« 雁坂峠越143キロ:甲府 | トップページ | 雁坂峠超143キロ:上り下り »

2009年9月22日 (火)

雁坂峠越143キロ:最初のエイド

 昨日夕方帰宅。今朝起きあがるだけで足が痛い。外を見るとまだ小雨で涼しそうだから走ってみる。昨日未明走り終わり丸一日でしんどいが暖まったらなんとか形になった。筋肉痛と爪がはがれた以外のダメージ無く一安心。でもつらい。1周少しでやめた。

P10402592 雁坂峠越え143キロの始まりは前日の受付&説明会@17時から。会場が今年から談露館という大き目のホテルに変わった。いままでのに入りきれないからだろう。場所は案内には駅から8分とあるが5分くらいか。

 年々参加者増えて177人。コース注意などは今までと変わらず。後ろの方でもう出来上がっている(?)人がいる。

 このあと隣の部屋で18時から前夜祭。今年はレース後の懇親会無し(人が多くなりすぎたからだろう)。マラソンランナーの食欲で立食の料理があっというまでに無くなり。基本的にアルコールなしだが欲しい人は自己負担で飲んでいた。

 早々に切り上げ21時寝る。

P10402612 明けて21日スタートは6時。適当にコンビニで買った朝を食べて5時40分甲府駅北口にいくともうみなさん揃っておる。最終点呼。ゴールへの荷物預け。

 信じられないくらいの快晴だ。17-18度くらい。走りやすそう。

 いつも通り緊張感無くスタート。

P10402632

最初はみんな飛ばしてます。天候を考えていろいろ準備したが天気予報は全く問題ないので今回半袖Tシャツに防寒用ゴアテックスをリュックに入れて走る。うっかりして帽子を忘れたから途中からタオルを巻いて日除けにした。

 しばらく平らな道を中央本線沿いに。

P10402642

 山梨学院大学手前。向こうに三角に見えるのが富士山。みんなここで写真を撮っていた。

 道は国道140号線沿いに緩やかなアップダウン。気温が上がってゆくが湿度が低いから汗はさほどかかない。

P10402662

これはナンでしょう?途中いたるところにあり。台に「道祖大神」と彫ってある。他の土地では見かけないものだ。

 甲府は盆地そのもので周りが全部山。いろいろ珍しい習俗がありそうだ。

P1040271210キロ過ぎから上り始める。あくまでも緩やかに。多少勾配がきついところもあるがこのあたりで歩いているわけにはいかない。

 上ると風が吹いて涼しい。

 広瀬湖までこんな道を20数キロで800m上り、広瀬湖から9キロほどでまた800mの登山。

 この大会はエイドが少ない。装備は最初から最後まで全部自分で持つ原則だし、山ばかりでコンビニどころか自販機もまばらで水とか持って走る。

P10402732 最初のエイド33キロ広瀬湖9時47分着。CPにもなっていて11時30分関門だが皆さん問題なし。直前にトイレがあり。

 到着順位は大体半分くらいみたいだ。いつもそんなもの。

P10402742

このエイドの食べ物はそば。まださほどお腹が空いていないがとりあえず食べておく。屋外で食事するのに気持ちのいい天気だ。

 ジュースなどもらい、水を詰めて山にとりかかる。 

 

« 雁坂峠越143キロ:甲府 | トップページ | 雁坂峠超143キロ:上り下り »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越143キロ:最初のエイド:

« 雁坂峠越143キロ:甲府 | トップページ | 雁坂峠超143キロ:上り下り »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31