« しまなみ海道100キロ① | トップページ | しまなみ海道100キロ③ »

2011年6月 6日 (月)

しまなみ海道100キロ②

P11300362  だんだんと橋がでかく、高くなっていく気がする。
 ここの階段なんか山登りっぽい。

 朝あまり食べていないのに腹の調子が良くない。多分大丈夫なんだろうが、こういうのは実際どうかよりも気分の問題で気にしだすと走るのに集中できない。

 この階段の前にトイレがあったので入る。リフレッシュして橋に取り掛かる。
 そろそろ疲れたきて無理せず歩く。みんな歩いているし。

P11300372_2

 橋の高さを実感しながら登る。この橋は上下二層になっていて、上を車が、下を原付、自転車、歩行者が通る。こちらも料金箱にコインを入れる支払標識。ゲートを通るときセンサー感知で音声合成の声で、お金をお支払いください、とかなんとかいきなり言い出す。何の気なしに通るとすこし驚く。

 P11300392

因島大橋は1270m。

ささっと降りたところにエイドがあった。34.7キロというのだが、どうみても30キロ地点からそんなに来ていない。あれっと思うが、エイドがすぐに来るのは気分がいいもの。

 ここの名物はミカンジュース。その場で絞って氷を入れたのを出してくれる。甘くて深みがありおいしい。心なしかランナーが大勢立ち止っている。

P11300412

ジュースを作っている現場。生のミカンの川を剥いて次々にジューサーに入れている。おいしいわけだ。

 ここを出たらすぐに35キロ標識。トイレに行って橋を渡って、ゆっくりジュースを飲んだのにこの5キロ23分しかかかっていないやっぱり標識がおかしい。

自転車のスタッフに、短すぎないですか?と問いかける。

P11300422

実際、短かったようで、ここから40キロ標識までものすごく長かった。まあ、それが本当なんだから仕方ない。

 海べりを走ってから里に入る。このころ、いつの間にか晴れ間が出てきた。気が付くと日差しがギラギラ。予想通り暑くなりそうだ。

 海辺は海水が冷たいから少し気温が低いが、海から外れたところはどんどん]気温が上がる。

P11300442_2 道は、といえば、のどかで走りやすく、でも単調で目印がなく。多少坂があるが気になるほどでもない。

 ランナーが減ってきた。一人旅とまではいかないが、曲がり角が多いと前の人が見えなくなるくらい。

 このころ考えていたのはペース。暑くなってきたし、落とそうか、でも、勢いがついて体がいうことをきかない感じ。
 多分ここで緩めた方が全体のタイムはよかったんだと思う。

P11300452 こういう標識がで始める。大会のコースは尾道ー今治の自転車道で、この青いラインが自転車道の導線。
 今治まで61キロ。これくらいの距離だと現実的でないんで見ない方がいい。

 先が長すぎてげっそりしてくる。ゴールはこれより2.5キロくらい先で、ゴールまでここから63.5キロくらい。

P11300462

疲れてきて、のどが渇く。長い長い5キロが過ぎてやっと40キロのエイド。35キロ標識からここまで37分かかった。7キロくらいあったんでは。

 なんでこんなにずれているんだろうか。そろそろこういうのが堪える状況になってきた。

 

P11300472

比較的大きめのエイドがあり、食べ物も多い。とりあえず飲み物を大量に撮ったらお腹が膨れて食べずに出る。

 ずっと前後している人たちもほぼ無言で詰め込んでいる。ウルトラはもう少しのんびりとエイドを楽しみながら走った方がいいのかな。P11300492

 ここからしばらくいくと3つ目の橋、生口橋。790mと短い。高さはそこそこある。

 短いんで橋の全体像が見える。なかなかきれいな橋だ。

 歩道が広くて走りやすい。ただ、この通り完全にピーカンになった。橋の上は風が吹いて涼しいものの下に降りると大変になってきた。

 橋から降りる途中が45キロ。この5キロ26分。この距離標識も短すぎたようだ。

P11300542

生口島に入り海岸沿いを走る。日が出たせいか急激にへばってきた。このあたり、写真もあまり写していない。

46.2キロエイド。ここでもひたすら水分補給。土地の人の軒先がエイドになっている。長時間お騒がせします。

P11300552

 このすぐ先が49.6キロの中間点B&G海洋センター。B&Gって何、と調べてみたらブルーシー&グリーンランドで、モータボート関係の財団だそうだ。世の中には色々なものがある。

