« 万博を走る②食べ物・乗り物 | トップページ | 全力 »

2010年4月25日 (日)

万博を走る③北朝鮮・中国館

P10503062 閉まっているパビリオンが多い中、北朝鮮館が開いていて人が出入りしていた。

 小さな建物で、中は「人民の天国」とかいう宣伝があったり、自国礼賛のもの。

P10503082 平壌市内の模様。よくテレビのニュースでアナウンサーの背景にこんなのをみかける。

 写真とビデオ中心。

P10503132

北朝鮮が誇る文化遺産という玄武の壁画。張りぼてでした。

 10分もあれば見終わり。まあ、こういうライトなパビリオンも息抜きにいいかも。

P10503692 中国館、午後入場券だったので12時前に並ぶ。

 すごい人で、割り込みもあり、警官が多数出て人間の壁を作り列を誘導していた。

 そこそこ順調だったがそれでも1時間近く並んだ。

 下で並んで、エスカレータで館の下までゆく。そこからエレベータで3階まで。エレベータ待ちがこれまた長い。

P10503722

やっと入ると列車駅みたいな入り口。

歩いて大広間に。広間で向こうの扉が開くのを待つこと3分。

P10503772

扉の向こうは映画館。中国宣伝ビデオみたいなのが流され。

 外国人を意識してだろう、映画にせりふはなく、音楽だけ。

P10503802_2   

映画は5分程度。横から展示室に入る。

上海の発展。というコーナー。
←1978年の家庭。ラジオだけ。

P10503812

←1988年。白黒テレビ、冷蔵庫、ミシン。

P10503822←1998年。PC。

P10503842 

←現在。

 これはなんだろう。自慢?回顧?

P10503892 このあと回廊に入ると「清明上河図」が壁一面に映し出されていた。

 ご存知でない方は「清明上河図」を調べてから行ったほうがいいです。
 中国絵画の最高傑作。絵巻物みたいなもんです。

 画面の人物がCGで動く。これはたいしたものだ。

ところで、館内は当然撮影禁止なのだがみんなバチバチ写している。自分も倣ってやっていると「撮影禁止です」と係員に注意される。が、威圧的でないのでみんな一向に気にしない。自分も係員が居ないところで撮る。

P10503912

 このあと建物でショーをやっている。声が小さくてせりふが聞き取れなかった。

P10503942

このあと2階に下りる。すると遊園地みたいな乗り物に乗る。長い乗り物で100人くらい一度に乗れる。

 ここでの展示はイメージ主体で抽象的。隣のおばさんは途中で寝てた。

P10503972

P10503982

P10504002 最後は環境関連の展示。こちらは電気自動車。

全体に中国館というよりも上海館の印象。

外から見るよりも中は広い。

P10504012

帰りがけにみた入場の行列。この時点で2時間以上の待ち。

« 万博を走る②食べ物・乗り物 | トップページ | 全力 »

中国事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万博を走る③北朝鮮・中国館:

« 万博を走る②食べ物・乗り物 | トップページ | 全力 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31