« 弁当 | トップページ | しまなみ海道100キロ② »

2011年6月 5日 (日)

しまなみ海道100キロ①

P11109962  6月4日午前5時広島県の福山城。エントリー1200人とのことだが、どうみても7-800人しかいない。もっと少ないかも。
 大会募集は大震災の前だったから地震で都合がつかなくなった人も多いんでは。

 天気は曇りですでにむしむしする。わざわざ応援に駆け付けてくれたGさんとスタートへ。Gさん申し込んでいたんだが足の調子が悪く無念のDNS。約束の時間までに今治に着かないと、と気合を入れる。

 城からゆっくり降りてしばらく街の中を走る。川沿いの散歩道とか。

P11300032

 普段人が少ないところみたいで車が驚いてランナーを避けている。

 特に作戦めいたものはない。日中気温が上がるとの予報なんで涼しいうちに進んでおいた方がいいのかな、というくらい。
 幸い曇っている。ほかのランナーも同じような考えなのか最初から飛ばしている。

 足の調子はまあまあみたい。

P11300062  

 それでもスタートは密集でスローであり、最初の5キロちょうど30分。ちょっと遅いかな。みんなにつられてペースを上げる。

 平坦で走りやすい道でみんなに付いて行ったら5キロー10キロ27分40秒。これだとちょっと速すぎるか。
 100キロは1月の宮古島以来でペースがよくわからない。28分30秒くらいが理想なんだがアップダウンあり、エイドあり、自分の力だとそうそう計算通りにいかない。

 とりあえずこれ以上上げないように走る。

P11300102 この大会のメイン、大橋を7回渡るが、最初の橋は20キロ過ぎ地点。そこまでは福山から山陽道沿いに尾道にいって南西に山陽道から離れてしまなみ海道に入る。
 普通の住宅地みたいなところを通過する。まだ7時前で閑散としているが、ところどころ歩道が無い道とか出てきたりする。

 地元の方が時々応援してくれている。

 まだ曇りで涼しい。

P11300122

14.9キロ、エイド。6時24分。この5キロ26分を切っている。これは間違いなくオーバーペースだ。

 普段そんなに水を飲まない方がだ、今回朝おにぎり1個と水を飲んだだけでスタートしたんでお腹に隙間がある。のども渇いてきた。ガブッと飲んで、先を見るとバナナがあり、一つ、と更にその先をみたらうどんがあった。

P11300142

それもまらそんにしては量が多い天かす入りの冷やしうどん。
 まだ15キロなんで食べている人がすくないみたい。一つもらって食べた。おいしい。この先でも出るんだろうか?(このあとは無かった)。

 この大会、しまなみ海道100キロは初めて100キロ走った大会で思い出深い。3年中断して再開したとき真っ先に申し込んだ。
 待ちかねた人が多いようですぐに定員一杯に。場所も、スタートの福山は新幹線の停まる便利な街だし。

P11300172_2 前回&初100キロは2003年で、なにぶん初心者なんでみんなつついていった。なんで道とかあまり憶えていない。
 特にこの最初のほうはさっぱり。まあ、コースアウトするようなルートではないし。要所に矢印があるし。

 このあたりは歩道がない。7時近くなって車が気になる。

 初100キロの時は、自分にできるかどうかわからないけれど、一生の記念に一度くらい走ってみるか。というくらいの気持ちで参加。なんとか完走できて、もしかしたらこういうの向いているのかも?となったのがこの世界にのめりこんだきっかけ。

P1130019220キロ。1時間53分。この5キロ28分と少し。これくらいでいければいいが。

 空はまだ曇り。案外晴れる兆しがない。ただ、のどが渇くようになってきた。

 前後するランナーが大体決まってきた。抜いたり抜かしたり、でもエイドで会う。みんな一心不乱に前を見て走っている。何を考えているんだろう。そういう自分も何を考えて走っているのか。

P11300222 

一つ目の橋、尾道大橋にやっと到着。階段を登ります。まだみんな元気に駆け上がる。

 初参加のときベテランそうな人に、このペースだとどれくらいで完走できますかね。と聞いたら、13時間くらいじゃない、と言われて少し自身になったのを憶えてる。実際は12時間13分だった。
 その人、パチパチ写真を撮りながら走っていて、ゆとりだな、と思ったもんだが、今では自分も結構撮影しながら走っている。

P11300372

大橋だけあってどれもかなり登る。これでもビル20階くらいあるんではないだろうか。

尾道大橋は短くてすぐに向こうに着く。もやっている中を瀬戸内らしい島が群れた風景が広がっている。

 

P11300232

橋には歩行者・自転車道があり、車は少ない。歩行者は通行料ただ、自転車は少しとる。この橋は10円、一番長い最後の橋がたしか200円だった。自転車は料金箱にお金を放り込む。

こうやってみるとこの橋狭いな。歩道も一人がやっと。比較的前の方にいるからいいけど、人が多いとじゅづつなぎになりそう。

 P11300262

 

 橋を降りた24.5キロエイドでスイカの振る舞いが今年初めて(日本で)スイカを食べた。甘くておいしい。やはりこの辺は温暖なんだなあ。
 それにしても気前がいいというか、豪快な量だ。

P11300302  25キロ通過。5キロのラップはまた上がって27分になった。
 このあたりの飛ばしすぎが後で響いた。

ここから向島を海岸沿いにしばらく進む。7キロくらい、かなり長い。意外に漁村の感じがしない。全体を通して、萩往還の大浦漁港とか、立石漁港とか、黄波戸漁港とか、そういう景色をほとんどみなかった。
 普通の家とか工場が多い。工場は造船。

 まだまだ曇りで風が気持ちいい。気が付くと、ずっと向かい風。この日一日中西風で向かっていた。

P11300322

 29キロのエイド。畑の中にあります。すでにこのあたりかなり飲料摂るようになってきた。スポドリと麦茶。ということは曇っていても気温が高いんだろう。

 P11300332

エイドの食べ物。ここにある、バナナ、ミカン、トマト、レモン、ゼリーなんか、飴、はどこのエイドにもあり。おにぎりはあったりなかったり。
途中からレモンジュースがよく出てきた。

P11300342

30キロ通過。7時50分。30キロで2時間50分。自分ではいいペースだと思っていたが、やはり速すぎたようだ。

先に見えるのは因島大橋。

« 弁当 | トップページ | しまなみ海道100キロ② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

初ウルトラの思い出の大会、お疲れ様でした。

こう写真を拝見すると、前半は結構曇りでしたね、後半は・・・。

前半の天かすうどん、とても美味しそうですね☆

のびさん
お世話になりました。
序盤から汗をかいて、湿度と音頭が高かったみたいです。
やはり瀬戸内はうどんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道100キロ①:

« 弁当 | トップページ | しまなみ海道100キロ② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31