« 恒例 | トップページ | 杭州② »

2009年6月 7日 (日)

杭州①

 今年も夏場に山の大会申し込んでるからトレイル練習に杭州へ。平坦な道に飽きてきているし。

P10306762 朝7時20分上海南発D5685に乗る。若い人で満員。一眠りしたら到着。8時45分。

 杭州も日差しが強くて暑くなりそうな日だ。

 買物、トイレなどぶらぶらしながら河坊街を通り上り口の呉山広場へ。

 中国一重厚な(?) Macがある。

 P10306782

呉山公園です。行楽地なのでこのあたりは人がたくさん。

 着てきた余分なものを脱いで背中に入れ、さて、とスタート。

 取り付きの階段を上ると上の方は木立が茂った森になっている。

P10306802

最初のほうは石畳の緩やかな上り。人も多い。

 しばらくすると山めいてきて、天然洞窟がいくつかあり中をのぞいている人がいる。

 土曜日で家族連れが目立つ。

 革命烈士記念館のところから下り、自動車道に出る。万松書院。P10306872

には行かず脇から書院外壁沿いに行く。

ここから本格的になる。最初はずっと上り。テンポよく歩を進めるが、ひと気がなく少し怖くなってきた。と思う頃にハイキング客が出現。

 初めてここに来たとき、こんな街の近くに人がいないところがあるんだ、と感心した。P10306882

尾根沿いに西に向かう。杭州も前日雷雨だったそうだが、雨の痕跡がほとんどない。乾燥して走りやすい。

 時々前から人が来るが、日本と違い挨拶したりしない。

 杭州の天気予報は日中33度だったが、森の中は気温25度くらい。良い感じだ。

P10306892

1時間ほどで老玉皇宮着。道教のお寺です。

 中はたいしたこと無いが、門に売店があって水やアイスクリームを売っている。

 ここからまた上り下りを繰り返しながら最後は急勾配を進むとぽっかりと車道に出る。玉皇山に上る螺旋状の道。

P10306912

道は石畳で時々車が通る。気にならないくらいの頻度でのんびりと行く。

 もう疲れてきて大半歩いて上った。ずいぶん距離があるように感じた。

 頂上も道観(道教のお寺)で見晴台などがある。

 食堂があり覗いてみたら誰もいない。静かな場所だ。

P10306932_2 再び螺旋道を降りる。歩いている人などもちろんいない。

 風の音と足音だけが響く。さすがに暑くなってきた。

 杭州の植生は日本と似ているように感じる。気候が本州とほぼ同じ。通り過ぎる森の様子に親しみを感じる。

 ずっと石畳を下ってしばらくすると左側に階段の下り口がある。P10306952

急階段を下りてゆく。

虫がわんさかたかってきてうるさい。眼鏡してて助かった。

 すぐに自動車道に出て左にいくと突き当りが杭州動物園。

スタートして2時間かかった。ここまでは来たことがある。 

 

 

« 恒例 | トップページ | 杭州② »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

読んでいて非常に走って見たい衝動に駆られると同時に、おそらく走れないだろうという気持ちに陥ります。。。早く続きがみたいっす。

 気分転換にはいいですよ。
 今回のルートは高低差少ないけれどその分はしりやすくていいところです。
 難点は階段で、特に下りはダメージが大きく。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杭州①:

« 恒例 | トップページ | 杭州② »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31