« 久々のウルトラ | トップページ | 小江戸マラニック② »

2012年3月 4日 (日)

小江戸マラニック①

Imgp13552 小江戸大江戸マラニック。

前半、川越から荒川沿いに熊谷ー深谷まで行って西に折れて寄居ー小川町から国道254号線を通って川越まで戻り91キロ。

 後半はR254を東京に向かって池袋ー日本橋ー深川ー葛西臨海公園。船堀街道を北上して環七に入りまた荒川に出て川越前戻る111キロ。

 全部で202キロです。

 去年100人余り参加で、今年も出ようかな。でもあれ結構つらいし、などど迷っていたらあっという間に定員200人になって締切。

 まだ間に合った91キロの前半小江戸を走ってきました。

Imgp13592川越繁華街の遊湯ランドに集まって、着替え。

 熊野神社に移動して8時スタート。

 去年と違って荒川に出るまでの道が畑の中をくねくねと通って行く。

 この方が走りやすい。

 気温が低いけど幸い風が無いからまだいいかな。

 時々知っている人。どこでも会うガッチャマンとか。

 雁坂の山で一緒だった女性とか。

 関東広いといってもこういう遊びをやる人そう多くないんでしょうね。

 大阪や名古屋から来ている人もいました。

Imgp13612全然けなすわけでないんですが、この大会の最大の特徴は、

 「コースが単調なこと。」

人間、単調に弱いのです。目の前に難関があってそれを一つ一つクリアしてゆき、いつの間にかゴールに。

 というのが一番challngingでexcitingで達成感があり。

 24時間走みたいに同じコースを延々と回り続ける人、心から感心します。

 時間走はタイムと距離が常にきっちり寄り添っているんでそれが目標になります。周回の度にエイドもあり。

 この大会は距離表示が無いし、エイドも前半2つ、後半3つしかない。35キロに一つくらい。

Imgp13642  こう長いと作戦も立てにくくて、足の調子方は予想がついても、体調とか、気候とか。変動要素多く。

 転ぶとか。夜間走だと転ぶことがままあり。

 頭を空にして、エイドがないから、終盤は1時間走ったら3分歩こう、とかそんな大雑把なプランを立てるだけ。

 制限時間長いんで、まあ、かなり歩いても止まらなければなんとかなる、というのが一番いい加減かつ有効な作戦なんですね。

 楽天的な人、あまり考えない人、がこういうのに向いているみたいです。

 最初のうちはこんな小さな矢印テープが貼ってありました。新コース、荒川に出るまで分かりにくいと思います。

Imgp13672 自分は、といえば、青梅マラソンでなんともなかったから大丈夫だとは思うが、腰が痛くなったらいやだな。

 エイドが少ないし、人通りもまばらだし、リタイヤするのも簡単でなさそう。

 ウルトラなんでスピードはのろくてもいい。腰に負担がかからないように荷物を少なくして今回出走。

 とにかく練習不足。最初から足がうまく動かない。

今迄は最初不調でも、途中から調子が出てきてなんとか最後まで歩かずに進めるんだが。

 今回はダメでした。終盤あんなに足が痛いの初めて。

 こちらは立派な私設エイドです。お水をもらいました。

Imgp13682 エイドの5キロほど手前に平和の森公園があり、トイレへ。

 そういえばこのコースはトイレが少ない。トイレに行きたい人はコンビニで何か買って使わせてもらいましょう。

  エイドを過ぎると桜堤通り。花見の季節に来たいものです。

 気温が上がりません。

 堤の途中土手の左下にもトイレがあります。

 堤が終わると荒川の土手にまた上がってここからはずっと土手走行。

 ちょっと風が出てきたけどそう気になるほどでもなし。

 ここ10日ほど3日に一度くらい雨がふるんだが、この日は好天。

 Imgp13692 湿度が低くてあんまり汗が出ない。

 ランナー多くて、ほとんど200キロのゼッケン。

 こういう道に出ると自然にスピードが上がり始め、ここですでに疲れてしまった。

 知っているランナーはみんな冬場は練習不足、体重が増えて調子よくない、と言っている。

 今頃こういう長い大会を開くのはこれから始めるウルトラシーズンの足作りにはとても有効だと思います。

 それにしても、1-2月練習してないし、ウルトラ4か月半ぶり、フルも3か月走っていないから足の持久力がひどく衰えていて、すぐ疲れる。

 去年はこの時点で年明けから2か月で宮古島、勝田に三浦半島縦断、ハーフ2本、30キロ1本と走りまくってったのに。今年はハーフ1本だけ。
 これではだめです。

Imgp13702 最初のエイド熊谷スポーツセンター到着。28キロを2時間53分。

 タイムだけ見ると悪くない。

 実際、このころはアクシデントが無ければ普通に走れるかも、と楽観していたが、当たり前のことながら、走っていないから終盤ばてばてになった。

 エイドで時間記入して5分足らずで出発。

 風が気になるくらいの強さになってきた。

ここから先は本当に同じ景色が広がり、アクセントは右側に見える熊谷市街地のビル群を望むくらい。

 38キロ過ぎで土手から離れます。

« 久々のウルトラ | トップページ | 小江戸マラニック② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸マラニック①:

» 【PetaWalker/ペタウォーカー】 詐欺!?レビュー 暴露 [情報 暴露 レビュー 詐欺!?]
【PetaWalker/ペタウォーカー】 詐欺!?レビュー 暴露見ないと損!! [続きを読む]

« 久々のウルトラ | トップページ | 小江戸マラニック② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31