« 秩父ー川越 | トップページ | 再開 »

2010年12月 8日 (水)

板橋リバーサイドマラソン

P11101112 帰国してあっという間に1か月。

近場で大会が沢山あるからしばらく飽きるまで、と毎週何か申し込んでます。

 12月5日荒川沿いのハーフ。

 都営三田線の西台、から歩いて15分のところがスタート。

 学生のころ巣鴨に住んでいたので馴染みの三田線だけど、西台、に降りた記憶がない。

川沿いの工場、倉庫地帯を抜けて河川敷にいくと会場。

まだ4回目の新しい大会ながら、コースは公認コース。

ちゃんとした(?)ハーフの大会に出るの4-5年ぶり。スピード練習してないけど大丈夫?

タイムもそうだけど、鋸山ー大田原ー秩父と続いてなんとなく疲れた気がしていたのに前日も25キロくらい走って足が重め。

P11101172快晴そのもの。

中学の吹奏楽団が盛り上げて時間までつなぐ。

10時40分スタート。

 荒川マラソン、喜多マラソンで河川敷の何度も走った場所で、しばらくいくと岩淵水門で少しアクセント。あとはひたすら河川敷を進む。

 はじめの3キロくらいまで人がいっぱい。抜くと危ないから流れに任せて走る。

P11101182

岩淵の水門で土手に。風がそこそこある。気になるほどでもないですが。

 ちょっとばらけて調子が出てきた感じ。4分40秒/キロくらいでペースが落ち着いてきた。

 ハーフの走り方が少しわかってきたかも。

 8キロすぎで先頭ランナーが折り返してきた。速いこと。トップは1時間7分だった。

P1110119210キロ48分くらい。

後ろから出て、ばらけてきたからスピードが出てどんどん抜かす。いつものマラソンのパターンになってきた。

 5キロおきくらいに給水がある。10度強の気温でずっと何も飲まず通り過ぎ。

P11101212

ハーフの折り返し。

 この後さらにギアを入れ替えて4分30秒/キロで走る。
 やればできるではないか。

 ますます抜かせるんで気分よく走る。

 足の重さは取れないが、あと10キロならもつでしょう。

P11101242そんなこんなで後半はあっという間に過ぎた(?)感覚で終了。

 1時間39分でゴールしたが、スタートで2分ロスしているからネットで1時間37分くらい。

 ハーフだとこれくらいで走れるんだ。スタートの渋滞がなければもう少しよかっただろう。

 中学生の楽隊のお出迎え。

 しかし皆さん速い。日本の大会は中国とレベルが違う。

« 秩父ー川越 | トップページ | 再開 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板橋リバーサイドマラソン:

« 秩父ー川越 | トップページ | 再開 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31