« 到来 | トップページ | ロバ② »

2010年7月 3日 (土)

杭州:霊隠

P11500402 また杭州でアップダウンの練習。

8時40分杭州駅に着きK7バスで霊隠寺へ。
 ひどい暑さだ。そんななか観光客がもう詰め掛けている。

 今回の目的は霊隠周辺のルートを探索すること。

 地図をみて寺から天竺の方へいくとぐるっと回って霊隠寺の後ろ、ロープウェイの方に向かってしまう。
 こっちにもハイキングコースがありそうだが当面の目的地は龍井なので引き返す。

 ほんのちょっと走って登っただけでTシャツは汗でびしょぬれ。

P11500412 地図だと天竺路の中天竺から上り口がある。
 茶畑に登る階段があり、試してみたら登山路だった。

 といってもずっとお茶畑の急勾配を登る。農作業の道じゃないのかな?と不安になってくる。

 普通のランニングシューズなので下が滑って登りにくい。

P11500422

目の前に何か飛び出てきた?ぎょっとしてみたらガマガエルだった。

 こんな乾燥したところで何をしているんだろう。

 茶畑を抜けてもまだ細い山道の登り。その後は尾根伝いに進む。方角はよさそうだ。

地図をみようと立ち止まったら1分で6箇所も蚊に食われた。この辺の蚊はマシンガンのようだ。

P11500442 しばらく尾根を進んだらハイキングコースに出た。

 誰もいない。少し怖くなる。土曜の昼間だというのに。

 右に行くと龍井のようだ。起伏が小さいので走ってみるがどうも続かない。調子がよくない。
 歩き主体で先へ。

P11500452

 分かれ道には地図があります。なぜかどこでも現在地のあたりが擦れてわかりにくくなっている。

 途中、下る道があり、違うと思いながらもそちらへ。しばらくしたら集落にでた。上天竺だ。
 やはり失敗。急階段を又引き返してつかれた。

 この辺で、今日は本格的に調子が悪いんだ、と自覚した。

 原因は酒と寝不足だろう。

P11500462_2下に見えるのが龍井村。

ハイキングコースは村をめぐるように通っていて、降り口がない。変だな、と思っていたら、またお茶畑の中に行く農作業の道みたいなのがあった。

 暑いせいもあり今日は本当にしんどい。下りでも走りたくない。
 ひどい急坂だ。

 なんとか降りきると、なんだ、いつもの龍井村の行き止まりと思っていたところに出た。
 一見すると民家の玄関に上る道なので調べてなかった。

P11500482_2

陸羽はお茶の神様みたいなもの。唐のころこの辺は南方だったんだろう。

 龍井で水を買いに店に寄る。
 おばさんが、自分の装束をじろじろ見て、「山登り?この暑いのに」と聞く。Yesと答えると、「1人?山は1人はだめだよ、危ないし、つまらないし。今度は連れ立ってきなさい」と怖い顔でいわれた。

 このあと、いつもの九渓十八澗を通る。水量が多くて靴がびしょぬれ。

 理安寺から虎跑へ。少し登るだけで大汗。いつもはさほど飲まない水をこの日ボトル3本飲んだ。

 動物園到着が霊隠から4時間くらい。一休みしてアイスを食べたらやる気がなくなりバスで駅まで。
 バスのエアコンが天国のように気持ちよかった。

 

 

 

« 到来 | トップページ | ロバ② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

写真から、相当の暑さと濃い緑が伝わってきます。

暑いから山に登る、んですよね?私も昨日六甲に行きましたが、平地は灼熱、山中は日陰で普通に走れます☆

そろそろ奥武蔵モードでしょうか?

杭州程度の山だと登りで暑いだけで。
 前日飲みすぎてバテバテ。
 悪い癖です。

 奥武蔵の前に「OSJおんたけトレイル100キロ」という無茶なのに出ます。
 今ところ日本で一番きついトレイルだとか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杭州:霊隠:

« 到来 | トップページ | ロバ② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31