« さくら道国際ネイチャーラン | トップページ | さくら道ネイチャーラン:真夜中の老木 »

2010年4月21日 (水)

さくら道国際ネイチャーラン:序の口

 前日、16日15時から開会式、説明会。今年は時間がおして17時近くになった。預ける荷物を置いて宿に。
 雨が降ったり止んだり、面倒なので近場で食べてすぐ寝た。

Imgp00242 6時スタート。

開会式にも登場した名古屋城400周年キャラの「ハチ丸君」とやらがスタートで見送ってくれた。

 雨が止んで涼しい。Tシャツ1枚で寒いくらい。

長丁場だからとにかく最初はゆっくり。時差スタートの同じ組でも最後尾を進む。
後ろから昨年Imgp00262 トップのKさんがものすごいスピードで来て抜いていった。4分半/キロくらい。

こちらは6分/キロ以下で。

 昨年にも増して自衛隊の方のサポートがよくわかりました。

 とにかく130人のランナーにスタッフ800人という贅沢な大会。

Imgp00272

 最初のエイド。大きさは違うがどこもこんな感じでしっかりした運営。豊富な飲み物と食べ物でみんな足を止める。

 体の調子は悪くない。心配は右足膝で、練習で40-50キロ走る分には痛まなかったが100キロ走るとどうなるか?
 そんなことは走ってみないとわからず少し不安。

Imgp00292 愛知県市街地は毎年のことで沿道の応援がけっこうあり。

 最初のうちみんなまだ固まっていて元気に挨拶しながら通過。

27-28キロのところで木曽川を渡り岐阜県へ。

 このあたりで兵庫からきたHさんという女性と前後し始める。他にもいろいろな人がいたが、ペースをセーブする自分はどんどん置いていかれ。
 Hさんもマイペース。結局このあと143キロの荘川桜までずっと一緒だった。
 結果的に去年のKatellさんと同じ状況。

Imgp00312_3

そういえば今年は女性が多かった気がする。

 若い人もたくさんいて、最年少21歳。よくこんな年であんな苦しいことをやろうと思うものだ。費用もかかるし。
 最近の子達は案外ストイックなのかも。

 Imgp00362

Hさんは初参加。小柄でスムースな走り方。とにかく白鳥の第一チェックポイント(CP1)まで予定通り行きたい、とのこと。
 こちらも同じ考えでペースを相談しながら進む。

Imgp00372

こちらもいつもの民謡応援団。好天でよかったです。

30-40キロは岐阜市内を走っているんだがどのへんかさっぱりわからず。

 足の方はまだ何の兆候なく。ひたすら走るのみ。

Imgp00402 コースは国道156号線。

ひたすら長良川沿いに飛騨を目指して走る。

 山の中に入る。「レース開催中、ランナーに注意」の道路標示。

まだ始まったばかり。

« さくら道国際ネイチャーラン | トップページ | さくら道ネイチャーラン:真夜中の老木 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

楽しまれたようで、お疲れ様でした☆

Walkerさんのタフさにも驚きますが、
21歳?で250キロ走ろうなんて・・・悟りの世界?

レース中、天気良かったんですね。
素敵な青空の下、引き続きレースご報告楽しみにしています。

 天気良すぎの放射冷却で朝方たいそうな経験をしました。
 終わってみれば何とやらです。
 途中22歳の人とずっと一緒になり、しんどそう。ウルトラは亀の甲より年の功です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら道国際ネイチャーラン:序の口:

« さくら道国際ネイチャーラン | トップページ | さくら道ネイチャーラン:真夜中の老木 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31