« 萩往還250キロ:千畳敷 | トップページ | 萩往還250キロ:中断 »

2013年5月10日 (金)

萩往還250キロ:

Imgp25822
千畳敷からまっすぐ降りる。

ここまでちゃんと走っていないんでさほど足に来ず。

珍しく誰にも抜かれず日置到着。

今年はガラッと生徒さんが入れ替わって、お兄さんとそのしもべみたいな構成。

中一くらいかな。女の子がカップめんを作ってくれる。

さて。10分休んでスタート。

ここからは毎年休まないようにしてます。黄波戸ののぼりも走って、仙崎までノンストップ。

長門市内は短いな。なぜか跨線橋、今年は階段でなくて路側帯を走るよう矢印。階段で良いと思うが。工事中でもない。

Imgp25832
仙崎。143キロ。

大体あと100キロと思うとずいぶん来た。

ここで14時。

荷物を置いてスタート。

暑い、というほどでもなくとりあえず出る。

この辺、とにかく急坂以外は止まらず走ること。

すれ違いで知っているランナーが前から時々来ます。

ここですれ違う人たちは36時間ペース。でも上りでは苦しそうな顔。

Imgp25852静が浦キャンプ場。

2回目のカレー。

Imgp25842



お腹は減っているので往路で食べて水を大量に飲んで鯨墓へ。

ここいら辺は遅いなりにちゃんと走れていたんだが。

どこから体が傾いたんだろう。

Imgp25862

鯨墓153キロ。15時40分着。

そんなに疲れていないです。

なんで帰りの坂も走って上り、自販機で水を買うだけで仙崎までずっと走り続け。

足は動くんだけどはかどらない。

もどかしい気分で青海島脱出。

仙崎に帰還。17時過ぎです。

あとは平らな道を12キロばかり宗頭まで。19時過ぎに宗頭到着。

旧知のOさんにローソンのところで会って宗頭までご一緒。

ブラブラ歩きながら進んだんで辛さが紛れました。

Imgp25882


風呂に入らず洗面所で体を拭いて着替えて食事。

足の方はまあまあで、眠気もないから早く出ようと思うが、外が寒くて気が乗らない。

おにぎりと味噌汁を食べてじっと周りの皆さんの会話を聞いて10分くらい。

なんかこの。

高揚感というか、やるぞ、という気分が出ない。

多分これがリタイヤした最大の理由でしょう。

20時頃出ると、北海道から来た女性が、道に不案内なので一緒に、と三見駅まで同行。

この方2回目だそうだ。

止まらず、ずるずるっと三見へ。

後で往還道で話した方、ここで一緒で、すでにその時体が左に傾いていたそうだ。

Imgp259023年ほど前に一度ウルトラの終盤で体が傾いたことあり、癖みたい。

こんな早い時期に始まっていたとは。

三見で北海道さんは寝るというので一人出発。

玉江駅。23時25分着。この梅の酒に漬けたのが去年もおいしかった。

そんなに眠くなかったけど、毛布があって思わず寝た




« 萩往還250キロ:千畳敷 | トップページ | 萩往還250キロ:中断 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ::

« 萩往還250キロ:千畳敷 | トップページ | 萩往還250キロ:中断 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31