« 萩往還250キロ①いろんな思い | トップページ | 萩往還250キロ③節目の黄波戸 »

2012年5月 6日 (日)

萩往還250キロ②豊田湖まで

Imgp159325月2日午後。前日からの小雨が説明会の15時ごろには上がっており、空が明るく感じられた。 

ところが、説明会終了時に降り始め、16時頃には大雨。
18時のスタートの時小雨。天気予報だと今晩小雨で、明朝から曇り。
山の中は雨を覚悟しないと。1日目は体が動くんで多少寒くてもOKです。

 4つ目のウェーブでスタート。18時8分ごろ。 

最初の上郷駅エイドまでは毎年そうペース変わりません。みんな元気いっぱいで普通に6分/キロくらいで走っています。
上郷駅19時22分着。
Imgp15962 昨年腹の調子が悪くて序盤悩まされ、今年は30日から酒飲まずのせいかいい感じ。湯の口エイドでおいしくおにぎりをいただく。
毎回ながら1日目の夜、真っ暗な自動車道が多くて記憶に残らず。
自転車道のカエルの声とか。ほかの方の感想記をみてもコースについてほとんど触れていません。

ちょっと遅いかな。(←)下郷28キロエイド着が21時15分。去年は21時前に通っている。しかも去年はこのエイドに寄らなかった。

 この時点では霧雨が少しある程度。エイドのスタッフも傘さしたり、フードかぶったりしてません。 

Imgp15992PENTAXのタフカメラ、こういう悪天候に強いし、落としても壊れないのでマラニックやトレイル向きだが、その分カメラとしての性能が低い。
夜だと感度が低く自動焦点が効かずにピントが合わない。光が流れてしまう。

(←美祢高校前エイド32キロ)

なんで遅いんだろう。というか、去年の出来が良すぎたのかな。始まったばかりだから気にしない。去年は宗頭まで思いがけず速かったけど、そこから眠くて失速している。
勝負は後半。

 高校前からずっと幅の広い道を行くんですが、途中歩道のないところが2キロくらいかなあ、あり。車が前から来てあわてて避けていく。ただ、少し歩道が増えたかな。

 Imgp16002 西寺エイド44キロ着。23時15分。ウエーブ時間を引いて去年よりも30分遅い。いやはや。去年はなんであんなに飛ばしたんだろう。飛ばせたんだろう。

 と昨年を思い返したら、去年は震災で3月以降大会が全部中止になり、ずっと走っていなかった。そもそも萩往還、5月の大会中止になるんでは、と予想していたので通常開催で久々に走れるうれしさがあった。
久々の大会で練習も結構していた。
 

今年は1月のヘルニア以来どうも長い練習ができず。小江戸91キロ、12時間走、彩湖と年明けから100キロ以上走っていない。宮古も今年行かなかったし。 

とりあえず無事ゴールすること。できれば40時間切りたい。過去の例から見てアクシデントが無ければ40時間は切れるはず。 

西寺でコーラとそうめん2杯。去年もそうめん2杯。 

西寺につく前から雨が降っている。ここまで緩やかながら登ってきており、西寺となると二本木峠よりも標高が高く。要は、山に入ったんで雨が降っている、ということ。
この後もずっとそうだった。山に入ると雨、霧、海岸に降りると強風。上海のDecathlonで500円くらいで買った赤いポンチョ着用。防寒にもなる。

 西寺出てすぐに登り。序盤これを楽しみにしてます。ここは走れない、走っても歩いても変わらない勾配で当然歩く。大手を振って歩けるのがうれしく。
登りは好きだし。
 

真っ暗で初参加のランナーに同行を求められ話しながら行く。今年は初参加の人によく会った。初だが走力があり前の方にいてルートが不安、という方が多く、難所を過ぎると別れる、というパターン。終盤何人かと再会したが、みなさんかなりいいタイムで完踏してた。 

Imgp16022_2 さて、雨は強まる一方。のぼりが終わり下りになり里に下りるもむしろ雨脚強くなり。盆地は霧の中。

同行の方がぼやき始める。
こちらも慣れているとはいえ、まさしく五里霧中で足元だけ見て走るのはつまらない。

いつのまにか一人になり、普通に走っていたらY字路に。記憶にないが太そうな右側へ行く。これが間違い、左でした。9回目でも間違えます。新しい道っぽい。左側に明かりが見えてコースアウトに気づき、5分くらいロス。

雨がすごいことになってきた。

 半月前に大雨彩湖70キロ経験していたんで精神的に落ち着ける。雨は体を冷やすから疲れにくい。あの時靴がずぶ濡れでも肉刺はできなかった。このポンチョ、薄いけどよく風を遮る、など振り返りながら。

 また初参加の人と一緒になり、腹減った、というので、もうすぐうどんだよ、といいながら豊田湖畔公園着(←)。58.7キロ。1時ちょうど。去年より25分遅れ。でも悪くないです。1時なら。
Imgp1603うどん。おにぎり2個付。どこのえいどの食事もさっと全部平らげるのにここは毎年うどんだけでおなか一杯。おにぎりはお返ししている。
始まったばかりでまだ空腹でないみたい。

広い食堂内一杯の人。全般的に高速モード。雨で気温が低いと急ぎたいし、体を温めたいし、どうしてもハイペースになりやすい。
もちろん後半これが効いてきます。

« 萩往還250キロ①いろんな思い | トップページ | 萩往還250キロ③節目の黄波戸 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ②豊田湖まで:

« 萩往還250キロ①いろんな思い | トップページ | 萩往還250キロ③節目の黄波戸 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31