« 箱根駅伝2区 | トップページ | 駅伝 »

2011年12月11日 (日)

通訳案内士試験:二次口述

Imgp10042Imgp10062   本日二次試験。

 会場は三軒茶屋の昭和女子大。1人1人やるんで長い時間かかり、一日中試験しているよう。

 自分は13時集合組。行ってみると中国語の人ばかり。大体80人同じ時間。

 13時過ぎに行くと1号館7階へ。受付して待合室。

 携帯を切って、会話もいけない、というのでとにかく静か。

 本とか参考書を読むのは可です。

 注意事項があって、大体10分おきに6人ずつ試験に行きます。
 呼ばれて立ち上がって無言で整列して、一列に並んで、点呼受けて行進。なんだか刑場にいく囚人のようだ。

皆さん緊張の面持ち。

 ざっと見ると年齢層が高い。平均40歳くらい?あと、男性が意外に多い。筆記の時は女性ばかりにみえた。
 中国人風の人も筆記の時より少ない

 事前に調べたところでは、質問自体日本人にはさほど難しくない。緊張しない、上がらないことが重要、となるべくゆっくり構える。

 試験は普通の会話をするだけなので特に勉強はしませんでした。

 そういえば会場でなるほど、と思ったのは男子トイレが少ないこと。さすが女子大、とつまらない発見。 

集合して1時間20分後に面接。目安8分というが、もっと短かった気がする。

 入るともちろん挨拶。それから名前と住所を言ってください、と。「世田谷区」なんて中国語で言ったことなかったんで最初「世谷田区」と言いかけて直す。

 中国語で質問と回答、という形で試験が進みます。

質問①:日本では歩道を自転車が走ってもいいとされています。これは諸外国と少し違いますがどう思いますか。

 回答:カクカクシカジカ。。。

 これは時事ネタですね。問題なし。

質問②:以前日本は鎖国してました。これについてどう思いますか?

 回答:いきなり話題が変わったんで念のため「江戸時代の話ですよね」と確認。試験官(中国人2人)は無言でうなづくのみ。
 とりあえず、当時中国とかインドとかアジアは西洋に圧迫されていたから脅威を感じたんでしょうとか、キリストを将軍よりも偉く崇拝するのを認められなかったんでしょう。とか、ありきたりに、。

質問③:311東北大震災についてどう思いますか。

 回答:思うところを言うのみ。

 内容はともかくどんどんしゃべる方がいいらしいんで適当に話続ける。

 これで中国語の質問は終わり。最後に日本語の質問。

質問④通訳案内士になったらどういうことを心がけますか?

 回答:相手の意見をよく聞いてそれに応じた対応したいです。

     とまあ無難な受け答え。

 試験官はにこやかな人でした。

 終わったらまた30分くらい待って解散。多分大丈夫でしょう。

 面接時以外終始無言で独特の雰囲気の試験です。

 
    

 

 

« 箱根駅伝2区 | トップページ | 駅伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通訳案内士試験:二次口述:

« 箱根駅伝2区 | トップページ | 駅伝 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31