« 甲府・塩山 | トップページ | 大菩薩① »

2010年6月16日 (水)

骨折

 昇仙峡から甲府市内に戻り、駅前にあった外科で足指をみてもらった。

 レントゲンを撮ったら、あっさり医者に「折れてますね」といわれた。市役所の窓口みたいな事務的な口調で。やっぱり。

 医者にとって見れば、たいした怪我でなく、患者は苦しくて助けを求めているようでもなし。「離れてないし、自然につながるでしょう。添え木でなくて湿布します」とそれで終わりだった。

 自転車のパンク修理よりも簡単な診察。

 それにしても、椅子の足を蹴るだけで骨が折れるんだ。
 記憶している限りでは、生涯骨折は2回目。中学生の時剣道していて後退し、竹刀入れ箱に足指をぶつけて小指を骨折した。同じところ。そう考えると折れやすい部位なんだろう。

 相変わらず走るとずきずきする。

« 甲府・塩山 | トップページ | 大菩薩① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

走っても大丈夫なんですか?
無理なさらないように。

Kさんと同じ質問です。
Walkerさんが「走れない」というのはイメージできなくて。。。

 大丈夫でないんですけど、すこしくらいなら走ってもいいかな、と。
 長いのばかりやってて痛みをこらえて走るのに慣れてしまったみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨折:

« 甲府・塩山 | トップページ | 大菩薩① »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31