« 奥武蔵ウルトラマラソン② | トップページ | ラクロス »

2011年8月11日 (木)

奥武蔵ウルトラマラソン③

Imgp05582 STさんとすれ違う。去年に比べて遥かに余裕。

 50キロ5時間27分。

 復路は基本的に下りなんで走らないといけない(?)。
 なんだか最近ずっと走るのが億劫で、トレイルみたいにとても走れない坂があると大手を振って歩けるからうれしかったりする

 この大会、走れないほどの坂道はないんで結局ずっと走り続け。幸いエイドが多いからエイドで一休みする時間が長くなってきた。 

 今のところ晴れてます。この後午後に入ってむくむくと雲が出てきてあれよという間に雨になった。

Imgp05592

 刈場坂峠峠に戻りました。いつもお世話になる女将が楽しそうにやってきた。お元気そうで。次回雁坂で会いましょう。

 朝方痛かった右足指先慣れてきた。どうやらこれ以上痛くはならないみたいだ。

先を急ぐ。このあたり往路のランナーが大勢いる。まだ関門を気にする時間ではなし楽しそうにマイペース走。
 バルタン星人さんがきた。さすがに暑そう。でもバルタンさん、豪雨と強風の中完走してた。脱帽。

Imgp05632 飯盛峠。今回あまり食べなかった。おにぎり少し、パン少し、そば、果物くらい。夏場は飲んでばかりでお腹が水膨れになるんで走っている最中は食べられない。

 あと20キロくらい。このあたりからエイドによると塩を舐めろ、としきりに勧められる。

 あれ、のどにつかえてなかなか飲み込みにくい。塩水にしてもらえるといいんだが、と贅沢なことを考える。

Imgp05642

 高山。降りてきてだんだん気温が上がってくる。

 前後走っている人が大体固定されてきた。

 残り20キロを切り、さてどうしたものか。残る難所は65キロ手前から2つある山。ここは走ってもスピードが出ない。足は大丈夫そうだが、ぶっ飛ばす元気はなし。とりあえずエイドに全部よってゆっくりすることにした。 

Imgp05662 60キロ6時間31分。 下りなのに10キロ1時間切れない。おかしいな。エイドで休みすぎかな。そんなことないと思うが。

 ハイキングの人が増えてきた。10人くらいのグループとすれ違う。あとどのくらい、というので17キロ、と答える。そりゃ大変ね。と冷静に言われた。その冷静さに、あと17キロか。もうあんまりないんだ、と我に返る。

Imgp05672

 終盤になると終わってからことを考える。シャワー混んでるよな。いっそのこと川越までいって銭湯のほうがいいかな、とか。とりあえず行列を見て決めようかな、などと。
 そんなにビール飲みたくない。飲めば飲めるんだが、やっぱりコーラとかサイダーがいい。コーラとなるとピザを食べたいな、とか考える。

 見晴台エイド案の定暑い。げんなりしてきた。ここ、むき出しの空き地に設営してあるが、あの夕立で大丈夫だったんだろうか。

Imgp05682

水着お姉さんその①、顔振エイド。海宝さんとかいろんな方がつめている。

 あと12キロ。もう先が短いから食べずに飲んでさっと出る。
 向かいのお茶屋さんで食事しているハイカーがいる。こういうところいつも大会で来るだけ。できれば改めてのんびりとハイキングにきたいものだ。
 ここから南に下ると吾野、東吾野駅。

Imgp05722

 終盤最初の上り坂。こっちの方がゆるいんだがみんな歩いている。
 歩きたいんだが、エイッとギヤを変えると走れてしまう。ギヤチェンジは歩幅を短くすることなんで、スピードはのろのろ。でも歩く人よりは速い。
 抜けると気分がいいからそのまま歩かず進む。

 ここまで下りでセーブしてきて、もういいだろう、と下りもほかの人に負けず、とがんばる。それでも下りで速い人にはかなわない。

Imgp05732 黒山エイド。どのエイドにも氷がふんだんにあってドリンクに入っている。これがありがたい。

 途中、飲み終わって残った氷を捨てるのももったいないからランパンのポケットにいれて時々タオルにくるんで額に当てたりし始めた。
 そうしたらポケットの氷がちょうど太ももにあたってアイシングになり気持ちいい。長丁場だと思いがけないことがあるものだ。勉強になった。

Imgp05762 あと9キロ♪♪♪やっぱり77キロはいくらアップダウンがあっても100キロよりも負担が少ない。多少足が疲れているが残り短くなると元気が出てくる。
 他のランナーも勢いがついてきた。 

 100キロ超の超ウルトラだともう、二度とやらない(萩往還、ネイチャー、夜叉ガ池、雁坂峠)なんて終盤泣きそうになりながら走るんだが。 

Imgp05782 ユガテエイド。女性スタッフ大勢。みなさん元気いっぱい。
 でも、ここもこのテントだけ、あの大雨どうだったんでしょう。

 最後の上りが始まる。いつもながら長くてきつい坂道。本当に長い。でも例年歩かずに過ぎているのでなんとかなるだろう、と気長にジリジリ走る。

Imgp0580270キロ。7時間36分。あと7キロ。1キロ上って後は下り、最後頑張る。42-45分くらいかな。という計算。実際は45分かかった。

 上り坂終わり。あとはひたすら下りるのみ。くねくねと曲がる道。やっぱり今年は例年よりも車が多い気がする。スピードが出ているし、疲れてきているし、カーブで気を付けて走る。

Imgp05822

 清流エイド。この浴衣女性すごく速かった。あっという間に見えなくなる。

 雨がぽつぽつ落ちてきた。気が付くと空は暑い雲。これは大雨になりそうだ。

 雨だと涼しくていいがここまできたら持ってほしい。雨が降るとスタッフが大変。

Imgp05832

最後の鎌北湖エイド。去年は素通り。軽く飲んで出る。

 あとは直線を2キロ。みんなものすごい勢いでスパートしている。つられて頑張るがどんどん抜かれた。

 会場の建物が見えてきた。こういうふうにゴールが手前から見えるほうが気分的に頑張れる。

Imgp05842

Imgp05872

ゴール。8時間21分。去年と1分しか違わない。このあたりが実力というものなんだろう。

 このころ予想もしなかったが、17時前になって信じられないような雷雨になった。テントが飛んで横に稲妻が走る。毎年夕立は降ったがここまでの雨は初めて。

« 奥武蔵ウルトラマラソン② | トップページ | ラクロス »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥武蔵ウルトラマラソン③:

« 奥武蔵ウルトラマラソン② | トップページ | ラクロス »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31