« 雁坂峠越え143キロ:広瀬湖まで | トップページ | 雁坂峠越え143キロ:秩父まで »

2010年9月23日 (木)

雁坂峠越え143キロ:峠まで

P10000182 広瀬湖を出てまだ140号線をしばらく走り右折←、登山道に向かう。

 人は居ないが矢印が地面に引いてあり、昼間なら間違えない。

 ランナーがたくさん。初参加の人にこの後の道を聞かれた。

P10000212

まだまだ山には登らない。上りの林道で走れば走れないことはないが相当きつい。

 自分の時間の人たちはみんな歩いていた。16時間以内、とかいう人たちは走るんだろう。

 2キロほどいって登山口。入り口に大木が倒れていてとうせんぼしている。

P10000252

これは沢です。

雁坂峠、全国的に有名な場所ではなかろうが、今年の夏に遭難者救助のヘリが落ちたり、テレビ局の人が取材で遭難したりして連日ニュースに出てた。
 そのとき沢登り、という言葉がよく出てきてこの大会を思い出した。

 まあ、それだけ深い山なのです。

P10000272

 斜面でロープを伝ってすすんだり。

 ここは初参加のとき滑り落ちてカメラを壊した地点。慎重に進む。

沢のあと尾根伝いに進むところはそれほどきつくない。

 だんだん大きな木が減ってきて勾配が急になる。

P10000282

最後のきつい笹薮を上っていると後ろに景色が見えてくる。

 今日は曇りで富士山見えず、残念。

 相変わらずであったランナーに話しかけるがみんな無口。

P10000302 ようやく雁坂峠着(2082m)。12時過ぎ。日本三大峠のひとつという。他の2つは名前も知らない。

 登山する趣味が無いのでこんなことでもないとここにはこなかっただろう。

« 雁坂峠越え143キロ:広瀬湖まで | トップページ | 雁坂峠越え143キロ:秩父まで »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

完全に「登山」ですね~涼しければとても快適なランになりそうな環境ですね。奥武蔵を思い出します。

 この辺完全に登山です。
 まだ暑かったんでのぼりは汗だく、頂上でも涼しくなかったんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え143キロ:峠まで:

« 雁坂峠越え143キロ:広瀬湖まで | トップページ | 雁坂峠越え143キロ:秩父まで »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31