« 夜叉ヶ池マラニック① | トップページ | 夜叉ヶ池マラニック③ »

2011年7月26日 (火)

夜叉ヶ池マラニック②

P1130335 10キロ通過1時間4分。平地が半分以上だった割には遅い。とみるか、11時スタートの割に速い、とみるか。
 一日目はタイム気にせず疲れないように走るだけ。

 とにかく好天で気温が低く走りやすい。逆に飛ばしすぎないよう、足が重い感じもするし、気を付ける。

 いつも通り走りはじめ体がなじまず調子が出ない。

P1130338 

15キロ手前、民家の庭先の粕川大橋エイド。すでに食べるものがふんだんにあり。真夏の大会なので塩昆布とか梅干しとか、最初のほうのエイドから準備されている。

 海苔巻きはずっとシソ巻だった。痛まないようにという配慮でしょう。

 みんな黙々と、というより競争しているみたいに走っているので話しかけたりしない。

P1130340 川原神社エイド近所の方々が運営している。

 まだまだばらけずこんなに人がいる。300人以上いるから無理もない。

 ここまでは池田山を除くと平野を走っている。揖斐川も出てこない。

P1130342

 しばらく進むと揖斐川沿いに出る。水を見ると少し涼しげな感じがする。向こうに向かってずっと走ってゆく。
 なのでこれからは基本的に上りとなる。

 長丁場だし、毎回天気も違うし、走りながら見る景色に見覚えのないところがたくさんある。

 ずっと一本道だし、前後に人がいるからいいが、復路、一人旅になると、こんなところ通ったかな、と思うこともある。

P1130344

 山の中に入る。車が少ないんで気分よく走る。2時間5分で20キロ通過。この10キロは1時間。

 あと25キロだと思うと気が楽になる。
 足の方は相変わらず最近の山登りのダメージ抜けきらず。ちょっとした下りでも太もものが響く気がする。
 走れなくなるところまではいかないだろうが。

P1130349

 

どんどん山深くなる。このあたりは揖斐川マラソンのコースらしい。揖斐川、長良川、とマラソンのサークルが盛んなところだそうで、今回もボランティアスタッフ大勢。

 緩やかに上るんだが、まださすがに疲れていないのでさほど気にならない。

 時々集落を過ぎながら進む。

P1130350_3

24キロあたりにあるエイド。毎年ここにあるんだが、コース図に書いていないエイド。こういうのがいくつかある。神戸から坂内まで大体3キロに1つくらいエイドがある。ここも飲み物中心だが食べるものもあり。
 すでに10キロエイドあたりから頭に水をかぶって走る。

 ネイチャーなんかで一緒になったYさんと会う。最初飛ばしていたが。

P1130354

 

久瀬のエイド。食べるものがいろいろある。トイレきれいなトイレがあり今回も利用した。

 こちらも町内会の方々のご協力で運営されている。

 ちょっとだれてきた。ほかの人も少しずつペースダウンしているようにみえる。

 このあたりからお腹が空いてきて海苔巻きをエイドごとに食べ始める。

P1130357

小さなダムがある。だんだん周りの山が高くなってきた。

 この大会、景色、という点では緑豊かだが少々単調。目を奪われるような絶景とか、見るだけで嫌になる急坂とか、そういうインパクトのある場所は少ない。登山道くらいか。

 P1130360

ここもコース図にない飲み物エイド。エイドが多くて助かる。

何でも今回の参加者平均年齢52歳だそうで、なんと自分でもその下。
 この年齢層だとちゃんと補給してあげないとまずいでしょう。

とはいえ、この手の大会で脱水症状でダウン、という人はむしろ若い人の方が多い。年寄りは無理をしないから。

 P1130362

時々沿道の家先ににこういう湧水が盛大に流してある。ものすごく冷たい。
 見かけると飲んだりかぶったりした。ただ、全体的に寄って行くランナーが少なかった。

 やはり涼しかったからだろう。

P1130363

旧藤橋村役場のエイド。例年だと暑さでばてて長居するのだが、今年は全然元気なんで水を飲んで塩をなめてすぐに出た。

 足の調子は相変わらず重いがまあ、ここまで普通に走れたんだからいいか、というところ。

 何番目くらいかわからないがランナーが少なくなってきた。

P1130369

35キロすぎてあと10キロ。先が見えてきて気分が楽になる。

 藤橋を出るとしばらく防雪トンネルが続く。ここは下りになっている。だから帰りは上る。

 40キロ。4時間10分経過。スタートから標高にして200m登ったことを考えると自分としてはまあまあのタイム。

P1130372

今晩の宿泊所、坂内交流センター前。ちょうどフルマラソンくらいの距離。ゴールまでもう2キロほどなんだが、明日のスタートはここからだし、ここで終わりになった気分がする。

 水に浸したタオルをくれます。ゴールまじかなのでここもさっと飲んで出る。

 他のランナーさんも同様。

P1130373 たった2キロが長く感じられる。

 性格的に最後頑張らない方なんで流しながら走り、後ろから来たランナーに譲りながら坂を下って右折。

 ゴール会場は毎年道中祭り、というのをやっている。屋台が出ていてにぎやか。

 ゴール200m前あたりからずらっと店があり、何を食べようか、品定めをしながら最後走る。

P1130374

ゴール。4時間43分。往路の自己ベスト。調子は今一つながら気候に助けられてちゃんと走れた。

 

 

« 夜叉ヶ池マラニック① | トップページ | 夜叉ヶ池マラニック③ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜叉ヶ池マラニック②:

« 夜叉ヶ池マラニック① | トップページ | 夜叉ヶ池マラニック③ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31