« 雁坂峠越え143キロ:ゴール川越 | トップページ | 宜興 »

2010年9月26日 (日)

莫干山

 今朝起きたら雨。少し逡巡してから雨具を着て外に出る。
 雨で鳥が静かだが、虫と蛙が元気に鳴いていた。
 公園で走っている人一人だけ。雨具を着ていた。

 22日ー24日中秋節の連休。23日ー24日と近場で旅行した。

  まずバスで湖州へ。上海南バスターミナルから2時間半、54元。3連休中日のわりにバスは空いてます。

 湖州市内は見所少なそうなので湖州バスターミナルで莫干山行きバスに乗る。すぐに出て一路莫干山へ。

 普通のバスで1時間強。莫干山最寄の徳清県(武康着)。何箇所か停まって12元。さて、ここから莫干山にどう行くんだろう?ターミナルから出てなさそう。
 窓口で聞こうとしたら長蛇の列なんでタクシーでいくこととした。当然ぼられて60元。帰り、バスで帰ったら3元だった。

まあ、タクシーは山の中まで入ってくれるから便利は便利。莫干山入場料は80元。高い。

P10000782 ここは中国4大避暑地のひとつとかで(あとは廬山、北戴河、鶏公山だそうだ)、広い山間に別荘風の建物がたくさん建っている。
 軽井沢的風景。

 散歩道が縦横にめぐっていて観光客もそこそこいる。

 交通の便が悪いので団体バスか自家用車の人がほとんど。

 P10000732

剣池(←)、という場所に下りていく。説明を読んだら、莫干山はその昔の刀工(の神様みたいな)莫邪と干将の夫婦がここに住んでいたので命名されたそうだ。

 その後避暑地にいい、と外人が開発して多くの別荘を建てた、と。
 道理で洋風の古い(上海の老建築と似てる)建物が多い。
 観光客の7割は上海からだそうだ。

 今では古すぎ。メンテナンスが悪くて荒れている。

P10000742 水が豊かな場所。清流は飲めそうなほど。中国にもこんなところがあるんだ、という風景。

斜面が急で降りたら上るのが大変。まだ雁坂のダメージあり。

P10000702_8

竹林が多い。ぶらぶら散策するが当然同じような景色で1時間もしないうちに飽きてきた。

 メインストリート(?)に戻り中心部にいってみる。

P10000822

小雨がちで遠くがかすんでいる。

中心部に郵便局や店、食堂、ホールなんかがあるがどれも古くてメンテナンスが悪いからみすぼらしい。
 きちんと手入れして復活させてほしいものだ。石造家屋が多いから修理可能なはず。

一通りみて軽の乗り合いタクシーでふもとに下りる。これしか交通手段がない。

P10000852 ふもとの村のバス停前に手作り布靴作りの店があり。
 おじいさんが中でミシンで縫っていた。人が少ないゆったりした町。

 30分1本くらいバスが出ている。武康行き。30分ほどで着く。

 武康から快速バスで湖州へ戻り。50分。この日は湖州泊まり。

 湖州、街は大きいのだが、なぜかレストランが少ない。

Memo00042輪タクのおじさんに教えてもらった店へ。18時だというのに相当な混みよう。みんな宴たけなわ。

 くらげとセロリの炒めたの。くらげの炒め物、上海にはない。

 味は、まあ上海より落ちるが贅沢はいわない。

Memo00032 「喜多ラーメン」という店があり。意外にも大繁盛だった。

 湖州の中心部は中国のよくある地方都市と同じで急にきれいになったような雰囲気。

 

 

 

« 雁坂峠越え143キロ:ゴール川越 | トップページ | 宜興 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 莫干山:

« 雁坂峠越え143キロ:ゴール川越 | トップページ | 宜興 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31