« おんたけウルトラトレイル100キロ:70キロまで | トップページ | 喫茶店 »

2010年7月21日 (水)

おんたけウルトラトレイル100キロ:105キロまで

Imgp02512 それにしてもいい天気。崩れる気配全く無し。

 翌日の新聞ではこんな山の中でも木曽福島は最高気温30度以上。盆地だし。

 食べるほうは心配ないが水を飲まないとやってられなくなった。水は全部で4リットルくらい飲んだ。

Imgp02432_2

エイドが少ない代わりに山だから水場が多く、手ごろなところにいは「天然エイドステーション」という札が立っている。

前日まで大雨だったからいたるところで地面が水を含んでいて水場はたくさんある。特に後半。

Imgp02562  1mくらい降りたり、すべって危ないところもあり。疲れてくると転んだりするから要注意。

 見かけるとつい立ち寄りたくなるが、みんなストイックに最小限で通り過ぎてゆく。

 水はつめたい。一口飲んでボトルに詰めてはしっているとすぐぬるくなる。

Imgp02552

山の景色は単純。危険防止で道の谷側は木が植わっているから外がみえない。山側は切り立った壁ばかり。

 途中会った人が、「夢に出てきそうだ」と嘆くどこまでも同じ岩だらけの道。

 今回時計を持たずに走った。どうせタイムを気にしても仕方ないし。

 タイムは写真の撮影時間で後で知った。80キロを10時間15分で経過。

85キロ地点のエイドImgp02592でそうめんを食べる。2杯食べて汁も全部飲む。
汁は塩分補給。

あと20キロと現実的に考えられる距離になってきた。

 が、ここからまた2回登りがあり。みんなうんざりしながらも休憩をそこそこに出発。

 ほとんどの人が歩いている。少し会話。

Imgp02612

一緒になった東京の人が、「90キロの標識なんでないんでしょう」とこぼす。
 歩いてばかりでなかなかはかどらない。もう13時だ。

 下りになったがこの通りますますひどい路面状態。膝やらいためて下りも走れない人が多くなってきた。
 自分は、というと、走っていないから筋肉痛は問題なし。持病の足底筋痛がキンキンする。大きく跳ぶと痛い。

 「これは拷問だ!」と東京の人と話しながら進む。

でもだんだん道がよくなり、普通の砂利道になってきた。少しスピードを出して最後の小エイドを目指す。
 97キロのはずがなかなかでない。おかしい、おかしい、と走り続けて到着。エイドには99キロ地点、あと6キロ、とある。

 水をもらって1人だけのスタッフと少し話す。

 Imgp02642_2 6キロか、と少し元気が出て走り出す、舗装路で走りやすい。が、20分走ったら100キロ地点の標識。  

急にがっくりした。距離表示がこのあたりなんともおかしい。

 「100キロマラソンなら100キロの標識はゴールだろ」とぶつぶつ言いながら通過。

 みんな歩いているし少し歩く。時間は15時近く、猛暑最盛期。

 山の中の人気がない道を進んで、短い坂を越えたら突如ゴールが現れた。

 結局100キロ標識からゴールまで20分。3キロもなかった。

 14時間54分くらいでゴール。それでもエントリー700人中130位くらいだそうだ。100キロの自己ベストより5時間以上遅い。

 やっぱりトレイルは向いていないのかな。それとも練習すればもっと良くなるのか。
 途中、岩だらけで足の裏痛いよね、とランナーに聞いたら、その靴薄すぎますよ。といわれた。4年前の靴。用具は急速に進歩している。

 トップのランナーは8時間45分。どうすればあの105キロをそんなスピードではしれるのか?後で聞いたら、この人はフルのベストが2時間15分というプロランナーだそうだ。
 10時間以下が3人だからいかにこの人が飛びぬけているかわかる。

 マラニックにはこんな人絶対いない。
 トレイルはガチンコなんだと改めて思った。

 

« おんたけウルトラトレイル100キロ:70キロまで | トップページ | 喫茶店 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!王滝村のウルトラ関連で検索していてこちらのblogを拝見させていただきました。
なんと上海からの弾丸ツアーでエントリーされているのですね。すごいです。私もトレイルが好きでしてよく山へ走りに出かけております。また年に2~3回程度、上海へ出張へ行くのでとても参考になる記事がたくさんあって嬉しくなりました。出張時は上海植物園へ走りに行く事が多いです。また今年の3月に上海へ行った際、どこかトレイルがないかと蘇州へ行きバスで太湖に浮かぶ西山という所へトレイルランしに行きました。スミレが咲いていて感動しました。すいません、長くなってしまって・・・。

Shimonさん
 コメントありがとうございます。
 上海によくいらっしゃるんですね。植物園、行ったことないんで今度試してみます。
 中国は単純で短いロードのレースばかりなので時々日本に出かけてます。
 こちらのランナーは世紀公園の周りなどでいつも練習してます。
 狭い上海どこかでおあいしているかもしれません。暑さに負けずにがんばりましょう。

猛暑の105Kmトレイルお疲れ様でした。Blogを読むと直ぐですが、走ると長いだろうなというのが読み取れます。日本に戻ったらもっとトレイルやりたいなと思います。
次の大会も日本ですね!

TRさんもサロマで猛暑大変だったでしょう。
 夏のウルトラを十分堪能しました。
 ついでに次もがんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おんたけウルトラトレイル100キロ:105キロまで:

« おんたけウルトラトレイル100キロ:70キロまで | トップページ | 喫茶店 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31