 ここには荷物を預けられるが、季節がら特に必要ないんで預けなかった。

 2003年のときここでマッサージしてもらった気がする。

 救急箱を探しているランナーがいた。

P11300572

50キロ通過。9時50分。4時間50分か。自分としてはいいペースだが、何分暑すぎる。まあ、後半はばてるだろう、と弱気になる。
 1月の宮古島の時もそうだった。

 ここから70キロくらいまでテンションが一番低かった。

P11300582

道は果てしなく、空は青々。

P11300592

海はのびのびと、緑は深く。

 

 できれば、じっくり景色を見ながらのんびり走りたい。

 そういう気分になる。

P11300612

55キロエイド。この5キロ32分かかった。そろそろ足が痛んできたか。早すぎる。

 エイドは開放的で気持ちがいい場所。10時を過ぎてすでにかんかん照り。このエイドから頭に水をかぶり始める。
 エイド滞在時間も長め。期せずしてゆっくりになってしまった。

P11300622 エイドを出て海沿いを走る。水が近いと少し涼しいし、さざ波を見ていると気分が落ち着く。でもペースはますます鈍化。

 このあたり人気がないですね。土曜の昼前。みなさんお休みモード。観光客もいない。

 60キロ手前の多田羅大橋着。ここもなかなか大きな橋でずいぶん登る。階段は歩く。

P11300672 橋の上は向かい風。でもその方が涼しくていいくらいだ。

橋を渡ると下る途中にエイドがみえる。61キロエイド。ここは前回来たおぼえがある。ランナーが少ない。

 エイドの人と暑い暑い談義をする。何かの観光地で駐車場が大きく人も多い。ランナーに注目する人は。。。いない。

 まあ、気にせず。60キロの標識気が付かなかった。

P11300692 つらくなってきた。車道のつきあたりが65キロでその先が大三島橋になる。

55キロー65キロは1時間1分。思ったよるも落ちてないか。

短い橋を渡って降りる。

 P11300722 伯方島に降りる途中にエイドがあった。道中、この伯方島が一番ランナーを歓迎してくれた。沿道にプラカードを張って鼓舞してくれる。

おっ。ついにGさんに会えた。橋のたもとで自転車でお出迎え。

 やはりこういうところで待っていてくれると元気になります。

 

« しまなみ海道100キロ① | トップページ | しまなみ海道100キロ③ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

こう拝見すると、それぞれのエイドに趣向がありますね、見ていて楽しい。

自分の中で「あと○○キロ」とずっと考えるんだから、その上に「親切な」標識があると、
少々げんなりしますよね。

青空と青い海とスタッフさんの青いTシャツ、何度見ても綺麗ですね。

のびさん
 5キロ先のエイドを目指すくらいがちょうどいい目標で。
 この大会はエイドの地元の人が主体でやってくれてますので特色があり楽しめました。
 みかんジュース、あんなに本格的な私設エイドなかなかないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道100キロ②:

» お部屋のコーディネイトおまかせください [Witch House]
リフォーム、お部屋のリニューアル、収納アドバイス、ハウスキーピングのプロフェッショナル [続きを読む]

» 浮気問題、離婚、慰謝料、賠償、詐欺トラブル [総合救済センター]
通話料金無料:無料相談>>悩み・トラブルを解決し、安心して暮らせる社会や環境 を作り出すことを目標に活動を行っています。 [続きを読む]

» キッチン用品 満足度ランキング [キッチン用品レビューランキング]
人気のキッチン用品の口コミランキングを作成しました。クチコミでの満足度の高い順のブランド別ランキングとなっています。ご参考になれば幸いです。 [続きを読む]

« しまなみ海道100キロ① | トップページ | しまなみ海道100キロ③ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31