« 萩往還250キロ④宗頭で一休み | トップページ | 奥多摩トレイルラン »

2012年5月 7日 (月)

萩往還250キロ⑤終わってしまえば何もかも

宗頭を出たのが19時55分。
あれ、仙崎で話した、20時前に宗頭を出発して14時間で40時間切り、の形になってる。。。
言った手前グダグダになったらお二人に恥ずかしいなあ。と思いながら。
こんな風に好きに走ろうと思いながらも目標なしだとつらいから自然に作ってしまうもの。
でも75キロ14時間は休み休みで十分間に合う。
 

Imgp16282_3 

今回走り出すと雨が降る。それまで上がっていたのにスタートしたら雨。また夜の雨か。ポンチョのフードを上げて走る。幸いあんまり寒くない。

 (←いつもながら遠い藤井商店)
雨が本降りになってきた。これから山越えだというのに。

 前におひとりランナー。あとはおらず。その方も途中追い抜いて一人旅に。真っ暗な鎖峠。下り坂。霧に包まれてます。
 それでもちゃんと寝たんで気持ちがしっかり。止まらずに。だってこんなところ一刻も早く抜け出したい。
 

 足首はちゃんと鎮痛剤が効いているのか痛みがそれほどでもない。むしろ下り続きで太ももが疲れてきた。毎年、俺は何をやっているんだろう、という思いにとらわれるエリアです。 

Imgp16292 

(←三見駅)188.5キロCP9。21時40分着。この12キロほどに1時間45分。大体こんなもの。いいんじゃないの。

去年までチェックの看板だけで寂しかった駅にスタッフの方5-6人詰めて明るいエイドになっている。やっぱり出迎えていただくとうれしい。とてもフレンドリーな方々で話好き。
飲み物をいただきチョコレートを食べて出発。

 一人だと心細い、という方とここから同行。最近は慣れたけどあの真っ暗な森は本当にいやなもの。特に寝不足だと一番幻覚をみる場所で、今年は雨で特に暗いから海に出るまでご一緒。

 海に出てから何回も何回も渡る踏切。いつもの何も考えない作戦で足元だけみながらひたすら進んでやっと玉江駅195.4キロ。22時40分。7キロに1時間かかった。

 疲れてきた。睡魔も襲うし。このエイドは4日2時からのはずがもう人がいる??

お一人でエイドをやっている方に聞いたら、18時ごろここでリタイヤの人が出た、という連絡があり来た。せっかく来たからそのままエイド始めた、と。
大変なラッキーです。このエイドは期待していなかったんで。

 梅の酒漬が山盛り置いてあって、これがおいしい。疲れたときは酸っぱいもの。

 床に一人ランナーが毛布かぶって寝てます。寝たいな。 

Imgp16302
さて、この後新しいCP浜崎緑地公園へ向かうと、まあ、萩城あたりからの海辺は寒いこと。強風に雨脚が強く。うんざりしながらチェック。時間忘れました。

 (←CP11虎ヶ崎207.3キロ)
 ここからちゃんと走っているつもりでも毎年全然はかどらない。玉江から虎ヶ崎まで12キロ。2時間以上かかり、0時45分着。何でだろう。笠山の登り下りだろうか。

 玉江を出てから急に眠くなり、笠山を歩いていたら眠くてまっすぐ進めず。
いつも通りお店で寝ることに。それを楽しみに進みます。

 チェックして入るとお仲間が4人ほどいてカレーを食べてます。

 Imgp16312

 ここのが一番辛い。量も多い。腹減った。宗頭の食事から6時間たっている。あっという間に食べて、大盛りにしてもらえばよかった。

 食べたら早速、すいません、奥を貸してください、と横になる。

 この時も目覚ましかけず寝たが20分で目が覚めた。何であんなに眠いのに寝入ってしまわないんだろう。

 またまた風雨の中、山道を行く。こんなに長かったかな、と不安になるころ舗装路。ここのトイレにも毎年入ります。大きくてきれい。

 明神池の先200mくらいのところの右側に越ヶ浜のバス停があり、この待合小屋がいかにも寝るのにちょうどよさそう。扉まであり、ベンチは木で長く。さっき寝たのに思わず入って横たわり1分ほど休んでしまった。

 そんなことでもしないと気がまぎれない。この疲れと雨風。

 トコトコ進んで東光寺方面へ左折。すると前を走っていた人を追い抜いたらそのまま後ろにぴたっとついてくる。道が不案内なんだろうけど無言で真後ろにつかれるのは気分がよくない。
一度立ち止まったらその人も止まる。変な人だ。

