« 上海マラソン:前半 | トップページ | 上海マラソン:ゴール後&感想 »

2009年12月 1日 (火)

上海マラソン:後半

P10405412  中間点を過ぎて、すぐ脇を車が行き交う虹梅路をだらだらと南下。交差点で足止めを食っている人たちの殺気を感じつつ進む。

 金都路という聞きなれない道を右折。ここは車がまだ少ない。
 でも辻辻で運ちゃんや自転車のおばさんと警官が通せ、ダメだ、の押し問答、強行突破と警察の怒号。いつもの風景だ。

 一夜明けたニュースだと、もうこんな街の中を走るのをやめて浦東開催にしたら?という声が多かったとか。
 賛成。

 日が出ず案外寒い。レース後、途中から冷え込んできた気がする、という人多かった。

P10405432 25キロまでの5キロが24分10秒。まだ3時間半ペースに届いていない。

 距離表示は1キロごと。

 足がきつい。何で?杭州と何が違うんだろう。

 相変わらず、終わったら走って帰るかどうか、ばかり考えている。こういうのは本当によくない。
 後のことなど考えると全力を出し切る気分にならない。

 地図をみたところ、ゴールから家まで25キロくらい。決して近くはない。

P10405442

中春路に入り、工場地帯をめぐる盲腸コースの始まり。全部で3回ある。

 最初の盲腸の曲がり角が30キロ。やっと3時間半ペースになった。この5キロ24分10秒。

 あと12キロ。どうにもつらくなってきた。心肺系は問題ないがとにかく太ももが硬くなってきた。

やっぱり、目の前の課題に集中しないと。適当に走ったら満足感ない。走って帰ることを諦めることとした。

 32キロ過ぎのエイドで初めて水を飲んだ。今回給水は結局この1回だけ。

 カメラをいじっていて、やっと不調なわけがわかった。連写モードになっている。モード切り替えて写す。OKだ。

P1040547 2回目の工場地帯出入りが終わると線路をくぐり、35キロ手前で高架道路に上る。

 ここが疲れた終盤の身には応える。歩く人も出てきた。
 実際はたいした高低差ではない。20mくらいなもの。

 35キロまでの5キロちょうど25分かかった。坂が続いて減速。これはまずくないか?

 もうあと7キロだし、少しペースを上げてみる。上った気がする、がこれは気のせいで、周りの人が失速して追い抜くから速くなったように錯覚しているだけ。

P10405502

 

最後の折り返し路。38キロー39キロ地点。ここも去年同様人が立ってます。
 高架道路にも50mおきに人がいて、調子の悪そうな人がいるとサポート。みんなおそろいのミズノのジャンパー。

 折り返してきたU本さんとJに会う。Jは元気に(?)手を振り。その差500mくらい。

 追いつけないか?がんばろうとするがダメ。また失速したところ、沿道にGさんが。力なく声援に応える。

P10405522 遠くに元ザウルスが見えた。もう近くだ。

 40キロ3時間20分少し前。この5キロ25分10秒。杭州のときより落ち込みが少ない。このペースだから。

 3時間半難しそうだ。と、後ろからきた日本人風のランナーが猛然とスパート。

 急に気分が盛り上がってその人を抜きにかかった。

 そのあとはこの人とマッチレースみたいになった。ザウルス前41キロ通過。スノーボ-ドを抱えた若者が通り過ぎる。

P10405552_2 最後の橋を渡ってゴール。手前にNシーがいて「3時間半!」と激励してくれるが、ゴール時計を見たらちょうど3時間半を刻んだところだった。

 3時間30分19秒でゴール。ネットタイムが3時間28分24秒だった。
 最後の2.195キロ10分20秒。

« 上海マラソン:前半 | トップページ | 上海マラソン:ゴール後&感想 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海マラソン:後半:

« 上海マラソン:前半 | トップページ | 上海マラソン:ゴール後&感想 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31