« 大江戸のさわり | トップページ | 八丈島① »

2012年3月18日 (日)

板橋シティマラソン

Imgp14152 荒川市民マラソン、と言っていた時期に2度参加したことがあります。

 まだ東京マラソンがなくて、東京唯一の本格的市民フルマラソンだったからすでに1万人以上参加者がいるマンモス大会でした。

 今回、更にスケール拡大。フルで17000人。

 あのころまだ埼京線が無かったのかな。三田線で行ってます。

 あと、2002年のメモを見ると、3月24日開催。すでに桜が満開、とコメントがある。

 今年はなんでこんなに低温が続くのだろう?

 今日は曇りで、気温だけは上がってスタート時で10度くらい。昨日は悲惨な雨で震えていたのを思うとうれしい。

Imgp141929時スタートで、会場最寄駅が新宿から20分くらいと便利なので、始発とかでなく、普通に家を出れば間に合います。

 広い運動広場。昨年走った時東京都の高校駅伝大会やってました。

 場所が広々として、ビニールシートを広げて着替え。

 荷物を預けて30分前にスタートへ。長袖と半袖のシャツ重ね着しようか、と準備してたら曇天で湿気が多い。

半袖シャツ一枚で発走。いつものぴゅーぴゅー北風が奇跡的に無く、走り出したらこれでちょうどよかった。

 こんな冬の荒川珍し。

Imgp14212コースは。首都圏のランニング好きな人なら荒川のどこかは走ったことありますよね。

 このレースは、板橋から下流に向かい、きっちりハーフで折り返して戻る。

 ありそうで滅多に無い完全折り返しフルマラソンコース。無いよなー。他に思いつかない。

 同じ景色を2回見て、長いランナー同士のすれ違いがあり。
 でも人が多くて知りあいを見つけるのは一苦労。

 スタートして当然最初は転ばないように慎重に。でも、申告タイム順に並び、日本人は真面目だから遅い人が前に並ぶ、ということは少ないから案外走れます。

Imgp14232 埼京線からスタートして、京浜東北線をくぐり見慣れた岩淵水門。

  上り坂でちょっとばらけてもすぐに混雑。

 ヘルニアの練習不足&体力低下は青梅マラソンと小江戸マラソンでほぼ解消されたつもり。

 でもスピード練習していないからタイムは??

 とりあえず3時間30分は切って安心したい。

 最後にフルを走ったのつくばが3時間40分近くかかり。その後1月に2本フルのはずがダメになり、ヘルニアになり。なんだか急に衰えた気がして。

Imgp14272 腰が悪くて走れない間とりあえず、と少しダイエットしたんで体が軽いみたい。

 最初の方ちゃんと走れた。10キロ50分。ネットで48分30秒くらい。渋滞の割にまずまず。5キロから10キロ24分。大体4分45秒/キロくらいのペース。

 何しろ景色が楽しめないんでタイムを見るくらいしかやることもなし。

 中盤以降頭の中が白くなるんでいいとして、最初の方は1キロごとタイムを見る。

10キロー15キロも15キロー20キロも24分。ペースが落ち着いたようだが、内実は少し違って、16-17キロあたりから疲れてきた、というか、このペースだと後半ばてそうな気がしてきた。

Imgp14292_2 全然オーバーペースでないのに気が弱く。やっぱり場数が少ないんで消極的。

 総武線の下をくぐった先で折り返し。

 ハーフ1時間43分30秒。ネットで1時間41分切るくらい。残り1時間50分でちょうど3時間半。

 結局前半の貯金を後半使った、というところ。

 半分走ってなんとかなりそうな気がして。ここで更に緩む。

 時々あるんだが、少し遅くして姿勢を見たり。など。

 おかげで20キロー25キロは25分かかった。これくらいの減速でもランナーが多いからどんどん抜かれて大失速したような気分になる。

  25キロー30キロは25分14秒。失速気味の人。残り少なく活気づく人。

 30キロ地点で2時間28分、ネットで2時間26分。

Imgp14322 残り10キロあたりになると失速ランナーが増えてきて何となく自分が速くなったような錯覚。実は30-35キロの5キロが一番遅かったのに。

 これがいいように作用して、頑張ろう、という気持ちがまた出てきた。

 全く。長距離はメンタルが大きい。

 みんなきついのはやりたくないから何かでまじないや催眠術もどきの暗示をかけて、「痛いのは気のせいだ!」状態に持っていく。

このマラソン名物のシャーベットが35キロ付近にあり。

 大会はエイドはたくさんあります。今回いつになく腹が減っておにぎりを食べる。

 寒いんでシャーベット人気なし。走りながら食べるが冷たくて頭がキーンとする。当然スピードが落ちたけど、まあ、ここで2ー30秒違っても大勢に影響ないし。

Imgp14332 35-40キロ、25分30秒くらい。ばててきているが落ち方は緩い。

 普通に走ればもうなんとかなるわ、となり。実際に足も動かなくなりつつあり。

 みんな最後のスパートを始めて後ろからどんどん抜かれる。

 40キロにきても大勢の人が並走しているんです。

 40キロの写真、3時間19分11秒、とある。スタートゲートまで1分40秒くらいかかったからネットで3時間17分30秒というところ。

 いつもそうだけど、40キロからの2.195キロがつらい。
 もう少しのところで右足がつりそうな感じが出てきたり。なかなかこの距離は簡単ではないものです。

Imgp14342 3時間30分10秒くらいでゴール。ネットは3時間28分ほどなんで大体思った通りで終了。

 いつもながら終わってしまえば呆気なく。それでも、ゴールして止まったらいつものようにふくらはぎが痛い。

 風が無くて温度は低すぎず、いいコンデションでした。

 文字通り、続々とゴールしてきます。みなさんいいタイムだったようで笑顔。

そういえば、ゴールの東側でイベントやショップがあるんだけど、ゴールしてからそちらに行こうとするとランナーがいて不便。面倒で止めました

Imgp14362 逆にして、東側にゴールして西側でイベントやると人がもっと行きやすそう。
 その分折り返しを少し下げる。

 浮間船渡駅まで無料バスがあるんですね。13時始発で列作ってます。

 1キロほどだけどレース後なんでみんなバスを見たらうれしそうに乗り込んでました。

 

« 大江戸のさわり | トップページ | 八丈島① »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋シティマラソン:

« 大江戸のさわり | トップページ | 八丈島① »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31