 CP12東光寺2時30分。

 この後新しいCP13陶芸の村がなかなか見つからず。。まさか下にあるとは思わず。迷っていた後続ランナーも増えて5人であーでもないと、寝不足の知恵で話し合うもんだから余計混乱。10分以上迷いました。

 なんとか越えてバイパスのコンビニに寄り食べ物買って往還道へ。140キロの選手がどんどん来ます。この辺も雨で眠いからあんまり記憶なく。道がぐちゃぐちゃだなー。走れんや。これじゃー。
Imgp1632
それでも足はまだ動くから歩いているうちに明木市着。5時。何でまだ夜が明けない?

エーっと。あと23キロで、40時間切るには10時だから5時間ある。でも一升谷があるんで油断はできんぞ。また眠くなってきたからどっかで寝そうだし。

案の定、一升谷に入って歩いたら眠くてもうダウン。

なんとか八升目までいったら小屋があった。

 しかも上にきたら激烈な雨。我慢できず小屋に入る。ちょっと寝ようとするが寒くてとても寝れない。それでもあんまり激しい雨でしばらく雨宿りすることにした。

 どうしようかなぁ。雨やむまで待とうか。でもあと20キロ。坂もかなり上ったし。。。

 あんまり寒いんでトイレに入り寒さを避けるが、旧式トイレなんで臭いが。
そんなところに立て籠っているのがばからしくなり苦笑いしつつ、6時30分出発。雨、雨、雨。

 Imgp16332
やっと一升谷を抜けて、舗装路はいいが、山道はこの通り泥だらけ。帰って靴を洗ったら泥雑巾のようだった。

 このあたりは普段でもはかどらないのが当たり前。5キロ/時間も出ればいいところです。残り短いから焦らず。幸い(?)寒くて雨が強く、眠気が吹っ飛ぶ。

 Imgp16362

 

泥んこ遊びを楽しむ。

 

Imgp16372

佐々並手前の千持峠、晴れているといい感じのハイキングコースなんだが全編ぬかるみ。

 

ここでも何も考えない作戦。ひたすら次の一歩だけを見ながら前へ前へ。

佐々並到着!7時35分。

豆腐がふんだんに待ってくれてました!

この気候。お天気談義します。それにしても去年までこんなに若い子いましたっけ。とっても楽しい3人娘さんが元気よく飲み物をくれます。

 

さて。あと15キロ。ここからは舗装が多いから大体2時間15分くらいでゴールしている。とするとちょうどいいや。さて、と走り始める。

 ホントいつもながらここから先は元気よく走れる。もちろん前からくるランナーさんに格好つけたいのもあるけど、ここまで山ばかりで走っていないから足が回復している。

 Imgp16382
夏木原を過ぎて板堂峠。さすがに疲れて歩く。余裕があると思ったけど、雨の石畳ははかどらず。

 いつもながら下りが速い人がぴょんぴょん抜いてゆく。こちらは足も痛いし。一歩一歩のろのろ。これも毎年のことだからあせらずのんびり。ゴールは逃げない。

 六軒茶屋のところで写真を撮っている人が(こんな雨の中?)いて、少し話す。どんな練習するの?こんな距離で。とか聞かれた。

 先を急ぐんでお別れしてよちよち歩きで何とか天花畑に。9時20分。

 ここからは舗装路を下るだけ。ここまで来ると元気でマスネ。 

Imgp16392 

到着、到着。ゴール手前の坂道でみんなが、がんばれ、40時間切りーーと励ましてくれる。

 うれしいなあ。去年は朝早すぎて参道で迎えてくれた人4-5人だった。やっぱり大勢の人の中をゴールするのはいいものです。

 なんとか40時間切れました。

 去年より遅いけど、なんとなく自分のやり方をつかんだ気がしてうれしい。

スタッフの方々、お世話になりました。今年も無事帰って来れました!

 

 

« 萩往還250キロ④宗頭で一休み | トップページ | 奥多摩トレイルラン »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

長旅お疲れ様でした。私の友人も250キロ初参加で44時間完走、来年も出るそうです。。。脱帽です。

お友達初参加ですごいです。
飽きないんですよ。ほんと。毎年出ても。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ⑤終わってしまえば何もかも:

« 萩往還250キロ④宗頭で一休み | トップページ | 奥多摩トレイルラン »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31