« さくら道国際ネイチャーラン250キロ:名古屋へ | トップページ | さくら道ネイチャー250キロ:スタート »

2009年4月20日 (月)

さくら道ネイチャー250キロ:事前&様子

P10302872_2 4月17日の説明会から20日の閉会式まで。走るのも長いし全体で足掛け4日のイベントです。

 説明会は17日15時から名古屋のKKRホテルで。近頃評判のかんぽの宿みたいです。名古屋城そばで愛知県庁とか隣接。

 3月の台北(飛行機9時間遅れ)、4月の開封(渋滞で乗り遅れ)で悪運使い果たしたようで今回は順調に着き、中部空港から一直線で14時30分に到着。もうみなさん勢ぞろい。

P10302912 選手が100人しかない。この100キロ超ウルトラマラソン世界。どれくらいの人口がいるのかわからないけれどどこにいっても似たような顔ぶれ。日本人は知り合い、顔を見たことある人、名前が轟いている人、ばかり。

 大会は岐阜県の郡上市が主催なので市長さん、来賓の挨拶が多い。入学式とかの乗り。

 そのあと選手一人一人の紹介。

 えらいさんが退出して空気が変化。大会注意事項の時間。これがあるから開会式は参加必須。欠席したら失格。

 主催側はすっとやっている人が多く、参加者もリピーターがかなりいるのでざっくばらんな話し方。はっきりとは言わないが、この御時世、お役所の財政厳しくこのイベントの存続も危うい。事故の無いよう成功させましょう。というトーン。

P10302942続いてエイド預ける荷物受け渡し。会議場の机に置いてゆく。この大会は47のエイドの1/3くらいのどこにでも荷物を預けられる。こんな面倒見のいいのは初めて。

自分は夜間、山岳の防寒具&それの返却として107キロ、172キロ、212キロに預けた。結局107キロしか使わず。なんと返却はどこでもできた。

17時前に終了。KKRが取れず近所の東横インに泊まる。足りないものの買い物、食事して。20時に寝たが中国時間だと19時。

寝付き悪い(当たり前)。

P10303512 レースの全体として、名古屋ー岐阜ー関くらいまで街のなか。156号線がメインコース。岐阜に入りしばらくするとこんなゆるいアップダウンの山の中の道を行く。

 大半が歩道があるがところどころないと車道の左端を走る。日本では左を走るよう指導する大会が多い。

 白鳥あたりから上りが増えてひるがの高原以降下り。あとは山の中をねうねしながらいき、富山に入りまた上り。アップダウンを繰り返し金沢へ。

P10303422

見えにくい写真ですが、なんと国道の交通案内にこんなのがところどころ出てます。たった100人しか走らないのに。

 岐阜県中心に、警察も全面協力で愛知県警、岐阜県警、富山県警、石川県警がが支援。先頭とビリの差が10時間以上ある100人のために。

P10303342 

警察だけじゃない。自衛隊もフルサポート。10台のジープがランナーの周りを不測の事態が無いか常にいったりきたり。

 エイドにいた陸上自衛隊第35連隊の人とのショット。気合がはいっていてこちらもパワーが湧く。

P10303252

今回800人というボランテイァスタッフは主にエイドの人(エイドが全部で47箇所)。今大会で16回目ということもあり、手馴れた様子。

 細かいところ、たとえば、昼間のエイドはどこも到着すると真っ先に冷たいお絞り、タオルが出てきて、夜は蒸しタオルが出てくる。

 エイドには日英韓の必要会話コピー。

 マッサージの人が3人いて各エイドを巡回している。エイドにマッサージ台。

P10303302

コース誘導は完璧で、要所要所のこの立看に加えて人が立っている。エイドが5キロごとだし、地図もしっかりしていて、まずコースを間違える心配が無い。ランナーはみんな地図をもっていない。

 岐阜の大会は夜叉が池とこれしか出たことないが、どちらもずば抜けたホスピタリティ。岐阜県が好きになってしまう。

 

« さくら道国際ネイチャーラン250キロ:名古屋へ | トップページ | さくら道ネイチャー250キロ:スタート »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくら道ネイチャー250キロ:事前&様子:

« さくら道国際ネイチャーラン250キロ:名古屋へ | トップページ | さくら道ネイチャー250キロ:スタート »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31