« 磐梯高原ウルトラマラソン:前日 | トップページ | 磐梯高原ウルトラマラソン② »

2011年9月 4日 (日)

磐梯高原ウルトラマラソン①

Imgp06252Imgp06302 9月3日 5時スタート。曇りなのにすでに夜が明けつつける。経度的には東京くらいだが、緯度が高いから日が多少長いのかも。

 前日から断続的に雨で、時々強く降る。幸いスタート時は上がっていて、ウルトラの恒例でなんとなくスタート。100キロと65キロ同時スタートで、両方とも200人くらい。

申し込みは100キロ260人だが、少ないように見える。もともと7月9日の予定が震災で9月3日に延期。地震前に申し込んでいた人もいるだろうし、都合がつかない人もいるだろうし。放射能を恐れて、なんて人もいるかもしれない。

 個人的には放射線とか特に気にならない。そんなもよりも、日々のストレスとか暴飲暴食の方がよほど体に悪いだろうと思うんで。

 最初猪苗代の市街地を走る。給水所が案内よりもたくさんあり、地元の人が庭先で水を出してくれたりしている。おかげで飲み物には不自由しなかった。

Imgp06312 猪苗代湖畔へ。どよんとした天気。昨日より風が無くて波が穏やか。

 今回、100キロだし舗装路だし、と荷物をよく改めずにきたんで忘れ物多し。
 絆創膏。これはコンビニで買う。ワセリン代わりのボルダー。仕方ない。靴擦れ、衣擦れしないように祈るのみ。
 カメラの電池充電。スタート時ほとんど残量がない。結局途中で電池切れになった。

 服装はTシャツに短パン。帽子、ウエストポーチ。靴は1月からはいている奥武蔵でも履いたNikeの少し厚いやつ。履き心地はいいんだが、ペタペタ変な音がするのが気に入らない。そろそろ買おうかな。

Imgp06322 湖畔の自転車道。ここをしばらく進み、野口記念館のところで国道49号線に出る。

 100キロはもともと30キロ過ぎから布引高原というところに500mほど上るコースだったが、7月の台風でがけ崩れかなんかがあってコース変更。56.5キロまでいいって折り返して75キロでまた折り返してゴールに行く。

 多少上りがあるが、ほとんど平坦なコースになった。だからか、みんなものすごく飛ばしている。大丈夫か?

 Imgp06352 最初の10キロ55分弱で入る。元々は最初セーブして終盤頑張るつもりだったんで予定が狂って少しあわてる。でも、ほかの人につられているし、足の方は余裕がある感じだし、とりあえずこのままのペースを続けることにした。

 宿の「みなとや」前のエイド。飲み物とバナナ。降ったりやんだりなんでまだ喉が乾かない。少し水を飲む。

 今回、レース前におにぎり2個。結局またレース中はほとんど食べずに過ごした。

Imgp06372

みなとやのところからちょっとした上りになる。スピードが落ちるほどでもないが、ほかのランナーは速度を緩めている。なんでだろう。

 峠を下ると集落。こういうところを過ぎると必ずエイドがあった

 体調は。ふつう、というところ。内臓はいつも通り食べたものが消化されるまでしばらく重たい気がする。

足はこのところ長いのやっていないんで軽め。

Imgp06402雨が強くなってきた。でも案外暑くて、道路の温度計23度。このあと27度くらいまで上がる。マラソンとしては高温で後半暑さに悩まされた。

このあたり、 このまま成り行きでいって疲れてきたらペースダウンしよう、というくらいのつもり。

 会津レクリエーション村。大きな公園だ。早朝で雨。誰もいない。

 Imgp06422 しばらくするとまた湖畔に出る。

 雨が上がり雄大な眺め。こういうところを走るのは気分がいい。ただ、同じような景色が多くて、こうして写真をみてもどこか思い出せない。

 雲が切れると対岸がかすかに見える。大きな湖だ。

 汗をかくのにすぐにトイレにいきたくなる。幸い湖畔は観光地だらけで、途中にトイレがたくさんあるんで困らない。

Imgp06442 20キロ通過。1時間50分。やはり10キロ55分で刻んだ。

 今年の宮古島もこんな感じだったが終盤失速。6月のしまなみ、20キロが1時間53分だったからそれよりも速い。ちょっと心配になってきた。
 自分の力だと100キロはとりあえず10時間切りを目指す。サブテンには理想的なペースだが、前半行き過ぎてろくなことないし。

 このあたり雨が上がって平坦で気分よく走れていることは確か。

Imgp06462 65キロの人がいることがハイペースの原因にもなっている。
 全体的に真剣な顔つきのランナーが多い。

 静かな湖をみながら淡々と走る。平坦なところはとにかく一定ペースを保つことが肝心。

Imgp06492

大きなビニールの樽の水をひしゃくで組んで飲むエイド。これがたくさんある。なんだか皆さん楽しそうだ。

 Imgp06522平坦な舗装路を気分よく走っていたら前方に山が見える。27ー8キロ地点。おー、あれが金山というやつかな?今回最大のアップダウン。

 案の定道は大通りをそれて山に入る。「金山林道9.3キロ」と表示がある。 地図によると金山は最高点で800mもあるそうだ。もちろんそんな高さにはいかないが、それでも長い長い上りだ。奥武蔵を思い出した。

 山の周りをぐるりと回る、ずいぶん長い上り坂。途中に30キロ標識。2時間47分。この10キロ57分。上りがあった割にはペースが乱れてない。

 気温が上がり、上り坂で汗がわき出てきた。

 

 

 

« 磐梯高原ウルトラマラソン:前日 | トップページ | 磐梯高原ウルトラマラソン② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磐梯高原ウルトラマラソン①:

» KEA家具正規取扱店 Witch House ウィッチハウス [ハウスキーピング専門ウィッチハウス]
IKEA キッチンプランニング&収納プランニング ハウスキーピング etc... おまかせください(^3^)! [続きを読む]

« 磐梯高原ウルトラマラソン:前日 | トップページ | 磐梯高原ウルトラマラソン② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31