« 宮古島 | トップページ | 宮古島遠足100キロ② »

2011年1月16日 (日)

宮古島遠足100キロ①

 うまくいかないながら考えさせられること多くいい経験になりました。

 足がなんとなく張っていて、これは1週間前の30キロのせいかもしれない。年を取って回復力が鈍ったのかもしれない。
 途中何回もトイレに行ったのは気温が低かったからだけでなく、前1週間あまり走らなかったから余分なもんが体にたまっていたらしい。
 近頃短いのが多かったからウルトラに順応が悪く。

P11102692 寒い日。宮古島で走った中で一番寒かった。雨のレースはあったが日中上がって晴れて暑い、というのが定番で、こんな風に朝最高気温になりどんどん下がる、など初めて。

 風が強くて、大橋の上は風速20メートルとか。飛ばされそう。

 スタート直前に雨が降ってきて、小雨のスタート。
 それでも15度以上あり、この時点ではちょうどいいか、と思えた。

P11102722

 宮古は日本の最西端に近いのでなかなか夜が明けず。晴れていてもこの時期6時45分くらいにやっと東の空が明るくなる。

 5時スタートだから、20キロくらいまで真っ暗。ランプを持って走る。

 雨はすぐ止んで走りやすく。涼しいからみなさんエイドの補給少なく、挨拶だけして通り過ぎる。

今回エントリー772名。毎年増えてゆく。うち女性284人、37%。日本一女性が多いウルトラ大会だろう。

 前夜も今朝も大量に食事をとってお腹がパンパン。スタート前に3回トイレに行ったのにもうお腹が下ってきた。
 公園のトイレに。

P11102732  少しスピード早めて取り返し、10キロ61分、ほぼ予定通りでいい感じ。

 ところが、この先平良市街を抜けたところでコースアウトしてしまった。

 交差点で習慣的に左折しようとしたら、並んでいた女性が、矢印がないから直進でしょう、という。矢印無い。

 数分進んで、たまたま家を開けている人がいて、道が違うよ、と教えてくれた。
 戻るとランナーは左折している。

 大体7-8分ロス。

 こんな序盤で急にやる気が萎えた。

P11102752_2 11.4キロエイド。まだ真っ暗。

 コースアウトしたし、早くも太ももが張ってきたし。太ももは前週の30キロのせいかな?おかしいな。

 とりあえず30分/5キロのペースで進んで様子を見ることにした。

 ライトに注意を怠って時々水たまりに突っ込む。
 このところ天候不順だったそうで、歩道に泥がたまっていたり、サトウキビが斜めになっていたり。

 今頃はサトウキビの収穫期なのに雨で収穫できず製糖所が操業停止になった、と新聞に出いていた。

P11102762 20キロ。1時間7分。ちょうどコースアウトした分だけ予定より遅い。

 天気が悪いからまだ明るくならない。

 雨は時折ぱらつく程度だが、市街地を出て海沿いに向かうのに連れて風が強くなってきた。

 このあたり大体向かい風だがくるくる回っている感じ。池間大橋の強風がすでに思いやられる。

P11102772 元気な狩俣中学校前エイドの方々。

 ここで初めて水をもらった。

 そうしたら今度は小便がしたくなってきた。

 狩俣の集落を越えて池間大橋に向かうと予想通り、ヒー、という強い風になってきた。

 これは大変だ、と橋に突入。向かい風に逆らうが全然進まない。

 気を落ち着けるために橋のたもとのトイレに寄る。

P11102812 こんなに風が強いのに波が大して立っていないのが不思議。

 折り返してきたランナーが追い風に舞うように走ってくる。

 約2キロの橋が長いこと。歩きたくなった。

 橋の中間に25キロ表示があり、それでも20-25キロ25分30秒くらいでこなしている。

 最後500mほどが無限の長さ。

P11102822 島の入り口、26キロのエイド。みなさん、ご苦労様、と出迎えてくれる。水を一口。何も食べる気がしない。

 渡り切ってほっとしたら疲れが出てきた。こんな序盤でこの体の重さ。
 今日はやっぱりダメそうだ。
 ほかのランナーもいつもに比べて無口。修行状態。

 島に入ると風はあまり気にならず、とぼとぼ走る。

P11102832

 

 見慣れた灯台。島の裏側にポツンとあります。

 風が強いからこのように雲が時々切れて、一瞬太陽がのぞくこともある。

 このあたりで9時。天気予報では9時まで雨で、以降曇り、だった。
 実際は午後の方がむしろ雨が多かった。

 雨は走るうえでさほど気にならない。風の方は大敵。

 ペースが乱されて集中できない。追い風も飛びがつい大きくなり足にダメージが来たりする。

 P11102842

とりあえず30キロ。3時間7分。依然お腹の調子悪く、太ももの張りが増すし。

 お腹の方は消化が進んで少し楽になってきた。
 このところ、食べなくても走る方に差し支えない、むしろあまり食べない方が体が軽くて走りやすい。
 だからレース前もふつうで済ませているんだが、昨夜、宿でいつもながらの大ご馳走を完食、今朝も平らげて。
 

P11102852 島から出て池間大橋を戻る。

 今度は追い風で、ジャンプすると映画の吊りみたいに体が平行移動する感覚。

 前からくるランナー、体を丸くして前傾姿勢で一生懸命。

 それでもすれ違うと、「がんばれ」、とか「ファイト」とか声を掛け合う。

 上を見るとモアモアの夜明け。

« 宮古島 | トップページ | 宮古島遠足100キロ② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

厳しい天候の中、「2011宮古島」お疲れ様でした。
走るランナーも沿道のサポーターの方も大変な一日でしたね。
来年あたり宮古島出ようかなー。ゆっくりして下さいね。

暑い方ばかり気にかけていたのでびっくりです。
ウルトラはいろんなことがあるもんだと改めて思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島遠足100キロ①:

« 宮古島 | トップページ | 宮古島遠足100キロ② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31