« G312の続き:昆山ー蘇州① | トップページ | 中国マラソン »

2009年8月23日 (日)

G312の続き:昆山ー蘇州②

 それにしても、前回といい、猛暑のG312になってしまった。それでもスタートはまだいいほうで最初の1時間半くらい水飲まず。

 いつものことで、一度飲むとしょっちゅう飲みたくなる。今回普通のペットボトルを凍らせたのと小さなペットボトルの2本の水を持ってきた。走り始めてあんまり汗をかき、塩を忘れたのを後悔する。

P10401842 G312には乗り合いバスがあり蘇州まで行く。アクシデントとか、何かあったらこれに乗るか、と少し気が楽に。なにしろタクシーなどいない道だし。

 とにかく表現の仕様が無い単純な道を延々と進む。ちゃんとしたコースで調子がいいときは1人で走る方が集中できていいが、こういう道は1人だとめげる。

 店がもっとあると、次の店でコーラ飲もう、とかを励みにできる。こう寂しいとつい手持ちの水をセーブしてしまう。

この写真から蘇州到着まで何も写真を撮らなかった。撮るべきものがない。

 なんだか車が少ないな、とずっと思っていた。唯亭という大きめの街のところで、G312は工事中、車両通行止め。車は迂回してたから少なかったんだ。人は通れる。

 ここでペットボトルの甘い紅茶を買う。こういうのがうまい。半分飲む。大体距離は半分くらい、20キロ過ぎあたり。と思いたいが距離表示はまだ27-28キロ。おかしい。

 唯亭を出て、通行止めで車がいなくなったのはいいが、街路樹がなく8時を過ぎて照り返しが強くなってきた。西に向かって走るから後ろから日が射す。いやになってきた。幸い足は悪くならない。

 唯亭から4-5キロ走って気が付いた、車両通行止め、ということは、リタイヤしても車が来ない!蘇州行きバスは迂回運転している。その辺の道路工事の人に乗っけてもらうしかない。

 向こうに高速道路が過ぎってるな、店とかないか?といってみたら、ここからG312は本格工事。なんと全線立体化工事をしている。続く3キロほどは工事現場の中を縫うように走る(歩く)。水溜りとでこぼこばかり。ダンプが危ない。

 工事の人は別に文句を言わないが、通り過ぎると注目を浴びる。途中行き止まりになり引き返す。と、逆向きに走ると向かい風が案外あり、涼しいのに気がついた。

 工事現場途中でどうにもいやになり歩き始める。

 やっと抜けた。高架道路が重なってどっちへ行けばいいのか?よさそうな標識に従ったら幸い正解だった。だが、アスファルトの上は体感35度以上ある。汗が吹き出るし店が出てこない。

 立体なので下を走ると日陰になり、しばらく走り続ける。もっと暑くなったら止めようか。と、市内バス亭があったので、駅に行かないかな?と念のためみてみる。普通、路線バスは駅に行くのが多い。

 すると、意外にも駅まで停留所5-6つしかない。距離にして3キロくらいということだ。おかしいな。あと10キロはあると思ったが。 P10401882

終点まで近そうなので気を取り直して走る。最後はバスの北ターミナルを左折。そこからは人が多いから歩いて駅までゆく。10時半過ぎ。4時間と少しかかった。

 蘇州駅は後ろの方で増築していて、新しい新幹線の駅ができるようだ。

 待合室の冷房が本当にうれしい。

 足は全体としてはいいが、痛めところが少し突っ張る。体は問題ないようだ。熱中症気味になると眠くなる。そういう気配はなし。

P10401902予め予約しておいた電車で上海へ。例の新幹線型。今日は電車が軒並み、それも大幅に遅れていた。特に遠くから来るのがひどい。これは南京始発で、それでも5分くらい遅れた。

 上海の途中昆山に停車、15分でついた。走ったら4時間かかったのに。

P10401912

昆山駅到着前の車内表示。ただいまの外気温37.2度。暑いわけだ。

 

« G312の続き:昆山ー蘇州① | トップページ | 中国マラソン »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G312の続き:昆山ー蘇州②:

« G312の続き:昆山ー蘇州① | トップページ | 中国マラソン »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31