがランナーにはありがたいところ。

今回走る前にあまり食べず、道中食べ続けることにした。

内臓は全体的に良好で、佐々並の豆腐までずっとおいしくただきました。

コンビニで買うとかはせず。大会提供の食事でちょうどい分量。

寒くて出づらいのを我慢して豊田湖を出て、ウインドブレーカーのフードを上げて走り出す。

幸い風が弱いんで体感の寒さは許容範囲。昨年の雨は冷たかった。

Imgp25682
日付が変わって真夜中、山の中。少し集中できてきて俵山温泉着。
ここは最近毎回ほぼ素通りしてます。何でだろう。

前のエイドから近いからかな。

またまた登り。調子のいい時は走ってたところを歩いてゆきます。

下りもはかどらず。ドーモよくないなあ。

でも去年もだいたいこんなペースだったし。大丈夫でしょう。

大坊ダムのところ、暗くてどう変わったかわからないけどきれいな道になり、途中でダムに出て長い長い下り。

新大坊エイド80キロ。4時10分。去年より20分遅れ。ということはやはり例年並みか。

Imgp25692_2
最近こちらはこの暖かい豆腐が提供されます。

おいしくて、さっと食べて出発。

曇り空で予想外の小雨が降り、寒々とした海辺の道。

相変わらず人がいっぱいいます。

疲れてくると単独走の方がよくなる。周りに人がいるとどうしてもつられるんで。気の持ちようですが、ちょっとしたことに敏感になってしまうのが情けない。

足の方はスピードが出ないなりに均等ペースで進んでいるんで疲れはそうないみたい。
Imgp25722

87キロのCP2旧油谷中学と休憩の海湧食堂着。5時15分。依然去年よりも20分遅れ。

この辺のタイムからすると、後半どんどんスローになったことがわかる。

練習不足ではないと思う。去年はヘルニアで長いのを3月まで練習少なかった。

今年は大江戸、伊豆大島、彩湖を走っていて特に問題なく。

Imgp25712やっぱり霞ヶ浦のフルが良くなかったのかも。

長く走るのは強いほうだけど、普段スピード練習しないから、変な話、フルの方が100キロよりも翌日以降の疲労感が大きい。

ハーフは短時間なんで疲れはないが。

海湧食堂も満員。ビール飲んでいる人いません。皆さん今年は真面目なのかな。

おかゆとトン汁風。

自分にとっては去年の中華丼よりこっちの方がいいです。

大体1/3経過。

« 萩往還250キロ:リタイヤ | トップページ | 萩往還250キロ:千畳敷 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ:山口ー油谷:

« 萩往還250キロ:リタイヤ | トップページ | 萩往還250キロ:千畳敷 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31