« 萩往還250キロ:スタート | トップページ | 萩往還250キロ:宗頭まで »

2009年5月 5日 (火)

萩往還250キロ:海湧まで

 ウルトラ始めて人生変わった、とまではいかないが、やらなかったら休みのすごし方はずいぶん違ったろう。

 GWのコア時間を費やして250キロ参加者エントリー366人。140キロ445人。70キロ321 人。35キロ全部で857人。

 この世界狭いから、スタート待ちする中は見たことある顔ばかり。ウルトラのサークルが最近増えていてあちこち集まって記念撮影。顔見知り数人と近況を話す。

P10304432 5月2日18時10分ごろの組でスタート。好天でまだ明るい。ここ数年雨にたたられていない。

 はじめ山口市内を行く。こじんまりしたJR駅で、山口市は日本の県庁所在都市で人口が一番少ないそうだ。

 すぐに街を抜けて樽野川沿いの自転車道を走る。

 スタートして1キロで、不調に気がついた。休養して29日から走っておらず、久々走ったら足の筋肉が突っ張る。

 疲労?ネイチャー走ったとはいえ2週間経っているから回復しているはず。長く休むと最初足が重たく、数キロすると調子が出てくる。どうもそんな感じでもなさそう。まあ、あまり考えてもしょうがないからしばらく様子見として走る。

P10304472_2 足が重いがペースはいつも通り。他のランナーも250キロと思えないスピードで飛ばす。

 暗くなって最初のエイド上郷駅13.2キロ着。1時間22経過。去年一昨年とほぼ同じ。

 この時点で今日の足はだめだ、と自覚する。

 今年からエコこのために携帯用マグカップを配ってくれてエイドでそれを使う。が、自分のは止めているビスが緩くてバッグにつけて1分で取れてしまった。

P10304492上郷駅から山に中の自転車道に入り上り下りを繰り返す。まっくらだからひたすら前を見て先を行くのみ。

このあたりエイドが多くて、19.8キロの二本木峠、 21.8キロの湯の口(上の写真)、と私設エイドが毎年ある。湯の口におにぎりがあり20時過ぎでちょうど腹が減ってきて3つ食べる。

 またサイクリングロード。今度は田んぼの中に入り27.8キロ下郷駐輪場エイド(上の写真)3時間8分。

 もう疲れてきた。いつもこれくらいで足が重くなってきて、先が長いのに大丈夫か?と不安になる。通常はこれからそれほど疲れが蓄積しないのが、今日はどうも様子が違う。じりじり足の筋肉が固まっていくのを感じる。

P10304512

この辺は平坦で、周囲はコース名物蛙の大合唱に囲まれる。下郷の後すぐに高架下のエイドがあり、農村地帯を過ぎ、人気がない山中の自動車道を走る。

 走る前は去年の記録を意識したが、この時点でもう諦めた。

 西村エイド44キロ。ガソリンスタンドを利用していて、隣がコンビニ。しばらく山登りでエイドがないからみんなコンビニへ。

5時間8分経過。去年よりむしろ速い。あせってスピードを出してしまっている。

西村から細い山道に入りひたすら上る。舗装路だがとても走れない勾配を延々と行き、下りもきつい。

P10304522 なんとか山を越えて里に降り、大通りを過ぎて豊田湖へ。58.7キロ最初のチェックポイント着。7時間8分。去年より20分遅れ。

 ぐるっと見るが知っている顔がない。

 ここでうどんとおにぎりがでる。腹が減ってぱくっと食べる。普通のうどんだが、ランナー向きにもう少し塩を効かせた方が食べやすい。

 しばらく前から気がついていたが、今年は例年以上にみんなのペースが早い。この時点で100番くらい。

 エイドを出るとまたのぼり。普段は上り坂が得意で、長丁場でもばてないのが、今回すぐにへばった。これが不調と判断した理由の一つ。

 人気ない山を黙々とヘッドランプの集団が走る。途中擦れ違う車は人がいることなど考えていないから慌てて避けたりする。警察からの注文で全員に点滅灯を配っていて後ろから見ると工事現場みたいな赤いチカチカがのろのろ移動しているのだけが見える。

 夜の山の中。特筆すべきことはない。俵山温泉エイドをさっと過ぎて、砂利ヶ峠から一気に下る。下りが太腿にこたえてゆっくりと。何人にも抜かれた。

P10304562 長い長い下りでみなさんぼろぼろになって新大坊エイド着、79.9キロ。これも今年初めて設置された場所。運動場みたいなところにテントある。もう10時間経った。

 こんな夜中の4時にボランティアの方々大変だ。豚汁などを食べる。

 そういえば、足はだめだが今年はまだ眠くない。エイドで座って腹に物を入れても眠気を催さない。

 100マイルのOさんにここであった。約1年ぶり。最近100マイルに参加していない。

 しばらくOさんと走り、関西のウルトラの最近の話などを聞く。聞けば聞くほどとんでもない人がいるものだと思う。自分はとてもそこまでは。

 夜が明けてきた。油谷に入る。この辺もなんだかんだと上り下り。本当に平らなところのないコースだ。初参加のOさんが、「村岡の250キロ版ですな」とこぼしていた。

P10304582 Oさんと海湧食堂86.7キロ着11時間5分。。ネイチャー説明会で隣だった100マイルの強豪Yさんがいる。あれっ、と思ったがこの後ガンガン引き離された。

 振り返るとこの時点で去年よりも20分遅れくらいだからタイムをみるとそれほどひどいもんでもない。

 しかし、去年はこの辺からむしろ調子が出た。ペースがつかめてきた。今年はどんどんしんどくなってきて落ち込むばかり。

1/3経過した。

 

  

 

  

« 萩往還250キロ:スタート | トップページ | 萩往還250キロ:宗頭まで »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

何ですか、「ウルトラのサークル」って。まさしく「ミステリーサークル」ですよ★

大会の存在を知らないと、暗闇に無数のヘッドランプ、まるでどこかの宗教団体の修行風景じゃないですか!?

ん~、読めば読むだけ、大阪が不安になってきました。。。

お誕生日おめでとうございます。
足は回復しましたか?
続きも楽しみにしています。

のび太さん。
 ウルトラのサークル、UMMLが老舗で、今回、てれっと、の方々、大阪の、100マイルクラブ、の人もたくさんいました。
 みなさんツワモノどもです。みためはどこにでもいるおにいさん、おねえさんなんですが。

マルメさん。
 ありがとうございます。マラソンは年をとってもできるので助かります。
 今回歩いてばかりだったせいか、足の方は疲れが少ないみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩往還250キロ:海湧まで:

« 萩往還250キロ:スタート | トップページ | 萩往還250キロ:宗頭まで »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31