« お台場24時間走:結果の手前 | トップページ | 大砲 »

2010年3月10日 (水)

お台場24時間:経過

3 上海に戻りました。なんという寒波。今朝は厚く氷が張りこの冬一番か、という冷え込み。

 南京も猛烈に気温が下がって昨日朝起きたら夜の雨が雪になり一面銀世界。それでも道路は掃除されていたから走ってみた。膝は痛いが筋肉痛はほとんどなく気分よく走れた。
 鼓楼や民国老建築など、南京には古い建物がたくさんあるんだなあ、と改め思った。

 遅まきながら経過。

といっても時間走は景色が変わるわけでなく、タイムと距離とダメージしか経過が無い。

 今回の目的はとにかく100キロ超を走ってどこか痛まないか調べること。今後の大会のために。

 昨年末からフルで左足付け根が痛くなることがあり。だた、宮古では出なかったし、痛んでも走れないほどでもない。それが長丁場だとどうなるか。

 結果130キロしか走れなかった。

P10500902_2 

 左足付け根の痛みは2時間で出てきて案の定下腹部まで突っ張り早くも大不安。

 といって何もできないからなるべくイーブンペース、6分半/キロくらいで走り続ける。

 15時スタート時の雨は17時過ぎには止んだ。ただ、寒い。今回24時間ずっと5度以下くらいだった。

 最初の方は走ると温まるから薄着。

 19時過ぎて夕食時。エイドではおでんが出たり、麺が出たり。ただ、食べ物に会わせてペースを変えるのが面倒であまり食べずに、お菓子なんかで済ませて走り続ける。

 3-4時間くらいで体調がわかってきた。前夜よく寝て頭はすっきり。足は普通。

 1周1.5キロ。6-7周走って少し休み、で当面走ることにした。

 6時間で55キロ。下腹部は痛いが我慢できる程度。もう少し痛みが増してもなんとかなるかな。

 8時間で70キロ過ぎ。?。エイドを過ぎて右に曲がるときいきなり右足内側(左側)がちくっときた。あれ?と思い走る続けると痛みがどんどん増してくる。
 おかしいな、と休みを入れて様子を見る。

どうやら去年この大会で痛くなったところと同じだ。P10500912_2 こんなのあれ以来なかったのに。

 急にペースが落ちてきた。
 ただ、そのほかの筋肉は悪くないからじりじり走る。80キロあたりから、とりあえず100キロ走ろう、と目標設定。

 100キロ通過11時間45分。目標をはるかにオーバーしているが、なんとか超えたから102キロ、12時間過ぎで一休みする。朝3時。

 あと12時間。休み休みでもかなりいけるかな?でも足の痛さはひどい。急速。

おにぎりを食べて横になったら寝てしまった。

 起きると朝4時20分。やや。寝すぎた。でも体がしんどい。一度休むと固まって動きたくない。講堂の中は暖かく。気を取り直して出ようとしたら、「土砂降りだ。みぞれだ。走ってられない。凍える」とみんなが駆け込んできた。
 外は大雨。気が萎えてまた寝る。5時30分に起きたらまだ雨。
 出ようとするがとても。

 足の痛みがひどい。

 結局このあと30キロくらいしか走る(歩く)ことができなかった。雨は小降りになったが体が冷え、足が動かず。

 とにかく100キロ超走ってみることが今回の目的なのでできる限り、と思うががたが来てP10500992 全然だめ。

 9時で12時間走の人が終了し、6時間沿うがスタート。
 ひたすらゆっくりいくだけ。みなさん早々に戦意喪失で、電車が動いたら帰宅する人続出。

 が、強豪の方々は何でも無いようにひたすらペースを刻み、ひたすらすごい、というばかり。

P10500972

22時間半で130キロ超えたところでやめた。

右足は歩くのもやっと。痛みの理由をずっと考えた。去年も出たことからして、このコースに合わないんだろう。

 多分、コースのコーナー角が急で、鋭角が2回、ほぼ直角が2回、あり、それが積み重なって膝に腱がずれた、という感じ。

 2日経ってうそのように痛みが引いたのが安心したやら、腹立たしいやら。 

« お台場24時間走:結果の手前 | トップページ | 大砲 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お台場24時間:経過:

« お台場24時間走:結果の手前 | トップページ | 大砲 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31