« 萩往還250キロ: | トップページ | もろやまトレイルラン »

2013年5月11日 (土)

萩往還250キロ:中断

Imgp25912
玉江駅で30分ほど寝て出発。

何度も通った道なのにどうも自信がない。前に人がいるのをみて一安心。

去年からCPになった浜崎緑地公園。

寂しくて、見落としそうなところにあります。

もうすこしで200キロ。あと50キロ。普段ならなんともない距離なんだけどどうにも遠く感じられた。

歩こうとは思わず虎が崎へゆっくりとラン。この辺まで来ると走力関係なく、根本的なダメージがなければそれで十分。

それでも、ここから虎が崎までの9キロに1時間半もかかった。時速6キロになっている。明神池から歩くし。

玉江で寝たせいか眠くない。去年は笠山ののぼりを夢遊病状態でまっすぐ歩けなかった。

Imgp25922虎が崎のカレー。207キロまで来ました。

5月4日2時過ぎ。

ここ3年は虎が崎で仮眠してたが今年は寝ずに出ることにした。

時間が遅いし、去年ほど寒くもなし。

でも明神池崎のバス停留所の小屋は今年も入ってみた。

寝るのに格好の宿。木のベンチで暖かい。

後ろ髪をひかれながら出て東光寺へ。

このあたり、寝るつもりはないのだが、寝るのにいい場所はないだろうか?だけ考えながら走っている。トラックの荷台とかどうかな、などと、頭が錯乱している。

虎が崎から東光寺、後でタイムをみたら8キロに2時間かかっている。走ったつもりだが。

振り返ると、このあたりで体が傾いていたんだろう。

この後往還道に入ったらはっきりとおかしい。

Imgp25972体が左前に傾いて前に進まない。

特にのぼりだと前のめりで全然進まない。

前から140キロ、70キロの人が出てきてすれ違う時、みんなから「大丈夫ですか?」といわれるようになった。

それくらい傾いていたんだろう。

前回、雁坂峠越えでなったときはなんとか歩いて乗り切ったが、今回まずいことに一升谷とか傾斜ばかり。

本格的に進まなくなってきた。

「夕方までに実家寄るためには遅くとも12時ゴール」が難しくなってきた。

こういう条件を付けるのは良くない。

Imgp25982一升谷を下りるところで、佐々並で止めよう、と思い始める。

途中、北海道さん、OBさん、Rさんに抜かれて、前半一緒だった人も声をかけてくれるがどうしようもない。

320キロのYさんが前から来た。どないしたん?

佐々並着4日10時10分。あとちょうど制限時間まで8時間ある。

あと15キロ。正常ならここから3時間あればゴールできるが。

今日の調子だと休み休み歩くしかない。

今のところ痛みはないが止めることとした。

本部に電話して、テントの人相談。11時30分にバスが来るとのことでそれに乗ることに。

どんどんランナーが来ます。

11時過ぎに具合の悪い人が出てその人を送る車が臨時に出、それに乗ってゴールまで。

みなさん余裕で歩いてますね。

 着替えてもまっすぐ歩けず、これはまずいかな。

が、夕方実家に着くころには普通になってしまった。家の人に気づかれないほど。なんだったのか。

来年一から出直そう。

« 萩往還250キロ: | トップページ | もろやまトレイルラン »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ:中断:

« 萩往還250キロ: | トップページ | もろやまトレイルラン »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31