« 雁坂峠越え143キロ① | トップページ | 雁坂峠越え143キロ③ »

2011年9月23日 (金)

雁坂峠越え143キロ②

Imgp07252  思い切り休んで峠から5分くらい降りたところが雁坂小屋。CP2です。12時23分着。

 林道はほとんど歩いたし、峠で涼んだし。ずいぶんゆっくり着たつもりだが、実際は昨年より10分遅いだけ。もうこれが実力なんだろう。この大会の自分にとってベストの走り方はいまだもってよくわからない。毎回なにがしかアクシデントが起きて思い通りにならず。

 まだあんまりお腹が空かないんでおかゆをいただくことにした。インスタントラーメンとか作っている。ずいぶん人が多い。多分7-80番目くらいだろう。ちょうど平均的ランナーのペース。

お腹は空かないんだが妙にのどが渇く。

Imgp07272 ここにはなんと泉が湧いているんで水は飲み放題。こんな風にポンプで汲むほど豊富な水。本当に不思議だ。
 水につけておく飲み物も果物もとちょうどいい冷え頃で、山の上でもエイドのうちありここで飲むものが一番おいしい。

 5分ほど休憩して出発。しばらくしたら道連れができた。初参加の女性。バンバンクラブの人。途中転んでた人。結局もう一回転んで3回転んだそうだ。多分すり足走法で、つま先が上を向いてないんだろう。自分もそうだから。

 自分と同じく下りが苦手だという。ここの下りは急ぐと足をやられるから苦手なくらいがいいんですよ。と後ろから来る人に道を譲りながら下りる。
 当面の目標はスパルタで、そのために雁坂は絶対に完走したいんだそうだ。伸び盛り、チャレンジ精神花盛りでうらやましい。
 こちらは、というといかに楽してまとめるか、というずるいことしか考えていない。

 いつもながら長い下りだが、話しながらなんであまり苦にならず、走るぺースもちょうど同じくらいでよかった。

Imgp07302 ようやく山を下りると道路の温度表示31度。みんなのけぞっている。

 CP3着。14時28分。いつもながらずいぶんかかった。やはり去年より約10分遅いペース。 悪くはないがひたすら暑い。
 秩父って盆地で風が無くてむしむしするんだよね。先が思いやられるとはこのことだ。

 館山さん、女将に挨拶して名物のカレーをいただく。今日初めてまともに食事した。お腹は大体落ち着いているんだがとにかく飲み物の飲みすぎで胃が休まる暇がない、というところ。

 10分休憩で出発。すぐのトイレに入りウェアを半ズボンに穿き替えた。これだけで大分涼しくなった。

 栃本に上がる道はずっと歩き。これが長い。相変わらず駅伝のダメージがずしずしくる。このあたりから真面目にリタイヤしようか、と考え始める。もう4回完走している。この暑さなら言い訳もできよう。なによりも足が重くて最後まで持つと思えない。

 などど思いながらも下り気味になるんでトコトコ走って二瀬ダム。前後していた人が自販機で飲み物を買っている。最近ここのお世話になることが多い。自分もアップルジュースを買う。 今回はっきり覚えていないが5回は自販機で買い物をした。コンビニも1回。こんなの初めてだ。

 しばらく降りると140号に合流。このあたり歩道がなくて路側帯も狭く怖いところ。今年は例年よりも車が少ない感じがした。大滝村、落合の集落通過。どこも閉店したレストランや土産物店が目立つ。不景気を実感する。

Imgp07332道の駅で休んでいるランナーが数人いた。中途半端だから寄らずに5キロ先のCP4を目指す。これが単調で長いんだ。

 やっとCP4到着。16時33分。去年より15分遅れ。この暑さで15分ならいいか。

 そうめんをいただく。あと、ハムサンドが有名なんだが今年はとても食べる気がしない。大量に水分補給して座る。

 どうかな。やっぱり持ちそうにないな。もう少ししたら秩父鉄道の始発、三峰口だからあとはいつでも電車に乗ればリタイヤできるが。などど考える。

まあ、とりあえず秩父市街まで行こう。そこでまた考えよう、となる。

 ここでも15分ほど、長めに休んで出発。トイレに入ったら電球が全部撤去されている。夜どうするんだろう。

 CP4から一段と道が細くて走りにくい。今年はカメラも体調も不調でゆとりがなくて写真も少ない。写真を撮るためにはやっぱり余力がいるんだな、と普段気づかないことがわかった。

 今回、初参加のランナーさんが多く、何人かと途中一緒になり話し込んだ。みなさん。あと70キロ切り、もう山は無いしなんとかなりそうですよね、みたいなことをいう。いやいや、雁坂の下りのダメージは侮れず、正丸の下りで追い打ちをかけるから最後は休んでばかりになり、全然はかどりませんよ、と説明する。
 でも若い人は大丈夫だろう、と速度を上げて先に。ここいらで無理するのが一番よくないんだけど。

Imgp07342 この区間17.5キロ。平らなのになかなか進まない。途中にあるこれも毎回お世話人る自販機による。山で一緒だった女性に会った。この人思ったよりも粘り強い。

 武州日野駅通過。あとCP5まで7キロくらい。 暗くなってきた。道連れの人がコンビニに入り、こちらはとりあえず不要なんでライトを取り出して点滅灯をオンにして走る。

 いつもながら遠い秩父駅だが、回数重ねてここは期待しないように心を殺してとにかくとまらず走る。

CP5熊木商店。85キロ。18時47分着。これでもまだ去年より10分遅れか。今年は店のシャッターが開いていた。といっても店はもう廃業しているんでがらんどう。

 いつもだといろいろ食べるんだが今年は全然だめでおかゆだけ。ここまで食べなかったせいで体力が著しく落ちているのを実感する。気力も。85キロしか走っていないのにもう足裏が痛い。これはおかしい。
 とても続ける気がしない。それでもな。いつもお世話になっている女将のCP7までいかないと悪いしな。あと58キロでまだ11時間あるからさすがにここで止めるわけにはいかないだろう。

 道路に腰を下ろして水を何杯も飲んでどうしようか、反芻しながら休む。20分近く休んで、とりあえずCP7目標で、と立ち上がる。が、歩くのがやっとで299号の角ま歩いてゆく。秩父市内まだ25度はある暑さだ。 

 

 

« 雁坂峠越え143キロ① | トップページ | 雁坂峠越え143キロ③ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え143キロ②:

« 雁坂峠越え143キロ① | トップページ | 雁坂峠越え143キロ③ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31