« 雁坂峠越え143キロ:峠まで | トップページ | 雁坂峠越え143キロ:ゴール川越 »

2010年9月24日 (金)

雁坂峠越え143キロ:秩父まで

P10000322  峠のすぐ下、CP2雁坂小屋。12時10分。大体去年と同じ。
 カップめんなんかを出してくれる。空気が薄くてなかなかなかなか水が沸かない。

 ジュースを飲んで雁坂の水を瓶に詰めて出発。

 今日、ここまで調子は普通。特に辺なところもなし。
 この後のくだりはゆっくり降りるだけ。

P10000372

10キロ近くある長いくだり。くだりは遅いし、ここで消耗すると後がひどい。毎回ゆっくり進む。
 今回も20人くらいには抜かれるだろうな、という気持ちでいった。
 結局25人くらいに抜かれた。でも、ほとんどの人たちはその後おいついている。
 ここで15分、20分早く走っても平地にダメージを残したら元も子もない。

P10000422

道だか唯の崖だかわからないようなところを延々と下ってゆく。

 山のこちら側、北になるので日が当たらず全体的に湿っている。水が湧いていたりして滑りやすくもある。

 日陰でくだりなんだが相変わらず暑い。水を飲むとすぐに汗で出てしまう。

 単調で飽きてきた。途中の樺避難小屋で小休止する。みんなどんどん駆けてゆく。

 3分ほどで5人くらい通った。

 最後の坂がきつい。

 P10000432_2 山を降りて舗装路を2キロほど行く。途中温度計があり25度。秩父盆地はいった。

CP3扇屋山荘。いつもの休憩所。

14時16分。山から2時間かかった。これも去年と同じだ。

 休んでいる人が10人くらいいる。ビール飲み物、食べ物、ビールも出てきた。

 P10000442_2

ここで毎年カレーが出ます。辛くておいしい。量もたくさんある。
 ささっと食べたらルーが多くてご飯が足りない。ご飯のおかわりした。

 汗をかくから塩をなめて7分ほどの休憩で出発。

 ゆっくり下ったからダメージ少なし。

P10000462

栃本へ上る口に注意看板があり。これは今まで無かった。
 このあたり人通りの少ない道なんで狭い割りに車が飛ばしている。

 だらだら1キロ以上歩いてのぼり栃本集落。

P10000482

 ここは雁坂道の旧街道で、関所があったところ。旧家が立ち並んで土蔵が各家についている。

 今ではひっそりとした村。時々庭の人が「がんばってな、大変ね」と声をかけてくれる。

 旧街道12キロくらいあり。長い。

P10000512_3 途中二瀬ダムがあり。水位が低い。

 ダム脇に自販機があり、ここでジュースとか買う人多し。

 そのまま通り抜けて基本下りを140号線向けて走る。
 みんなまだ元気で抜きつ抜かれつ。

調子は悪くないつもり。足は普通でいつもの足底痛が出る気配が無い。

Memo00022

 140号と合流して秩父鉄道がでるあたりまで市街地まで道が細い。ところどころ歩道がないところを走る。危ない。

 秩父まで22キロの標識。ずいぶん来た気がするものの、まだ半分過ぎていない。どんだけ長いんだろう。

Memo00052    

この辺ずっと山の中です。歩道の無い道を曲がるとCP4大達原バス停67.5キロ。16時17分。去年とほぼ同じ。15.5キロに1時間50分かかった。

 10人くらい休憩中。ぶどうサイダーがおいしい。このあとずっとこれを飲み続ける。

Memo00062  腰を下ろすと長居しそうなんで立ったままこちら(←)のそばを食べる。

 フルーツうどんもあり。そば2杯。ジュースと水。

Memo00072 「サンドイッチもおいしいから食べて」というスタッフの声につられてこちら(←)も食べる。

おいしい。胃腸は今回も強かった。

 秩父まで単調な山の中を進む。アップダウン少ない。

 

 

 暑い。Memo00082_2 すぐに水が飲みたくなる。
 この店に立ち寄る人がたくさんいた。

 気温25度前後、秩父盆地は日が傾いても気温が下がらない。それでも去年よりもまだ涼しい気がする。

 前後するランナーが固定してきた。

Memo00102

秩父市内手前。秩父まで9キロの標識。町の中心、西武秩父駅あたりまで9キロ。

17時30分通過し、日が暮れてきた。連休中途あり、ドライブから戻る車で道は混んでいる。

Memo00112

 武州日野駅。秩父鉄道、の駅。国道の脇に駅がありトイレに立ち寄る。

 ランナーが駅員さんと立ち話などしていた。

 秩父市街に入ったら暗くなる。ここからなかなか次のCPにたどりつかない。

 そろそろかな、というころ初参加ランナーが休んでいたので、もうすぐだよ、っと一緒に走る。

Memo00122 ようやくCP5熊木商店85キロ着。去より10分遅いが、疲労が少ないからこれからスピードアップできるんでは?と軽く考える。
 これが大間違いで終盤ひどい目にあった。

 おかゆなんかを軽く食べて座らず、5分ほどで出た。

« 雁坂峠越え143キロ:峠まで | トップページ | 雁坂峠越え143キロ:ゴール川越 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え143キロ:秩父まで:

« 雁坂峠越え143キロ:峠まで | トップページ | 雁坂峠越え143キロ:ゴール川越 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31