« 北京へ | トップページ | 喧嘩 »

2009年6月 2日 (火)

ハセツネ

 少し早起きして4時半から24キロ走る。むしむししてずいぶん汗かいた。張江のハイテクパークをぐるぐるっと周り、朝早くて誰もいない。ローソンも閉まっている。金橋から戻ると相変わらず中国人ランナー多し。いつものTさんに会った。なんだか妙につかれた。

 昨日6月1日からハセツネのネット申し込みが始まった。が、10時受付開始で12時ですでに定員2000人満員となり締め切り。。。

 昼休みにランネットをみたらそう出てた。去年は6月2日の昼くらいで定員だったから今年はほとんど人気アーティストのコンサートチケット並だ。

 いかにトレイルブームとはいえちょっと行き過ぎでは。実は、自分も出られるかどうかわからないけど申し込みだけしとこうか。とチラッと考えた(参加費15000円!)。

 こんな風だととりあえず申しこんだ、って人が出られず、で、身代わり出走が増えるんじゃなかろうか。

 交通の便が良くてコースが難しく(雨が降ると最悪)、すばらしい大会だけど、レース中死亡事故が起きたのはつい一昨年のことだし、危ない大会だよ、という点をもっと強調した方がよいのでは。

 自分は3回出て2回完走。一度雨で滑って足首捻挫しリタイヤ。中止したのが32-3キロ地点で、リタイヤ宣言してもそこから5キロくらい片足で自力下山しなければならなかった。それくらい厳しいコース。

   

« 北京へ | トップページ | 喧嘩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

上海に戻って来ました。

週末に皇居をちら見しましたが、すごいランナーの数です。まさに「ブーム」ですね。

上海は既に夏の空気、今年は暑くなりそうですね!

スミマセン。ハセツネってなんですか?場所の名前でしょうか??

のびさん

 完走おめでとう。お疲れ様でした。また大会の様子を聞かせて下さい。
 最近皆さんいないんで朝さびしかったですよ。 

Kさん

 ハセツネは本名「日本山岳耐久レース(長谷川恒夫カップ)」で、五日市から奥多摩をめぐる山岳レースです。長谷川さんの通称ハセツネ。
 71.5キロ山登りの日本一有数の山岳レースで、関東の秋の風物詩。ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセツネ:

« 北京へ | トップページ | 喧嘩 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31