« 隅田川 | トップページ | 森林公園 »

2009年9月 6日 (日)

高尾山

P10402162_2  出張の帰りを土曜遅い便にして高尾山へいった。

 ぼやぼやしていて出発が遅れ、京王線の高尾山口についたのが10時半。天気予報だと最高気温29度で上海からすれば涼しいのだが、日差しが強くひなたに出ると肌がびりびりする。

 P10402172 ケーブルカー乗り場から走り出すも勾配が急で歩きに変わる。木立のために直射日光を受けずいい感じだ。それでもすぐに汗が吹き出てきた。

 土曜の昼前で上り下りのハイキング客で大賑わい。

 途中のケーブルカー降り場から更に人が加わり大変な騒ぎだ。

P10402192

約40分で高尾山頂についた。大変な人出だ。どこかの駅前みたい。昼時とあり木陰に車座になって弁当を食べている人も多い。生ビールのジョッキを両手に3つ抱えて走っている若い男の子。

 ここまで大汗かいたがさほど喉は渇かず。水一口。昨日飲んだビールがまだ残っている。

 山頂を素通りして右に折れて城山、陣場のほうへゆく。

 高尾山は3年ぶりくらいか。前回旧正月大雪のあと来て、雪の上を走るのは意外と滑らないことを知った。

 奥高尾は人がぐっと減るし勾配が緩いので走れる。途中トレイルランの人に5人擦れ違った。

 2週間後の雁坂峠に備えて足の調子を見るのが目的。8月にいためた右足ふくらはぎが今でも張る。平らなところを走るのは先週の昆山のように問題ないが、山道を飛んで支障ないか?そういう意味で上りよりも下りが問題。

P10402242 小仏城山(670m)に上り始めて1時間で到着。ここも店の周りで食べたり飲んだりしている人多数で空いているテーブルがないほど。更に水を一口。

 さて。どうしようか。15時半には都心に戻りたい。今11時半。陣場山方面へ行くと戻らないといけない。相模湖へ行くことにした。

P10402262 このルートは東海自然歩道です。自然歩道起点は高尾山で大阪まで。

 陣場の方と違いこちらはますます人がいない。本格的下りになり駆ける。上海にいると山道を走ることない。下りはもともと苦手で怖いしやり方がある。ロードよりも足を上げる、木の根っこは滑るから踏まない、急勾配は斜めに走る、などポイントは頭で憶えているが実際に走る感覚を足が忘れていてそれを思い出させるのが今回の目的。

 P10402282 ぽんぽんと飛びながら降りて快調に麓に千木良へ。売店があります。

 民家を通り過ぎ相模湖方面へ行く。弁天橋を上から見たところ。写生している人がいた。

 そこそこ風があるものの12時過ぎて暑い。駅に着いたらコーラ飲もう、と思い始める。橋を渡ったらJR相模湖駅はもうすぐだ。

 まだ時間があるから駅へ行かず自然歩道を登り始める。

P10402292 ここは勾配がきつくてとても走れない。

 前から若い親連れが来たがあとは誰にも会わず。上りが15分。人汗かいて降り、駅へ。こんな山の中なのに暑い。高尾山口からスタートして2時間40分、16キロくらいで相模湖駅着。

 ここは高尾から2つ目だけど日中1時間に3本しか電車がない。のんびり帰り15時過ぎホテル近くの銭湯にゆく。たまにしか入れないが銭湯はいいものだ。それにしてもなんでどこもあんなにお湯が熱いのか。  

  

 

« 隅田川 | トップページ | 森林公園 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。
高尾山ラン、楽しそうですね、今度の国慶節休みに東京に帰るので、行ってみようかな。
杭州の「階段トレイル」よりも本格的な「トレイル」に。

手軽にいくにはいいところです。東京駅から1時間あまりで便利。平日だとそんなに人もいないでしょうし。時間があるんでしたら陣場山コースとか自然歩道をもう少しいくとか調節もできます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山:

» 天然水 [天然水]
天然水はミネラルが豊富で身体に優しい水です。天然水には、たくさんの種類があります。そんな天然水の良さや効能を紹介するブログです。 [続きを読む]

« 隅田川 | トップページ | 森林公園 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31