« 雁坂峠越え143キロ② | トップページ | 小説 »

2012年9月17日 (月)

雁坂峠越え143キロ③

Imgp20942ここにはずいぶんランナーさんがいます。

会話を聞くとリタイヤする人も。西武秩父駅すぐそばだから。

うどん、おかゆその他がここの食事。うどんとスイカを食べる。

休まず来たんださすがに疲れた。

のども乾いた。ひたすらコーラ。

休んでいても仕方ないんで8分ほどで出発。

前を行くランナー多数。みんな元気坂を上って行きます。

ここのところが隠れた難所で、正丸峠ののぼりは歩いても走ってもスピードはそう変わらないけど、この緩やかなのぼりは歩くとべらぼうに時間がかかる。10キロある。

ただ、制限時間までまだ間があるから歩いている人もいる。

Imgp20972
何も感想ないです。このあたりは。ひたすら家路を急ぐ車の横を走る。

目印も何もなく。

いくら走っても同じような景色。

芦ヶ久保駅まで7キロ弱。ここが半分。

根気がなくなり自販機でジュースを買って飲む。山で会った年配のランナーがマイペースで抜かしていった。

ようやく赤松トンネルに入り、そう遠くない正丸峠への分岐。

ここは大体歩きます。歩きながらチェックすると、太もも、ふくらはぎ、足裏がつらい。歩きは回復になるんで無理せずに大部分歩いてCP6到着。20時29分と今までで一番早く着いた。

相変わらず元気で不思議なコスチュームのスタッフがいてラーメンをもらう。

歩きで足も回復したし、食欲もあり、休憩5分で出発。去年はここで15分寝てたなあ。

Imgp20992小走りで正丸峠へ。

峠のお店まだ電気ついている。

ここからの下りがいつもながら長い。いくら走っても単調なだらだら坂。

こんなに上ったっけ、と思うほど延々と進む。

それでも今年は足が元気なんで下りを楽しむ余裕があり、どんどん駆け降りる。

終わりのない道はない。やっと国道に合流して緩やかなくだり。

ここもまた長い。真っ暗闇の中孤独で退屈な一人旅。

エイドのあった地形は覚えているので次の曲がり角かな、と期待するが全然出てこない。

自分では快調に走っているつもりでもスピードが伴わない。

やっとCP7ロックガーデン110キロ着。22時ちょうど。この11キロに1時間半かかった。

それでも去年より1時間以上早い。あと33キロを4時間30分でいって余裕で自己ベスト更新できる。

Imgp21002_2
ここの主催者は女将。

初参加の時からのおなじみで、去年はクタクタでみっともなかったが、今年は元気に到着できてうれしい。

女将の顔を見たらお腹が空いて、うどんをおかわり。フルーツポンチも食べる。

ここまでくると食べない人が多いのでおかわりに喜んでくれた。

やっぱりウルトラは食欲が大事、と話して出発。

あと33キロと考えると憂鬱な距離なんだが、ここからは歩道も整備されて下りで走りやすいことは走りやすい。

余分なことを考えずひたすら進む。

でも、それにしても暑い。

廃屋の車庫に板が置いてあったんで道から陰になり、ここでタイツを半ズボンに着替えた。少し涼しくなる。

30分走って水を飲みまた走る。

ちょうどCPの中間点に私設エイドさんがいた。小江戸の主催者の方がいる。冷たいコーラと水。よみがえる気分。

Imgp21032飯能は遠いな。。

気分が折れそうな頃にやっと最後のCP8着。23時58分。

なんと6人もランナーがいる。

いくら丼を地面に置いて食べていたら雨が降ってきた。

予報だと多少崩れるといっていた。

エイドが満員なんで食べたらすぐに出る。

あと19キロ。

最後だと思って気合を入れたら足の方もついてくる。心強い。

なじみの道をひたすら走っていたらいつの間にか圏央道に出た。ここからあと10キロだ。思わずはかどって気分よく進むが、さすがに頑張りすぎで疲れが出てきた。給水休憩が増える。

川越市の看板のあたりから雨が激しく。雨で涼しくなればいいが、蒸し暑いだけ。自販機で水を買う。冷たい水で生き返る。

真っ暗な霞が関小学校過ぎる。早く終わらんかな。

最終盤、本田の工場のあたりで本格的に失速してきた。走っても進まないんで入間川の橋は半分歩き。

川を渡ってから遠い。幸い、新ルートの右折はスムーズに曲がれてもうゴールまで1キロ。

20時間26分でゴール。143キロになってからの自己ベストを30分以上更新できた。秩父からの後半を休まず走れたのがよかった。新しい靴も快適。

スタッフの皆さんお世話になりました。

« 雁坂峠越え143キロ② | トップページ | 小説 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

長丁場レースお疲れ様でした、途中のラーメンがとてもおいしそうです。
20時間の間に結構食事してますね、食べないと山を越えて何十キロも走れませんよね。
次のレース予定はありですか?ゆっくりお休み下さい。

ありがとうございます。
今回最後まで走れたのは始終食べられたことだと思います。
飲む方はいつも冷たいビールをたらふく飲んでいて胃は強いんで。
ウルトラは総合力だとつくづく思いました。
足はやっぱり練習次第ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え143キロ③:

« 雁坂峠越え143キロ② | トップページ | 小説 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31