« 牛頭 | トップページ | コンビニ »

2010年9月12日 (日)

杭州曇天

Imgp03992  久々杭州へ行った。

 ←霊隠寺近くから入る。

 山の中に何筋も路がありいくつか試してみた。整備された道を下ると吉慶山隧道の入り口近くに出た。

 ずっと曇り。雨は持ちこたえて気温が低い。でも湿度のせいで上りは汗だく。

Imgp04043

 rあとはいつもの龍井に抜ける道。
 この天気なのにハイキングの人がたくさんいて歌なんか歌いながら歩いている。

 若い人たちに写真撮影を頼まれる。

Imgp04062

 なんということはない景色。人が居ないところは走る。

 今回の目的のひとつは新しいトレイル用シューズの慣らし。
 ところがこれが石の上でつるつる滑る。 
 階段で一度滑ってしりもちをついた。

 軽量化のためにプラスチックみたいなのを底に使っているから濡れたところはだめみたいだ。

Imgp04132 このあたりの道は幅があり、石の素材がよくてきちんとしている。

 ずっと曇り空。帽子のひさしから汗がぽたぽたと流れてきた。

 暑い時期これくらいでもこたえたもんだ。

Imgp04162

龍井村へ茶畑を降りる。前の人たち、ヒールのあるサンダルの女性がいたりして難儀している。

 九渓をさっと走る。自転車で通り過ぎる若者が数人。
 川に入って水浴びしている人。

 理安寺からまた上る。この坂案外きつくて長い。

上りきったらすぐにまた茶畑を降りて迂回し虎跑泉、動物園の前を過ぎて玉皇山に登る。

 ここはいつも虫が多くてまとわりついてくる。うるさい。

 時間的に順調。なんだが最後、万青書院手前で道を間違え直進。引き返して車道へ。

Imgp04282

浙江省烈士記念碑への階段。

 ここから終点、呉山公園まですぐ。

 スタートして5時間少々で河坊街に到着。日曜の午後とありすごい人出。

 いつものコースを逆走し、さほど迷わずにたどり着けてよかった。多分このルートが一日コースでは自分でたどったベスト。

 足の疲れはさほどない。いつも通り昼食べなかったが腹が減らない。
 

« 牛頭 | トップページ | コンビニ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

写真を見てると「中国・石道トレイルラン」を思い出します。石道を作るのも大変でしょうが、日本でトレイルをしていると登山道の設置&整備がいかに大変かを痛感し、感謝しながら走ります。

今週末日本は3連休、久々に六甲に出かけようと思います。

 ここの道は普通のハイキングコースなんで安心して走れます。
 日本の登山道はよくできてます。

 私は週末雁坂です。

 

大会案内を見ただけで卒倒してしまう「雁坂」。卒倒しそうなくらい楽しんで下さいね☆

 出るたびに、「もう2度とウルトラはやらない」と念じながら走る大会のひとつです。
 
 でも、これと奥武蔵のおかげで埼玉の西部に土地勘ができてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杭州曇天:

« 牛頭 | トップページ | コンビニ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31