« 更新できず | トップページ | やりすぎた »

2012年7月 4日 (水)

丹沢ハイキング

Imgp19362
ちょっと古いですが6月最後の土曜Bさんご夫妻と丹沢へ行きました。

 トレイル以外の山登りをしないので、丹沢というと北丹沢トレイルに参加したことがあるだけ。

 Bさんは山のベテランなんで全面的についていくことにして出発。

 新宿で待ち合わせて小田急の渋沢駅で降りるところまでは普通。

 でもここから後が違って、駅で着替えて登山口まで5キロほどランニング。緩いのぼりです。

 バスに先着したみたい。 

Imgp19382
塔ノ岳にいくのに迂回して右の方、行者が岳の方向にのぼり。

こちらはハイカーが全然いなくて、その代わりのぼりがきつい。

上の方はガスで全然視界が開けず。

汗だくで上るものの、山の中は止まると涼しいくらいでコンデション的にはOK。

こちらルートは山小屋が全部しまっていて幸い涼しいから水が切れるということもなく進んでいきます。

 正直どこを歩いているのかわからないけどとにかくごつい岩山にぶつかる。

 

Imgp19402_2こういう感じ。

 丹沢は修験道の山なんでしょうか。隣は大山だからさもありなん。

 




登山道も普通に歩けないところが出てきて渋滞。

 

登り始めて2時間半。休憩とらずのぼりつめてひたすら歩いてます。

 

Imgp19422_3
途中ヤビツ峠から来た大勢ハイカーが来てとても走れる状況でなくなった。

ましてやこんな崖で。

ゆっくり歩いてみんなについてゆく。

若い女性は山ガールの衣装がほとんどで目立ちますね。

ランナーも時々。

こう人がいると走っていいものかちょっと悩むところ。

Imgp19452Bさんは日本に来てから忙しくて走る時間なかったんで、久々の解放感からどんどん先に行ってます。

 塔の岳到着。山頂の手前で鹿が一生懸命葉っぱを食べていて人気を集めている。

 ガスでうまく焦点が合わない。そろそろカメラを変えた方がいいかな。

 さすがにタフカメラで頑丈。ただ、ピントが合いにくくなってきている。

 特にこういう光が十分でないときだめ。

 塔の岳12時30分。3時間半でたどり着きました。

  

Imgp19462_2
山頂はJRの駅前みたいに人がいます。さすが山岳シーズン。子供さんも大勢。

 小学生さんたち、ここまでよく登ったもんだ。

山頂は完全に雲の中。文字通り何もみえず。梅雨時だからしょうがない。

 

山頂の山小屋は食事つき7000円と案外安い。

Bさんは山小屋のカップヌードルで腹ごしらえ。

こちらはいつも通り動いているときお腹空かないんですね。不思議。

Imgp19482
山頂に20分滞在して下山。

ひたすら降りるんですが、とにかくハイカーが多い。

前後を見ながら慎重に走り降りる。

こちらのルートの山小屋は全部空いてます。食べ物もいろいろ。

横目に見ながら降りていたら、「どれでも100円」という看板があり。

思いがけず安いんでジュース1本。座っている人が灯油のポリタンクを3つ運んでいて、毎週やっている、というのでびっくり。

出発の時ポスター見たら山登りのチャンピオン、神様、みたいな人との紹介があり、またびっくり。

世の中すごい人いますね。

下りきって14時過ぎ。銭湯に行きましょう。どうしよう、と相談する意味もなく、また7-8キロ走って銭湯にいきます。

スーパー銭湯「湯花楽」は途中から登山客で大繁盛でした。

Imgp19502
銭湯で飲むのを我慢(?)して渋沢駅前の「渋沢漁港」で乾杯。

聞けば、ここは小田原や二宮や海が近くて海鮮が売り出そうで。

八丈以来のトビウオ刺身を賞味。

このお店15時から開いていてお勧めです。

« 更新できず | トップページ | やりすぎた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢ハイキング:

« 更新できず | トップページ | やりすぎた »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31