« 鄭開マラソン:②ハーフまで | トップページ | 洛陽 »

2009年4月 7日 (火)

鄭開マラソン③:ゴール&その後

P10301742 ハーフゴールのすぐ後ろに50人くらい両側に並んだ花道があり、フルの人とタッチして送り出す。これにとても勇気付けられた。

 相変わらずナンの変哲もない道をひたすらマイペースで駆けてゆく。

P10301752

 22キロ過ぎで鄭州市から出て開封市に入った。まだ20キロある。

 開封市ももちろん鄭州と同じな眺め。農村、遠くにヤギ、畑。古めかしい綿入れを着込んだ子供達の応援。

 このあたりでもう歩く人が多く道に人がいない。

P10301762

遠くの白黒の粒が放牧のヤギさんたち。ときどきこういうのがいると気分がまぎれる。農耕用の牛もいた。

 11時近くなり気温は20度前後。西から東に向かってまっすぐ走るので午前中は太陽に向かう。弱い向かい風で、暑い、とまではいかないし気持ちよい。

 マラソンで20キロー30キロは一番気楽。すでにのめりこんでいるし、まだ疲れがきてない。

P10301782 25キロ。この5キロ24分。もう少しあげないと。

 ここらあたりから人が少なくなってきたので給水の人がボトルでくれる。なんとなくつかんで半分飲んで半分からだに掛ける。

 使い終わったのを道に投げるとおばさんや男の子が飛んできて持っていく。貴重なバイトになっている。

P10301822

前を見ると。すでにランナーがまばら。10車線の道を目一杯使って真ん中を走ってみたり、暇つぶしを試みる。

 だんだん沿道に立つボランティアの学生さんが増えてきた。励ますだけでなく、食べ物や医療品を持っていて、調子の悪いランナーを助けたり、ひどいときはエイドの車を呼んだりする。

P10301832

とにかくみんな明るい。ランナーも若者ばかり。中国のマラソンはいつもこうだ。ボランティアも元気で本気で励ましてくれるから楽しくなる。

 いらなくてもなんとなく水を取ったりして交流する。

P10301862 30キロ。この5キロ26分かかった。今日はもうだめだ。あきらめて楽しみながら走ることにした。

 で、走りながら撮る実験を始め、シャッタースピードを変えたりする。これがまずくて、いじりすぎて途中から撮ったのが全部だめになってしまった。

P10301872

こうやってみると背後は砂漠のようだけど農地です。

 最後まで続く農民の方の応援。元気な子供がいると手を振る。向こうは控えめに返してくる。

P10301892 33キロあたり。もう前後に人が少なくなった。ちゃんと走る人が減ったので応援も叱咤激励風になってきた。

 「堅持=勝利」継続は勝利なり。というプラカードを抱えた人が50mおきに立っている。しかたない。がんばるか。

 33キロ過ぎに往復4キロの折り返し路に入る。この手前で操作間違えてゴールまでの写真全部パー。

 折り返しでIさんと擦れ違い。ばててきたところで会えて奮起できた。

 えっちらおっちらで35キロ。5キロ25分。最後だからがんばらにゃ、と応援の学生さんの声援に応えつつ行く。ところが、38キロの標識がなかなかこない。この1キロ6分かかる。そんなにペースダウンか、と愕然として走っていたら3分もしたら39キロがあった。距離表示が間違っていたようだ。

 Anyway終わりだ。最後は市街地に入り、農村と違いぱりっとした服装の人たちに応援されてゴール。3時間34分。グロスだからネットは3時間32分くらい。

 今年4回目のフルで、平均グロスで3時間32分だから今の実力ぴったり。ともいえるが、なんで42キロ走って数分しか毎回違わないのか?何度走っても不思議な現象。

P10301932 まっ。終わり。

 面倒見のいい大会で、ゴールするとボランティアの女の子がランナー一人一人についてレース後の手続きを案内してくれる。招待選手みたいでちょっと照れくさいぐらい。

 女の子に先導されて笑顔のおじさん。自分もこんな感じだったのか?

P10301952景品のうちに高粱麺のカップめん(生めん)があり。

 これはテントにいくと袋を開けて、調味料やら具やら入れてお湯を入れて、そこまで作ってくれる。自分でやろうとしたら、疲れているから休んでいてください、といわれた。

 左腕の緑のリボンがボランティアのしるし。

P10301972

やっと終わり。ボランティア学生さんの記念写真。青春だなーという風情の笑顔でした。

 素朴な感じのするひとばかり。自分が学生のころよりもずっと純真なイメージ。

P10301942

レース後もらった記念品。完走メダル、タオル、工具とナイフのセット(帰り飛行機で預けざるえず)、カップめん、パン2個(いい生地でうまい)、Minutes mate、,水。帰りの荷物がまた増えました。

 Iさん、Iさんご夫妻、みなさん完走。特にIさん旦那さんは初フル完走でお祝い。

 一休みもふた休みもして車で直接洛陽まで。道中レース回想、ビール堪能、景色鑑賞。18時過ぎ洛陽のホテルに入り。

 

 

 

« 鄭開マラソン:②ハーフまで | トップページ | 洛陽 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鄭開マラソン③:ゴール&その後:

» 就職・バイトのためのブログ [就職・バイトのためのブログ]
就職・バイトのためのブログ [続きを読む]

« 鄭開マラソン:②ハーフまで | トップページ | 洛陽 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31