« 鄭州へ | トップページ | 鄭開マラソン② »

2010年3月30日 (火)

鄭開マラソン①

 昨日休んで今朝から走る。朝雨上がりで無風。10度くらい。
 Kさんに会った。買い物の話などする。

P10501912_2 鄭開マラソンは文字通り鄭州から開封まで通じる鄭開大道を走る。
 直線36キロ、片側5車線の道を全部塞いでひたすら東に向かう。

 スタートは市街から遠くて、金水路の荊紫山公園前からバスに乗る。ホテルからすぐ近く。だがバスで30分かかる。

 着いたら荷物預け。この大会2回目で手際が悪く荷物預け車の周りが狭い。と、急に移動して300m先にいってしまった。

P10501992 去年と違い挨拶とかほとんどなく定時8時30分スタート。

 フルの人ざっとみて1000人弱くらい。広い道で混雑なくスムースに出る。ゴール板まで1分半くらい。

 このマラソンの特徴として、こんな風に隊伍を組んで走っている人たちがあることがある。軍隊か武警のひとたち。

P10502002

 体軽く、気持ちよく走り始めた。5キロ26分40秒。ネットで25分くらい。

 沿道の応援は去年より増えた。近在の農村から駆り出されているようだ。相変わらず大人は無表情で子供が一生懸命応援している。農村のことで子供が多い。

 10キロ手前から向かい風がどうにも気になり始めた。

 P10502032

5キロー10キロが25分9秒。スピードを上げようとするが続かない。

 今日はだめそうだ。早々とタイムを諦め始めた。

 何でダメなのか?向かい風。4月以降を考えて負担をかけないように。3ヶ月ほどフルを走っていない。などなど考える。

P10502052

熱心な応援。写真右から女の子、おばさん、おじさんは家族か親戚だろう。よく似ている。

 涼しい向かい風で汗をほとんどかかない。おかげでトイレに行きたくなってきた。こんなこと珍しい。

 P10502082

給水要らずでどこも素通り。みると水とスポンサーの「蒙牛」の牛乳がおいてある。日本だと冷たい牛乳は腹を壊すから、と飲まないもの。
 こちらの人は栄養があるからマラソンに良い、といっている。

 ホントはなんだかわからないが、飲みかけの牛乳をランナーが投げ捨てた路面が汚い。

P10502102_2 10キロー15キロ25分30秒。15キロ過ぎ道端で用足し。見渡す限り畑で誰もいないが見晴らしが良すぎてちょっと気になる。
 スタートにもトイレが4つしかなく、沿道も少ない。トイレが課題の大会だ。

 もう20キロに近いところで風船をつけた4時間ペースおじさんにあった。4時間には速すぎるペースなので誰もついていっていない。

P10502112

 20キロ通過。この5キロ26分20秒かかった。25分切れない。

 のんびり走ることに決め手写真をたくさん撮りながらいくことにした。景色が単調なので沿道の人とか。

 向かい風がますます強まってきた。

ハーフ1時間48分。3時間半切りはもう無理だ。

P10502142 行く先をみると前途は果てしない。ハーフの人がいなくないフルで貸しきり状態の10車線道路。
 そろそろみんなばててきて歩き出す人もいる。

 お台場の時の膝が気になり始めた。

« 鄭州へ | トップページ | 鄭開マラソン② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鄭開マラソン①:

« 鄭州へ | トップページ | 鄭開マラソン② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31