« 小江戸大江戸200キロ① | トップページ | 小江戸大江戸200キロ③ »

2011年3月 8日 (火)

小江戸大江戸200キロ②

 次の目的地、CP川越まで40キロ。フルマラソンの距離、なんだがそういうことは思い至らず、ぼちぼち行く。
 まさに急ぐ旅でもなし。

P11105412  道路標識に東松山17キロ、川越36キロ、池袋68キロ、とある。車の距離だ。池袋なんてはるかかなた。

 60キロ過ぎから主催のゼッケンno.1の方と同行した。
 みんなで話していて、さくら道や川の道や萩往還の練習にこの時期一度長いのやりたいね、という話が大会開催につながったとのこと。

 沿線すべての警察署に説明に出かけたそうです。
 

 コンビニでこの方と別れてまた一人旅。70キロ手前にスポーツエイドのTさんがいる私設エイドがあり。そばをいただいた。
 玉淀とあわせておなかのほうは川越までこれで十分。

 Tさんに、雁坂、この大会、ときたら次は川の道で、といわれて、そうですね。となり。来年かな。
P11105422  

 玉淀からひたすら国道254川越街道を走る。後楽園あたりまで約80キロ。

 道中目立つのは郊外型の店、レストラン、娯楽施設(パチンコ)。

 とんでん、という和食店がたくさんある。ぽつんとすき家があり、ああいうところに強盗が入るんだ、などと思ったり。

 ←コンビニがたくさんあるのは心強い。飲食物だけでなく、絆創膏や電池、雨になればビニール合羽、タオル、何でも売っているから装備が少なくて済む。

P11105442

 いけどもいけどもこの調子。だらだら走っていたらガードレールの柱に躓いて転んだ。相変わらずなんでもないところで転倒する。

 足の方は、ますます重いし、全然スピードが出ない。時速9キロくらいのつもりだが、休むから結果8キロくらいしか出ない。
 玉淀から川越まで5時間かかった。

 P11105452 前後にランナー見えなくなった。この辺からずっと一人旅。

 日が長くなったとはいえ17時半で夕暮れ濃い。

 もう10時間走ってきたことになる。坂がないからずっと歩かず走りづめ。

 土曜の夕方になり川越に近づくとますます車が多くて空気が悪くなってきた。

 18時過ぎには川越着、と勝手に決めて出たのでランプをもっていない。

最後は真っ暗な市街地を進んで川越CP着。18時52分。91キロに11時間近くかかった。

P11105462 スタートした遊湯ランドの駐車場で。エイドになっていて数人休んでいる。
 28番目の到着だそうだ。まあまあ。

 残り112キロで制限時間まで21時間。特にひどく痛むようなところはないから何とかなるだろう。

課題は寒さだが、これから都心なんで気温が上がるんでは、と期待。実際は海辺が寒かった。

 エイドで飲み物、お菓子をもらう。カップめんがあった。出てすぐになか卯に寄るつもりだから食べ物は控えめ。

 すでにリタイヤする、した、人が何人かいた。一度ここで休んじまうとね、と。その気持ちよくわかる。出たくない。

 なんといってても無意味だから15分休んで出発。

 川越市外を出ると川越街道はどこも同じ景色。郊外レストランがずらずら並び、焼肉、中華、海鮮、和食。どこも大きな窓の中で楽しそうに生ビールをみんなでぐいぐいとあおっている。

 あっちの方がいいなあ。終わったら飲むぞ。でも何時間後?

P11105482

川越を出て最初のなか卯は新座。21時前に着いた。が、道の反対側で面倒になりやめた。

 その次の成増駅前の113キロ地点のなか卯に入る。もう22時さすがにおなかがすいた。
 スタートして14時間。まともな食事は初めてだ。

 迷わずカレーを注文。お仲間が前後他に4人いたが、みんな親子丼を食べていた。水を何倍もお代わり。

 やっぱりマラニックはカレー。とは萩なんかでしつけられてしまったかも。

 そういえば、川越を出て100キロ過ぎたところでやっと調子が出てきた。100キロ超の走り方を思い出した。

P11105492  食事して気分よくなりここから池袋ー日本橋まで休まず快調に飛ばす。

←川越街道池袋の山手線陸橋からみた夜景。何も見えません。。

 120キロ過ぎで23時30分。止めるならこの辺が限界。今池袋から電車に乗れば帰って寝られる。。。

 と思わず心揺り動かされる状況。

 実際そうしてリタイヤした人いたようだ。こういう、電車沿いに走るコースはつい魔が差して、となりがち。

 幸い足はまだ動き、都心に入り単調さが薄れたのでジリジリと進む。それにしても東京はいつまで経っても人が歩いている。女性一人も多いし、酔っている風でもない。
 終電後でも人がわんさか。いろいろな仕事があるんだろう。

 R254春日通から白山通りに入り秋葉ー神田ー日本橋といく。知っているつもりの道だが信号待ちでぼんやりしていたら曲がり損ねた。コースアウト②。10分くらいロス。

P11105512 神田駅6日0時40分。もう電車がなくなった。

 駅前にまたなか卯がある。誰も食べていない。

 1時近い夜、前方で若い女性が二人手を振っている。お店っぽくないし。
 スポーツ用品店前で私設エイドを開いていた。
こんな夜中に。びっくり。

 コーラをもらって少し話す。もっとがんがんくると思ったけどまばらですねえ。と拍子抜けの様子。

この後いっぱいきますよ、と答える。そういう自分はどの辺の位置なんだ?

 都心に入っても寒い。信号が多くて立ち止まると動き出すまでの数十秒で体が冷える。走れているうちはいいが、歩きが入り始めるとやばい。

 P11105522

CP4日本橋。131キロ。0時47分。CPといっても人がおらず、デジカメか携帯で写真を撮ってくること、というルール。

 手前に深川のランナーの方が自転車で待っていた。

 「あんたで10番目から12番目くらい」と。川越で28番で、その後そんなに抜いていないからランナーはなか卯とかコンビニに入ってたんだろう。

深川の方が、門前仲町で私設エイドが出てますよ、と励ましてくれた。

 日本橋から門仲なんてすぐ。東銀座ー築地ー月島(ここは迷いやすい)-門仲。

P11105552 月島で先ほどの自転車の方と一緒になった。仲間のランナー少し前にいるそうだ。

 月島のあたり川が多い。川を渡るたびに下の水から冷気がやってくる。寒い。

 門仲交差点1時30分。こんな時間なのに三々五々みんな談笑しながら歩いている。飲んだ帰りでタクシー待ち、土曜の夜でまだまだ、という若い人たち。

 都心で漫画喫茶に入るサラリーマン風の人もいた。

 エイドで黒糖湯をもらう。食べるものもあったがお漬物とお菓子だけいただいた。ここのエイドは年配の方もおり寒い中お疲れ様でした。

 次の目標は145キロ葛西臨海公園。

« 小江戸大江戸200キロ① | トップページ | 小江戸大江戸200キロ③ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

ご自身の頑張りと多くの方々の熱意に支えられた素敵な大会、雰囲気が伝わってきます。
何時間、いや何十時間も私設エイドをだされている方、本当にすごいです。

関西になか卯は少ないのですが、今度行ったらカレー頼んでみたくなりました。

  こういうのは日ごろのネットワークが大切ですよね。
  36時間は長い。
  カレーはちょうどいいくらいの辛さでした。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸大江戸200キロ②:

« 小江戸大江戸200キロ① | トップページ | 小江戸大江戸200キロ③ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31