« 萩往還250キロ:山口ー油谷 | トップページ | 萩往還250キロ: »

2013年5月 7日 (火)

萩往還250キロ:千畳敷

Imgp25742
夜が明けて本格的な戦いスタート。一晩目は調子の様子見みたいなもので、明るくなってからが疲れや眠気やどこかの痛みが出てきます。

CP3俵島。98キロ。このあたりでもみんな元気いっぱいで島に入る坂も走って登っている。

こちらはのぼりでも下りでも抜かれて自信がなくなっきてます。

ここで無理をしない方がいいことは頭でわかっていても、実際遅れを取ってばかりだと冷静にはいられず。

それでも去年より30分遅いだけ。後半十分挽回できる時間。

こういう心理、困ったもんです。

さて、またまたどんどん抜かされながら川尻岬へ。途中気分転換にTシャツ1枚になり、ちょっと寒いけど眠気覚ましにはなり。

ここまではそんなに眠くない。寒かったからでしょう。

参加した人ならわかると思いますが、この辺はちょうど調子が出てくるか、やばいな、と感じ始めるかの最初の節目。

Imgp25752
100キロ過ぎたぞ、か、あと150キロもあるのか、気持ちで全然違う。

 

今回弱気。

 

でも毎回こんな感じでひたすら進んでなんとなく行くだけだから。

 

大浦漁港で大勢の人とすれ違い、上りを歩かず。

 

農協のところで防寒の雨具を脱ぎ、長袖を取りTシャツ1枚にした。

 

まだ寒いんです。

 

だらだらの川尻岬への道。ながいなあーー。

 

とりあえずついてカレー。

 

ここのカレーは少ない。3回カレーを食べることになるけど、一番ライスが少ないだから2分くらいで食べて出発。8時30分。

 

Imgp25762
棚田、今年はここは田植えが済んでました。

 

相変わらず下りで抜かれ、とにかく立石観音ののぼりまでは走るのみ。

 

案外楽な感じで左に折れて観音様への大変な上り下り。

 

普通のマラニックだとすでに難所級のパノラマアップダウンです。

 

痛いなあ。太ももが。

 

ふと急坂で我に返るとき。

 

 日が出てきて汗をかく。ゆっくり海へ向かってゴーの観音様。。。

 

Imgp25792_4
CP6立石観音118キロ。

 

チェックして、自販機で補給し、さあいきまーす!

 

大体半分で10時。遅いけどまあ許容範囲。

 

千畳敷ののぼりは精神的につらいけど、歩くだけだから実は足的には楽なんだ。

 

何しろ山から海に降りてまた山のてっぺんまで。

 

萩往還のコースは全部こんなもの。

Imgp25802_4

立石観音から千畳敷まで約8キロ。

この間330m上ります。

途中少し平らなところがあるだけであとは急坂。

辛いというより面倒くさい。

ああ、メンドイ。

けど毎年のこと。なんとか歩いていれば終わりはあるもの。

左に曲がってからのすごい道、ここからさらに130m上る。

面白いコースだ。本当。

Imgp25812

千畳敷。125キロ中間点です。11時30分。
立石観音から1時間半かかった。

去年より30分。ベストより2時間遅い。

 

 

 

 

« 萩往還250キロ:山口ー油谷 | トップページ | 萩往還250キロ: »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ:千畳敷:

« 萩往還250キロ:山口ー油谷 | トップページ | 萩往還250キロ: »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31